ウェルスナビ、約41億円の資金調達実施。調達総額は約148億円に

投資一任型のロボアドバイザー「ウェルスナビ(WealthNavi)」を提供するウェルスナビ株式会社は11月6日、約41億円の資金を調達したと発表した。

ソニーフィナンシャルベンチャーズとグローバルブレインが共同で設立したSFV・GB投資事業有限責任組合、東京大学協創プラットフォーム開発、ジャパン・コインベスト、DBJキャピタル、オプトベンチャーズ、千葉道場ファンド、SMBCベンチャーキャピタル、りそなキャピタル、NECキャピタルソリューションなどが運営する価値共創ベンチャー2号有限責任事業組合と、みずほキャピタルを引受先とした第三者割当増資による。2015年4月の創業からの資金調達額は総額約148億円となった。開発体制の強化、経営基盤の拡充、マーケティングの推進を目指す。

ウェルスナビはノーベル賞受賞者が提唱した理論に基づいた「長期・積立・分散」の資産運用を全自動で行うサービスで、高度な知識や手間なしに国際分散投資を行うことができる。16年7月の正式リリースから約3年3カ月で申込件数24万口座、預かり資産1,800億円を達成した。今回の資金調達を受け、成長産業支援事業のフォースタートアップス株式会社が12日に発表した「国内スタートアップ想定時価総額ランキング」でウェルスナビは15位にランクインした。

【関連サイト】ウェルスナビ(WealthNavi)
【関連記事】ウェルスナビ(WealthNavi)の評判・口コミ
【関連記事】ウェルスナビ(WealthNavi)の実績・運営企業

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 少額株式投資・ロボアドバイザーチーム

HEDGE GUIDE 編集部 少額株式投資・ロボアドバイザーチーム

HEDGE GUIDE 編集部 少額株式投資・ロボアドバイザーチームは、少額株式投資やロボアドバイザーに関する知識が豊富なメンバーが株式投資の基礎知識から少額投資やロボアドバイザーのポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」