確定申告の負担を軽減、ロボアドバイザー「マネラップ」で特定口座の利用可能に

マネックス証券株式会社が提供するロボアドバイザーサービス「マネラップ(MSV LIFE)」で、3月26日から特定口座でのサービス利用が可能になった。

特定口座は、投資の損益を利用者に代わって同社が計算するサービスで、今回の変更でロボアドバイザーに「お任せできる」範囲が拡大、確定申告の負担が軽減される。さらに「源泉徴収あり」の特定口座を選択すると、確定申告なしで納税を完結できる。

マネラップは顧客に合った資産計画の作成から運用、リバランスまですべてを「お任せ」できる投資一任型のロボアドバイザー。簡単な質問に回答するだけで、自身の投資の考え方にあった運用レベルを自動測定し、将来に備えた資産計画の作成から運用、目標達成までトータルにサポートしてくれる。特定口座を利用することで「お任せできる」範囲が、現在の資産運用から、納税に関する計算などの事務にまで拡大される。

特定口座を開設済の利用者が26日以降に投資一任契約を締結した場合、同契約は「特定口座」区分となる。25日以前に締結した投資一任契約は、これまで通り一般口座区分のまま。

各投資一任契約の口座区分(特定口座/一般口座)に応じて、各々の契約に基づく投資信託の買付が行われる口座区分(特定口座/一般口座)が決定される。特定口座サービスのリリースを記念して、期間中の購入金額に応じて、最大2万5000円の現金をプレゼントするキャンペーンを5月13日まで実施中。

【関連サイト】マネラップ(MSV LIFE)
【関連記事】マネラップ(MSV LIFE)の評判・口コミ

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 ロボアドバイザー・少額株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 ロボアドバイザー・少額株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 ロボアドバイザー・少額株式投資チームは、ロボアドバイザーや少額株式投資に関する知識が豊富なメンバーがロボアドバイザーの基礎知識から少額投資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」