HOME4U(不動産査定)の評判は?メリット・デメリット、査定の手順も

物件を売却する際、売却額の相場を知るため複数の不動産会社による不動産査定を受ける方が増えています。

複数の不動産会社に一括で査定依頼を出せるサービスの中でも、大手企業が運営する「HOME4U」は、査定会社探しや査定依頼をしやすいサービスとして注目されています。

そこでこの記事では、HOME4Uの特徴、メリット・デメリット、売却実績、評判について詳しく解説します。不動産査定のサービス選びで悩んでいる方、査定を受けるのが初めてという方は、参考にしてみてください。

目次

  1. HOME4Uの特徴
  2. HOME4Uの不動産査定のメリット
    2-1.上場企業が提供する一括査定サービス
    2-2.厳選された会社の査定を受けられる
    2-3.業者探しや売却査定依頼がしやすい
  3. HOME4Uの不動産査定のデメリット
    3-1.登録されていない大手不動産会社もある
    3-2.営業対応が負担になることもある
    3-3.少数の会社しか選べない場合もある
    3-4.査定後は業者と直接やり取りをする
  4. HOME4Uの不動産査定の評判
  5. HOME4Uの不動産査定の手順
    5-1.対象物件情報の入力
    5-2.依頼者の情報および連絡先の入力
    5-3.依頼する業者の選択
    5-4.不動産査定およびその結果の報告
  6. まとめ

1.HOME4Uの特徴

HOME4U
サイト名(サービス名) HOME4U
URL https://www.home4u.jp/
運営会社名 株式会社NTTデータ スマートソーシング
本社所在地 東京都江東区豊洲3-3-9 豊洲センタービルアネックス4F
設立 2013年
資本金 1億円
上場有無 親会社が東証1部上場(株式会社NTTデータ)
査定対応地域 全国
訪問査定
一括査定/複数社査定依頼

HOME4Uとは、物件の購入・売却から収益物件の運用まで、不動産取引や活用をサポートしてくれるサービスです。HOME4Uの不動産一括査定サービスは2001年に開始されたため、不動産査定の老舗情報サイトとして知名度も高いのが特徴で、これまでの売却査定実績は約40万件に及びます(2020年3月時点)。

HOME4Uと提携している企業数は約1800社にのぼり、大手だけではなく、中小の不動産屋とも提携しているため、アパート・マンション・戸建て・商業ビル・土地等の様々なタイプの不動産に対応することが可能です。

2.HOME4Uの不動産査定のメリット

まずは、HOME4Uが提供する不動産一括査定サービスのメリットを確認してみましょう。

2-1.上場企業が提供する一括査定サービス

HOME4Uを運営している業者は、東証一部に上場しているNTTデータの子会社であり、NTTグループに属しているNTTデータスマートソーシングです。

NTTデータスマートソーシングでは、最新技術を用いたセキュリティーでサイトの管理を行なっています。NTTデータスマートソーシングのセキュリティーサービスは、情報管理が徹底されている官公庁や銀行などでも利用されており、その信頼性や経営基盤は高く評価されています。

2-2.厳選された会社の査定を受けられる

HOME4Uでは、サービス開始以降の19年間で積み重ねたノウハウを活かして、実績のある会社のみを厳選しています。

提携企業はおよそ1800社と多く、北海道から沖縄まで全国をカバーしています。提携企業は多いものの、問題のある業者は査定に関与させない方針をとっており、売却を促すために相場より高い金額を提示するような悪徳業者の排除を積極的に行っている特徴があります。

2-3.査定会社を探しやすい

HOME4Uのサイト上では、査定会社を地域ごとに探せます。都道府県ごとに選択できるようになっており、該当地域を選択すると、査定希望の不動産の情報を入力するフォームが出てきます。

そのフォームに必要事項を入力すると、不動産の特徴に適した会社を紹介してもらえます。作業は1分程度で簡単に終わるため、時間や手間をかけることなく、依頼先を探すことができます。

なお、査定価格は不動産会社によって異なります。不動産会社にもアパートや戸建て、商業マンションのように不動産の種類によって得意・不得意があります。

そこで、HOME4Uの不動産査定では、不動産の種類ごとに依頼を出すことも可能です。不動産の種類は、マンション、一戸建て、土地ごとに分かれており、それぞれ都道府県別に売却査定の依頼を行えます。

さらに、該当項目を選択すると、その地域の不動産価格の相場情報や最新の売却実績が掲載されています。複数の査定会社が出した売却予想価格とこれらの情報を加味することで、適正な売却価格相場を把握できるようになっています。

3.HOME4Uの不動産査定のデメリット

HOME4Uの不動産査定には、以下のようなデメリットや注意点があります。詳しく確認してみましょう。

3-1.登録されていない大手不動産会社もある

HOME4Uは、大手から中小まで幅広い業者と提携して不動産の一括査定サービスを提供しています。しかし、「三井不動産リアルティ」「東急リバブル」「住友不動産販売」などの大手は、HOME4Uに登録されていません。

HOME4Uでは厳選された不動産会社のみが登録されていますが、大手企業に査定を依頼したい場合は他の査定サイトを活用するなど、対策が必要です。

3-2.営業対応が負担になることもある

HOME4Uの不動産の一括査定サービスを利用した場合、査定中に業者の営業担当者が電話をかけてくるケースがあります。

挨拶の電話に始まり、査定作業の業務報告や売却のアドバイスなどかかってくる電話の内容も多岐にわたります。なお、依頼した会社以外から連絡が来ることはありません。

営業担当者は親身になってサービスを提供しよう電話をしてくるものの、ユーザーからすると、それが煩わしく感じる場合もあります。

営業電話をかけて欲しくない場合は「初めの連絡手段をメールだけに限定する」「電話を書けてもよい時間帯を指定する」などの対策が有効です。情報登録時の備考欄に詳細を記載することも可能なので、実施してみましょう。

