あなたの不動産売却の成功確率を上げる4つの情報収集法とは?

不動産を自分の思った通りの値段で売りたいと思った場合、対策として様々な方面から情報収集をしなければいけません。

インターネットの発展によって、不動産の情報収集の手段は大幅に増えました。最近では、インターネットを中心とした不動産査定サービスなども増えており、それだけに、どこから情報収集していいのか、迷ってしまう人もいるでしょう。

一方、不動産会社に売却の方法を聞く、不動産会社が主催するセミナーで情報収集を行うなど、アナログな情報収集手段も多く取られています。そこで、不動産売却のさまざまな情報収集方法について、それぞれのメリットと注意点を確認していきます。不動産を売却するときのご参考にしてください。

目次

  1. 不動産売却には4つの情報収集手段がある
  2. それぞれの情報収集法のメリット
    2-1.インターネットでの情報収集のメリット
    2-2.不動産仲介会社での情報収集のメリット
    2-3.一括査定サイトによる情報収集のメリット
    2-4.セミナーによる情報収集のメリット
  3. それぞれの情報収集法の注意点
    3-1.インターネットでの情報収集の注意点
    3-2.不動産仲介会社での情報収集の注意点
    3-3.一括査定サイトによる情報収集の注意点
    3-4.セミナーによる情報収集の注意点
  4. まとめ

1.不動産売却には4つの情報収集手段がある

不動産の売却価格などを調べる方法としては、

  • インターネットによる情報収集
  • インターネットの一括サイトによる査定
  • 不動産会社に直接、相談や売却を持ちかける
  • 不動産会社が主催するセミナーで相場や売却の方法を学ぶ

など、主に4つの手段が挙げられます。

インターネット上でほとんど完結するのが、インターネットを利用した物件調査と、一括査定サイトを利用した査定依頼です。こちらは自分で不動産情報サイトから売却相場を調べたり、自分の物件情報を入力して査定価格を確認したりするものです。

不動産会社での情報収集、不動産会社が主催するセミナーへの参加は、不動産会社やセミナー会場に直接赴く必要があります。しかし、不動産会社の営業マンやセミナー講師などに、自分の疑問や不安を直接聞くことができるメリットがあります。

時間をあまりかけずに売却価格の情報収集をできるのがインターネット、時間をかけてじっくりと話を聞き、疑問を解消できるのが直接訪問での情報収集だと言えます。

2.それぞれの情報収集法のメリット

それでは、この4つの手段それぞれのメリットを見ていきましょう。

2-1.インターネットでの情報収集のメリット

現在インターネット上には、LIFULL HOME’SやSUUMOといった様々な不動産情報サイトがあります。不動産情報サイトに掲載されている物件を見れば、自分が売ろうとしている物件のおおよその売却価格を知ることができます。

不動産情報サイトでは、立地や築年数、面積といった不動産の査定に関わる条件を入力することで、その条件に応じた物件情報を確認することができます。自分が所有する物件と似たような物件を検索してみましょう。

スマートフォンでの閲覧がしやすいサイトも増えていますので、パソコンがなくてもどこでも手軽に物件情報を知ることができるのがメリットです。また、検索結果をソートしたり、検索結果に応じて気になった物件の内覧予約を、その場で取ったりできることからも利便性が高いと言えます。手軽に多数の情報をチェックできる点が、不動産情報サイトのメリットです。

2-2.一括査定サイトによる情報収集のメリット

不動産一括査定サイトは、自分が所有する物件の築年数、住所、面積、その他構造などの情報を入力すると、物件近くで営業している不動産会社から、「その物件はいくらで売れるのか」という査定のメールや、電話がもらえるサービスです。

不動産情報サイトに載っている物件価格は値付けの方法が様々であり、物件によっては相場に近い数字ではない可能性もあります。しかし、一括査定サービスで提示される売却価格は、不動産のプロである不動産会社の担当者が査定した数字です。複数の業者からの査定額を比較検討することで、より実際の売買相場に近い数字を把握できるでしょう。

そして、複数の不動産会社の中から売却を任せたい会社が見つかれば、実際に物件に招き、より精密な査定を受けることができます。手軽さと正確さの両方を兼ね備えているのが、一括査定サイトのメリットです。

2-3.不動産仲介会社での情報収集のメリット

直接不動産会社に赴き、自宅などの所有物件の売却について相談しても良いでしょう。対面で不動産会社の担当者と話しながら、自分の希望や目的を伝えていきます。面積、築年数という数字だけではなく、数字だけでは伝えられない建物の状態、周辺環境なども査定に加えてもらうことができます。

実勢価格に近い数字を出してくれることが期待できるのは、その物件のあるエリアで長年営業している不動産会社です。「あなたが売ろうとしている物件のエリアにはどのような住人がいて、どういった物件が売れやすいのか」というエリアに関する情報は、長年その地域に腰を据えている業者ならではの信頼性があると言えるでしょう。

また、不動産会社に直接相談を行うことで、「これから先の見通しとしては、もしかしたら少し待てば、もっと高く売れるかもしれない」など、単に査定に関する話だけではなく、不動産市場全体の話まで聞くこともできます。そして、その場で担当者の人柄を知り、「この人であれば信頼できそうだ」と思えば、不動産売却の契約を結ぶことを考えても良いでしょう。

