信頼性が高いNPOのガイドブック「Good Governance Voice2022」発刊。認証取得の49団体掲載

グッドガバナンス認証取得団体の活動を紹介するガイドブック『Good Governance Voice2022』

一般財団法人非営利組織評価センター(JCNE)は3月16日、「グッドガバナンス認証」を取得した49団体の活動を紹介するガイドブック「Good Governance Voice2022」を発行した。「信頼ある非営利組織」としてJCNEのグッドガバナンス認証を取得した団体を紹介しており、「寄付をしたい」「ボランティアとして参加したい」という市民や企業が「応援したい団体を見つけることができるガイドブック」として編さんされている。

グッドガバナンス認証は、非営利組織の「信頼性」を意味する指標。JCNEでは 「学びと創造」「市民参加と連携・協働」「社会的責任と信頼」「自立と自律」の4領域27基準について、書面と評価員による訪問評価によって判断する。基準を満たし、外部委員で構成された認証審査委員会を経て同認証が取得できる。

認証を取得した団体は、外からは見えにくい組織内部の状況を第三者機関に開示し、信頼性・透明性の向上に努め、組織運営やガバナンスが一定水準以上のレベルに達しているNPOだ。また、課題がある場合も自ら改善し、よりよい組織運営を目指す意欲のある団体でもある。信頼性の要素として①寄付金の使途を報告している②中長期的な計画に基づき運営を行っている③労務管理は法律に準拠している④財務が健全である⑤不正を防止する仕組みがあること。

JCNEによると、グッドガバナンス認証団体数は50、認証付与に至る団体の割合(認証団体数/申込団体数)は39%、認証後に寄せられた物品寄付の件数は100超、認証を受けたことをアピールできる助成プログラムの助成金額の合計は519億円に上る。

同ガイドブックは2021年3月に初版を出版。今までNPOに寄付をしたことがない、どのような活動分野があるのかを知りたい、NPO活動にどのように参加すればよいのかわからない、信頼できるNPOを探したい―――など、NPOの活動に関心がある個人や企業などに、寄付や参加などの行動に繋げる狙い。

新たに21のグッドガバナンス認証団体を掲載した。自治体では北海道、福島県、島根県、香川県で新たにグッドガバナンス認証を取得するNPOが加わり、全国23都道府県に広がっている。

6つの分野にカテゴリーを分け、 NPOの活動写真とサービス利用者の「声」を紹介。また、各団体のページでは、団体のウェブサイトページにすぐにアクセスできるようになった。PDFデータでも読みやすくするために、1ページ2団体のレイアウトに変更。フォントサイズを大きくした。

認証団体は「寄付」「物品寄付」「遺贈寄付」などの方法で応援することができる。月3000円から支援できる遺贈寄付プログラムのある団体や、気軽に参加できるボランティアを募集している団体もある。「どういうものに関心があるのか、ガイドブックをとおしてNPOが取り組む社会課題が自分事になるきっかけとなれば」(JCNE)としている。

【ガイドダウンロード】「Good Governance Voice2022」(PDF)
【関連サイト】非営利組織評価センター「グッドガバナンス認証について」(PDF)

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 寄付チーム

HEDGE GUIDE 編集部 寄付チーム

HEDGE GUIDEでは、寄付・寄贈に関する最新ニュース、寄付先の選び方、寄付にあたって知っておきたい制度や税金の知識などをわかりやすく解説しています。