CREAL初の1棟賃貸マンションファンド募集、開始から1日で成立下限額を達成

株式会社ブリッジ・シー・キャピタルは不動産投資クラウドファンディングサービス「CREAL」で、CREAL初となる東京都心部の一棟レジデンス「第17号新宿エリア一棟レジデンスファンド」の投資申込を16日より開始。上限額2億4300万円、成立下限額1億2000万円に対し、17日時点ですでに成立下限額を上回る1億7210万円を調達している。

同ファンドでは新たなアセットタイプとして一棟賃貸マンションを取得・運用する。対象の「リノ西落合」(東京都新宿区西落合4-3-8)は敷地面積126.67㎡、鉄筋コンクリート造陸屋根5階建て、延床面積331.4㎡、総戸数12戸の物件。部屋タイプは1K(21.45㎡)~1DK(29.21㎡)。竣工時期は2018年9月。初回配当日は9月30日以降毎月配当、想定利回りは年利4.0%。想定運用期間は18ヶ月。

インバウンド需要の増加に向けた「第1号浅草ホテルファンド」、待機児童問題解消に貢献する「第9号駒込保育所ファンド」、地方創生プロジェクト「第16号千倉ホテルファンド」に続く4番目の大型案件。都心部は人口流入が続いていることから住宅需要は引き続き底堅いと見込み、新宿エリアに位置する築浅の一棟マンションを運用、投資家への安定的なリターンの提供を目指すとしている。

【関連サイト】CREAL
【関連ページ】CREALの評判・口コミ

※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。

The following two tabs change content below.

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チームは、不動産投資や金融知識が豊富なメンバーが不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」