SECアドバイザー、「ステーブルコインは有価証券に該当する可能性がある」

米証券取引委員会(SEC)のデジタル資産アドバイザーのValerie Szczepanik氏は、ステーブルコインに証券法が適用される可能性があると述べた。3月16日、米国のビジネスニュースメディアDecrypt Mediaが報じている。

報道によると、Szczepanik氏はオースティンで開催されたSXSWカンファレンスで、ステーブルコインについて言及した。同氏によると、ステーブルコインには①不動産や金、石油のような資産とペグするもの、②準備金として用意される法定通貨とペグするもの、③法律上問題を起こしうるもの、の3つがあるとしている。

その上で、同氏は「特定の主体が価格変動を起こしうるプロジェクトは、有価証券として捉えられる可能性がある」という。また、ユーティリティトークンであろうがステーブルコインであろうが、ブロックチェーンビジネスはすべて検査の対象となりうると述べたことが報じられている。そのため、同氏は仮想通貨ビジネスのスタートアップに対し、SECからの正式な許可を得ることを勧めている。

【参照記事】US SEC’s Valerie Szczepanik: Some stablecoins could raise issues under securities law


HEDGE GUIDEでは、国内外の仮想通貨・ブロックチェーンに関する最新ニュースやコラム記事の編集業務を担当するエディターを募集しています!WEBメディアで記者・編集者としての業務経験をお持ちの方、金融業界に関する知識をお持ちの方を募集中です!

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」