マネックス・アセットマネジメントとソニー銀、投資一任運用サービスの提供に向け協議

ソニー銀行株式会社とマネックス・アセットマネジメント株式会社は6月7日、両社が住宅ローンを販売する銀行代理業者兼金融商品仲介業者を通じた投資一任運用サービスの提供に向けて協議中だと明らかにした。顧客の資産形成・資産運用ニーズの高まりと相談ニーズの対応を強化する。開始時期は2021年初秋の予定。

現時点では、ソニー銀行のインターネット銀行としての利便性と、マネックス・アセットマネジメントが提供する投資一任運用サービスを「代理業者などによる対面でのよりきめ細やかなサポート」(マネックス・アセットマネジメント)を通して提供する新しいスキームの構築を目指すとしている。ソニー銀行は資産運用銀行として投資一任資産を銀行口座で管理する。投資一任資産が銀行口座と紐づくことによって、同社が強みを持つ住宅ローンや外貨預金、マルチカレンシーデビットカードなどの銀行商品・サービスをワンストップで提供することが可能になる。

ソニー銀行は「個人のための資産運用銀行」として2001年に開業。これまでの住宅ローンに加え、 資産形成・資産運用ニーズの高まりに対し、代理業者などを通じたサービスの提供に向けて検討中だ。マネックス・アセットマネジメントはマネックスグループ株式会社傘下の中核的企業として、株式売買ではなく、顧客の資産増加に資するサービスやアドバイスを提供する「アセマネモデル」を推進している。 両社は13年から金融商品仲介業務で提携しており、今回の投資一任運用サービスの提供を機に、マネックスグループとの協業も深化させていくとしている。

提供予定のサービス概要は、ソニー銀行が提携する代理業者などの営業員が対面接客し、顧客の資産運用に関する意向に沿って、 一人ひとりに最適な資産運用計画を策定、 資産運用計画達成までを長期的にサポートする。投資一任契約にもとづく資産運用は、 マネックス・アセットマネジメントが行うというもの。金融工学に基づくグローバル分散投資を低コストで提供する、代理業者などがコンサルティングやアフターフォローに利用するアプリの提供といった構想も明かされた。

※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 ロボアドバイザーチーム

HEDGE GUIDE 編集部 ロボアドバイザーチーム

HEDGE GUIDE 編集部 ロボアドバイザーチームは、ロボアドバイザーに関する知識が豊富なメンバーが投資の基礎知識からロボアドバイザーのポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」