不動産の売却は、基本的に不動産仲介会社の手を借りることになります。インターネットや一括査定サイトを経由して不動産会社にたどり着くのか、それとも不動産仲介会社に直接赴くかの違いとも言えます。

2-4.セミナーによる情報収集のメリット

不動産売却についてのセミナーを積極的に開催している不動産会社があります。今の不動産市場を見ながら、「上がり目の相場なので不動産を売るべきだ」「不動産を高く売るにはどうしたらいいのか」といったノウハウを聞くことができます。

また、大抵のセミナーでは、終了後に個別相談の時間などを設けています。セミナーで聞いた内容の中から、不安な点や疑問点など、解消したい部分を詳しく聞くことができます。

セミナーは不動産会社のスタッフだけではなく、外部の宅地建物取引士やファイナンシャルプランナー、税理士や資産形成アドバイザーなどの専門家が主催することもあります。不動産投資や資産運用に詳しい方から、様々な情報を聞くことができるのです。

3.それぞれの情報収集法の注意点

それぞれの情報収集法にはメリットもありますが、注意しなくてはいけない点もあります。では、どのような点に注意すれば良いのでしょうか。

3-1.インターネットでの情報収集の注意点

インターネットで売りに出されている物件は、玉石混交で様々です。先に書いたとおり、不動産情報サイトでの掲載価格は必ずしも適正というわけではなく、値下げをしてようやく売れたというケースもあります。

また、自分が所有する物件の相場を調べようと思っても、似た条件の物件が常に売りに出されているとは限りません。さらに、建物の状態まで詳しく記載された物件はあまり多くなく、必要情報が全て揃っているとは言えません。

不動産情報サイトで相場を把握するにしても、あくまで目安としておくべきです。

3-2.一括査定サイトによる情報収集の注意点

一括査定サイトを使えば、複数の不動産会社から査定をもらうことができます。時々ですが、その中で群を抜いて高額な査定価格を持ちかける不動産会社もあります。他社が3,000万円や3,100万円などと査定額を提示しているのに対し、1社だけ4,500万円の値をつけたら、ついついその会社に任せたくなる気持ちが出るかもしれません。

しかし、それほど他社とはかけ離れた高値をつける会社は、専任媒介・専属専任媒介契約を狙っているだけと考えることもできます。不動産会社にとって専任媒介契約や専属専任媒介契約を結べることはメリットになるので、売り主の注目を引くために飛び抜けた高値をつけてくるのです。

そこで、実際に契約を結んでみると、売却活動に入った途端、「この査定は高すぎた。売れないのでもうちょっと値下げしましょう」と、他の会社と同等の査定額に値下げをさせるケースもありえます。

高い査定価格を提示すること自体が必ずしも悪いわけではありません。その会社が富裕層の顧客を抱えており、顧客の要望とあなたの物件が一致したため、高値がつくケースも0ではありません。

しかし、相場からかけ離れた高い売却価格を設定しているうちは、問い合わせすら来ないという可能性が高くなり、結果として売却が完了するまでの期間が長くなってしまうリスクがあると言えます。

そのため、査定価格を見る時は、その値付けの根拠も合わせて確認したうえで依頼する会社を選びましょう。

3-3.不動産仲介会社での情報収集の注意点

不動産仲介会社によって得意とする分野が分かれている傾向にあります。

例えば、あなたが売ろうとしている物件が戸建て物件だとします。そこで、マンションの売買を得意とする会社に話を持ちかけても、戸建てを欲しがっている得意先が少ないことが考えられます。

そのようなミスマッチが起こってしまうと、時間をかけてもなかなか物件が売れない可能性が高くなりますし、営業マンもいまいち頼りなさげに見えてしまい、心理的に今後の提案をフラットに受け入れられなくなってしまうこともあります。

また、担当者の能力で売却までの時間や価格が左右されることもあります。いきなり決め打ちのように「この不動産会社に売却を任せよう」とするのではなく、複数の不動産会社を訪れ、比較しながら一番良さそうな会社をじっくりと決めましょう。不動産会社経由の情報収集は時間がかかりますし、当たり外れが起こり得るのが難点かもしれません。

3-4.セミナーによる情報収集の注意点

セミナーでは、不動産売却に関する知識を総括的に学ぶことができます。ただし、不動産会社は自分たちの会社に不動産を売ってもらうことを目的にセミナーを開催しているため、基本的にはセミナーで話される内容はセールストークの一環だと思っておきましょう。

セミナーの内容は、情報やデータが提示されているものも含めて鵜呑みにせず、自分で逐一確認して考える癖をつけましょう。できれば不動産会社の営業マンだけではなく、第三者的な立場の講師が登壇するセミナーも検討するのが望ましいと言えます。

まとめ

現在はインターネットの発展で情報収集の手段が増えた結果、ある意味で情報過多になっているとも言えます。良い情報を手軽に探せるようになった反面、どれが望ましい情報収集手段なのか、どれが信用できる情報なのかを知っておく必要が出てきています。

多くの情報の中から役立つ情報を見極めていくには、自分で判断できるようになるまで知識や経験を積むことが必要になってきます。不動産の売却においても様々な情報収集手段があるため、インターネットや不動産会社を活用しつつ複数の手法から情報を集め、比較検討して良い売却活動ができるように努めましょう。

The following two tabs change content below.

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チームは、不動産投資や金融知識が豊富なメンバーが不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」