「ポイント投資」が日経優秀製品・サービス賞 優秀賞 日経産業新聞賞を受賞

株式会社NTTドコモ(以下ドコモ)と株式会社お金のデザイン(以下、お金のデザイン)が共同で運営する投資体験サービス「ポイント投資」が2018 年日経優秀製品・サービス賞 優秀賞 日経産業新聞賞を受賞した。日本経済新聞が毎年1回、特に優れた新製品・新サービスを表彰するもので、1982年に「日経・年間優秀製品賞」として開始、今年で37回目。ノミネートは公募ではなく日本経済新聞社が技術開発性、価格対効果性、業績寄与度、成長性、独自性、産業・社会へのインパクトの6項目で総合的に評価する。

ポイント投資は、ドコモが提供する「dポイント」を利用して投資体験ができるサービス。証券口座の開設は不要で、dポイントクラブ会員なら誰でも利用できる。
dポイント・ポイント投資"

dポイントクラブのアプリかウェブからサービスサイトにアクセスし、運用するポイント数と運用コースを選択するだけで、即日開始可能。投資中のポイントは、1ポイント単位でいつでも引き出すことができ、dポイントとして利用できる仕組み。投資中のポイントは、お金のデザインが設定・運用する投資信託の基準価額に連動して増減する。2018年5月16日の提供開始以来、35万人以上が利用している。

ドコモが同年10月に実施したアンケートによると、利用者の42%が「投資を開始したくなった」と回答。「開始したくなった」と答えた理由の66%は「投資を身近に感じるようになった」で、ポイント投資が投資の裾野を広げる効果がみられた。
ポイント投資アンケート

ドコモとお金のデザインは、ポイント投資と同日に投資一任運用サービス「THEO+(テオプラス)ドコモ」の取り扱いを開始している。スマートフォンで1万円から始められ、運用期間中は預かり資産額に応じてdポイントも貯まる。今回の受賞にあたり2社は「より多くの人に投資に親しんでもらい、『貯蓄から資産形成へ』という社会的課題の解決に貢献していく」としている。

THEO+(テオプラス)ドコモ

【関連サイト】dポイントクラブ
【関連サイト】THEO+(テオプラス)ドコモ
【関連記事】THEO+[テオプラス] docomoの評判・口コミ

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 少額株式投資・ロボアドバイザーチーム

HEDGE GUIDE 編集部 少額株式投資・ロボアドバイザーチーム

HEDGE GUIDE 編集部 少額株式投資・ロボアドバイザーチームは、少額株式投資やロボアドバイザーに関する知識が豊富なメンバーが株式投資の基礎知識から少額投資やロボアドバイザーのポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」