仮想通貨取引所Zaifの流出額は約70億円と判明

仮想通貨取引所Zaif(以下Zaif)は9月21日、同取引所が受けたハッキング被害による仮想通貨の流出額は約70億円であったことを発表した。20日の発表時点では同取引所サーバーの停止により暫定となる被害額が発表されていたが、今回の発表で正確な流出額が判明したかたちとなる。

盗まれた通貨の種類は3つで、ビットコインとモナコインとビットコインキャッシュだ。今回、流出した仮想通貨の内訳はビットコインが約5,966BTC、モナコインが約6,236,810MONA、ビットコインキャッシュが約42,327BCHになる。通貨ごとの被害額はビットコイン約42億5千万円、モナコイン約6億7千万円、ビットコインキャッシュ約21億円だ。

今回の事件を受け、Zaifは電話によるサポート窓口を設置し、メールや電話での問い合わせを通常の平日だけでなく土日祝の午前10時から午後5時半まで行うとしている。

【参照URL】 Zaif – 暗号通貨取引所 ‏ @zaifdotjp
【参照記事】Zaif、ハッキングにより約67億円相当の仮想通貨が被害に

仮想通貨取引を始めるなら


HEDGE GUIDEでは、国内外の仮想通貨・ブロックチェーンに関する最新ニュースやコラム記事の編集業務を担当するエディターを募集しています!WEBメディアで記者・編集者としての業務経験をお持ちの方、金融業界に関する知識をお持ちの方を募集中です!

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」