TAG Coincheck IEO

仮想通貨コラム

コインチェックのIEO第二弾「フィナンシェトークン」とは

フィナンシェトークンは、「ブロックチェーンを活用した新世代クラウドファンディング2.0」サービスを手がけるプラットフォームFiNANCiEのネイティブトークンです。22年夏に国内の仮想通貨取引所であるコインチェック(Coincheck)においてIEOを実施する予定です。今回はフィナンシェトークンについて、その概要や特徴、コインチェックでの第二弾となるIEOの実施予定などを解説していきます。

暗号資産・ブロックチェーン

Coincheck NFTで取り扱いされているOthersideとは?

22年6月15日、コインチェック株式会社が運営しているNFT(非代替性トークン)マーケットプレイス「Coincheck NFT(β)」が、ブロックチェーンゲームOthersideの土地「Otherdeed(NFT)」の取り扱いをスタートしました。この記事では、Coincheck NFT(β)で取り扱いが開始されたOthersideについて解説します。

暗号資産取引所の使い方

CoincheckのIEO第二弾を目指す「FiNANCiE(フィナンシェ)」とは?【事業展開やトークンセールの見通しについて解説】

Coincheckは2021年7月にIEOプラットフォーム「Coincheck IEO」の提供を開始し、株式会社Hashpaletteと日本初となるIEOによる資金調達を実現しました。そしてCoincheck IEOの第二弾案件となるのが「FiNANCiE」です。今回は、FiNANCiEの概要やCoincheck IEOについての詳細を紹介していきます。

暗号資産取引所の使い方

コインチェックのIEOで誕生した仮想通貨PLTのファンダをウォッチ【パレットでNFTマーケットプレイスが誕生!】

2021年7月、国内で最初のIEOとしてCoincheck(コインチェック)が「パレット(PLT)」のIEOを実施しました。NFTに特化したパレット・ブロックチェーン上では、現在までにNFTマーケットプレイスが複数誕生しています。そこで今回はパレット(PLT)と、パレット・ブロックチェーンを利用した NFT マーケットプレイスについて解説します。

仮想通貨コラム

コインチェックが実施するIEOとは?第一弾のパレット(PLT)について押さえよう

仮想通貨(暗号資産)取引所コインチェックは、国内で初めてIEOプラットフォームをオープンする旨を発表しました。IEOとは資金調達を目的とするトークンセールの一種です。今回はIEOの仕組み、そしてコインチェックのIEOプラットフォームで資金調達を行うプロジェクトについて解説します。