Zaif、新規会員登録を一時中止

仮想通貨取引所Zaifを運営するテックビューロ株式会社(以下、テックビューロ)は9月28日、9月14日に発生した約70億円におよぶ仮想通貨流出事件を受け、Zaifの新規会員登録の一時中止を発表した。

Zaifは、特徴的なビットコイン手数料や豊富な取扱通貨、レバレッジ取引の取り扱いもあったことなどから根強い人気を誇っており、国内大手の仮想通貨取引所として知られている。一方、2018年に入ってからは、顧客対応態勢や経営管理体制、内部管理態勢をはじめ、今回発生した仮想通貨流出事件の原因究明や再発防止策の策定・実行まで、金融庁からさまざまな業務改善命令を下されるに至っている。

テックビューロは、既存顧客に対する対応を強化するために新規登録の受付は中止するものの、現時点で本人確認の手続中のユーザーなどについては通常通り会員登録を進めるとしている。

【関連記事】金融庁、Zaifに三度目となる業務改善命令の発出
【関連記事】仮想通貨取引所Zaifの流出額は約70億円と判明
【関連記事】Zaif、ハッキングにより約67億円相当の仮想通貨が被害に

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」