TAG bitFlyer Lightning

仮想通貨コラム

スマホで始める仮想通貨投資!初心者におすすめの仮想通貨取引アプリ3選

最近は仮想通貨(暗号資産)投資アプリが充実しており、若年層を中心にスマホで気軽に投資に取り組む方も増えているようです。仮想通貨取引所ビットフライヤーでは、2020年上半期に口座開設をした人のうち、20代が最も多くを占めたという結果が出ています。仮想通貨取引所のアプリは初心者でも使いやすいよう設計されています。ここでは仮想通貨投資をスマホアプリで始める方法について解説します。ぜひ参考にしてみてください。

仮想通貨コラム

仮想通貨(暗号資産)のレバレッジ取引、国内3社のスプレッド、アプリ、手数料など徹底比較【FXトレーダー向け】

さまざまな仮想通貨取引所がレバレッジ取引を提供されていますが、それぞれ取扱銘柄や、証拠金維持率、ポジション管理手数料などの設計や、注文機能、チャート、スプレッドなどの環境が異なります。ここでは、HEDGE GUIDE編集部がおすすめする3つの仮想通貨取引所のレバレッジ取引をご紹介します。

仮想通貨コラム

【仮想通貨取引所の元トレーダーが解説】bitFlyer Lightningの使い方

国内の主要メガバンクやベンチャーキャピタルから出資を受けているbitFlyerは資本力が大きいこともあり、ビットコイン取引では国内No.1の取引量を誇る取引所としての地位を維持しています。ここではbitFlyerが提供している「bitFlyer Lightning」を使った取引方法について、筆者の知見を交えながら解説していきます。

仮想通貨コラム

仮想通貨を売買する際に便利な注文方法まとめ。各社独自の注文方法も網羅!

近年、仮想通貨(暗号資産)市場の盛り上がりを受けて、投資をスタートした方も多いと思います。仮想通貨取引所で利用できる注文方法には、従来のFX(外国為替証拠金取引)や株式で利用されていたものだけでなく、仮想通貨独自のものもあるため、投資初心者にとっては複雑に感じる方も多いでしょう。ここでは仮想通貨取引所で利用できる注文方法について解説したいと思います。

仮想通貨コラム

スマホで始めるビットコイン投資。コインチェックとbitFlyerの暗号資産取引アプリを徹底比較

暗号資産アプリでできる事には、日本円の入出金操作や暗号資産の送信、取引所サービスの管理など多岐に渡ります。アプリ上で口座開設も可能なので、誰でもスマホひとつで手軽に暗号資産投資を始められる様になっています。

仮想通貨コラム

【2021年度決定版】ビットフライヤーで仮想通貨投資を始める方法:口座開設編

ビットコインやXRP(エックスアールピー)、イーサリアムなど、仮想通貨投資に挑戦したい方にとって、最初のステップは仮想通貨取引所でアカウントを開くことです。ここでは、国内利用率が最も高い仮想通貨取引アプリを提供しているのが「bitFlyer」で口座開設する方法についてご説明します。

仮想通貨コラム

レバレッジ取引におすすめの仮想通貨取引所3選!比較表で徹底解説

仮想通貨取引には、実際に仮想通貨を売買してキャピタルゲインを得る「現物取引」と、一定額の証拠金(保証金)を取引所に預け入れることで投資資金の数倍の金額で取引できる「レバレッジ取引(仮想通貨FX:証拠金取引)」があります。仮想通貨のレバレッジ取引では、ロング(買い)ポジションだけでなくショート(売り)ポジションも取れるので、値上がり・値下がりの双方で利益を狙う戦略的な投資が可能です。ここでは、HEDGE GUIDE編集部がレバレッジ取引におすすめする3つの仮想通貨取引所をご紹介します。

仮想通貨コラム

仮想通貨投資で稼ぎたい人が知っておくべき5つのポイント

仮想通貨(暗号資産)投資は1,000円から手軽に始められ、取引所の口座開設の手続きも簡単なので、投資初心者に人気の投資商品となってきています。しかし、仮想通貨は誕生して10年ほどの新興市場であり、浮き沈みの変化が激しいため投資商品としてはハイリスクハイリターンです。そこで今回は、仮想通貨投資で稼ぎたい人が知っておくべき5つのポイントをご紹介していきます。

仮想通貨コラム

暗号資産のスイングトレードのポイント、おすすめの暗号資産取引所4選

暗号資産はボラティリティが大きいため、ある程度利益の出た銘柄を売却して、ポートフォリオを組み替えるといったアクティブな運用方法を行っている投資家も少なくありません。ここではアクティブな運用方法の一つ「スイングトレード」についてご紹介します。

仮想通貨コラム

コインチェック・ビットフライヤー・GMOコインの手数料、機能、取扱銘柄を徹底比較!