3-3.少数の会社しか選べない場合もある

HOME4Uでは、都道府県ごとに査定会社を探せるのがメリットですが、地域によっては少数程度の査定会社しか選択できない場合もあります。

HOME4Uは、ユーザーが優良企業から査定を受けられるような環境を整えるため、問題のある会社とは提携しない方針をとっており、何か問題が発覚すればすぐに提携を解消していることが一因と言えるでしょう。

査定サイトによって提携している不動産会社がことなります。提携会社が少ないエリアで査定会社を増やしたい場合、他の査定サイトと並行して登録を行うなどの対策が必要となります。

3-4.査定後は業者と直接やり取りをする

HOME4Uで不動産価格を査定してもらった場合、その後の手続きは業者と直接やり取りを行うことになります。

HOME4Uは、ユーザーと業者の仲介するような役割なので、実際の物件の売却手続きや契約内容について関与しているわけではありません。HOME4Uで不動産の一括査定サービスを利用する場合、この点も把握しておきましょう。

4.HOME4Uの不動産査定の評判

HOME4Uの不動産査定を利用したことのあるユーザーからは、以下のような意見や感想が寄せられています。査定サービス選びの参考にしてみましょう。

  • 「自力で探すのが難しい業者を紹介してもらい、相場より高い額で売却できた」
  • 「空き家の物件を短期間で売却できたので驚いている」
  • 「運営会社が大手のNTTグループ所属企業なので安心して利用できる」
  • 「サイト上に掲載されている情報も豊富で、不動産査定の依頼がしやすい」
  • 「営業担当者からの電話が多くて煩わしさを感じた」
  • 「地域によっては紹介してもらえる業者の数が少ない」
  • 「業者の査定額に大きな開きがあったことに対して疑問を持った」

※上記はすべて個人の感想です。最新情報などについてはご自身でもよくお調べの上、ご利用をご判断ください。

HOME4Uの不動産査定は、大手企業が運営しているサービスという点が高く評価されています。提携企業は1800社と豊富なので、処分するのが困難な物件を短期で売却できたり、相場よりも高い額で売却できたりしたという声も見られます。

また、サイト上に掲載されている情報や記事は役立つものが多いので、査定から売却までの流れを把握しやすいと高評価です。

一方、HOME4Uの不動産査定に対して、営業担当者からの電話が煩わしいという意見も寄せられています。また、紹介してもらえる業者の数や業者の査定額の結果に対して、不満を感じているユーザーもいます。

営業電話をかけて欲しくない場合は「初めの連絡手段をメールだけに限定する」などの対策を取ってみることを検討してみましょう。

また、悪徳業者の排除を積極的に行っているHOME4Uですが、査定額を多めに提示して売却を促す業者が紛れている可能性はゼロではありません。査定額に大きな差がある場合は不動産会社に査定の根拠を尋ね、査定に問題が無いか確認することも大切です。

5.HOME4Uの不動産査定の手順

HOME4Uの不動産査定は、サイト上ですべての手続きを済ませることができます。具体的には、以下の手順で業者に不動産査定をしてもらいます。

5-1.対象物件情報の入力

HOME4Uを利用して不動産査定を依頼する場合、対象物件の情報を入力することから始めます。「不動産査定の依頼フォーム」には、物件の種類や所在地、物件と依頼者との関係、査定利用の理由や希望する査定方法に関する項目が設けられているので入力します。

5-2.依頼者の情報および連絡先の入力

対象物件情報の入力が済んだ後は、依頼者の情報および連絡先を入力します。名前、住所、電話番号、売却の希望時期などを入力します。

なお、この時の電話番号は、日中に連絡がつくものにするのが良いでしょう。メールでの連絡を希望する場合は、メールアドレスを登録します。

5-3.依頼する業者の選択

連絡先等の入力後は、不動産査定をしてもらう会社を選択します。入力した物件や依頼者の情報を下に、適した査定会社が表示されるため、その中から依頼先を選びます。

HOME4Uでは、一度に最大六つの業者を選択できるので、査定価格の比較がよりしやすい環境となっています。

5-4.不動産査定およびその結果の報告

サイト上で依頼後、各業者によって不動産査定が行なわれ、その結果が報告されます。各業者の査定結果を比較し、営業担当者の知識の豊富さや取引実績を加味した上で、売却の依頼先を決定する流れとなります。

まとめ

HOME4Uを利用すると、一度に複数の会社から不動産査定をしてもらえます。各業者の査定額を比較することで、より適正な物件の売却価格の相場を把握することが可能です。

HOME4Uは、サイト運営業者が大手であること、厳選した優良業者だけから査定を受けられる点などのメリットがある一方、営業担当者からの電話の煩わしさ、選択できる業者の数が少なくなるケースもあるなどのデメリットもあります。

不動産査定サービスを選ぶ際は、このようなメリット・デメリットを事前に確認するほか、利用者の評判などを参考にしながら、ご自身に合ったサービスを選ぶことが大切です。

The following two tabs change content below.
アバター

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チームは、不動産投資や金融知識が豊富なメンバーが不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」