コインチェック、ビットフライヤー、GMOコインは数年間の運営実績を有し、既に一定のユーザーに支持されている暗号資産(仮想通貨)取引所です。取引サービスや取り扱い銘柄の豊富さ、割安な手数料体系などにそれぞれの強みがあり、初心者から上級者まで幅広く利用されています。ここではコインチェック、ビットフライヤー、GMOコインについて詳しく解説していきます。

仮想通貨コラム

スマホで暗号資産を購入するなら。コインチェックとビットフライヤーの暗号資産取引アプリを徹底比較

暗号資産アプリでできる事には、日本円の入出金操作や暗号資産の送信、取引所サービスの管理など多岐に渡ります。アプリ上で口座開設も可能なので、誰でもスマホひとつで手軽に暗号資産投資を始められる様になっています。

仮想通貨コラム

アルトコインを豊富に取り扱っている取引所はどこ?アルトコイン投資におすすめの暗号資産取引所4選

仮想通貨(暗号資産)というと、ビットコインを思い浮かべる人は多いと思います。市場にはXRPやイーサリアムなどさまざまな種類が存在しており、それらは総じて「アルトコイン」と呼ばれています。仮想通貨取引所によって取扱いのあるアルトコインは異なり、各社サービスの差別化要因の一つとなっています。

仮想通貨コラム

暗号資産のレバレッジ取引とは?現物取引との違いやメリット・デメリットも

レバレッジ取引について「現物取引とは違って、何となく危険な取引なのでは」というマイナスのイメージだけが先行している方もいらっしゃるのではないでしょうか。レバレッジ取引は現物価格が値下がりする場面でのリスクヘッジにも使用することができます。今回は、レバレッジ取引の特徴やメリット・デメリットについて解説していこうと思います。

高機能取引ツールが利用できるおすすめの仮想通貨取引所・販売所5選

仮想通貨取引所の中には、テクニカル分析に必要な機能を備えた高機能取引ツールを提供している企業があります。高機能取引ツールを利用することで、ユーザーは注文機能を駆使して売買のタイミングを管理したり、インジケーターを活用して…

仮想通貨コラム

コインチェック・GMOコイン・ビットフライヤーを比較!初心者におすすめの仮想通貨販売所サービスを解説

ビットコインなどの仮想通貨(暗号資産)の投資を始めたいと考える人でも、取引に関する用語が難解だったり、通貨によって異なる取引単位に戸惑う方も多いと思います。仮想通貨取引所では、そうした投資初心者でも簡単に売買できるように「販売所」というサービスを用意しています。

仮想通貨コラム

【仮想通貨初心者向け】ビットフライヤーで仮想通貨投資を始める方法:入金~ビットコイン購入編

ビットコイン(通貨単位:BTC)は、2021年1月時点に1BTCあたり300万円を超える価格となっていますが、0.1BTCや0.01BTCなどの小数点でも購入できることをご存じでしょうか?ここではパソコンからビットフライヤーでビットコインを購入する方法についてご説明します。

仮想通貨コラム

コインチェックとビットフライヤーはどっちがおすすめ?機能や手数料、評判を徹底比較!

ビットフライヤーとコインチェックはどちらも日本国内の大手仮想通貨取引所です。どちらも多様な仮想通貨を取り扱っており、販売所と取引所の両方を提供しているので、初心者にとって利用しやすいと評価されています。どっちがおすすめなのか、機能や手数料、取扱通貨など客観的な情報に基づいて分かりやすく解説していきます。

仮想通貨コラム

【元トレーダーが解説】ビットフライヤーのレバレッジ取引で覚えておくべきSFD手数料制度とは?

bitFlyer Lightningには一定の条件下で発生する「SFD」という独自システムがあります。SFDの仕組みを理解せずにトレードをしていると、意外な所でコストが発生することに驚くことになるでしょう。
ここでは「bitFlyerのSFDの概要や、作成された意図や注意点について解説していきます。

仮想通貨コラム

ビットコイン初心者が知っておきたい板取引が簡単に利用できる暗号資産取引所ー売り板・買い板の見方

株や暗号資産(仮想通貨)を投資する際に、「板」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。板に表示される情報は投資においてとても重要なものですので、読み取り方を理解しておくと役立ちます。今回は、暗号資産投資における売り板・買い板の見方や、板の分析方法、板を分析するメリットについて解説します。

仮想通貨コラム

【仮想通貨初心者向け】ビットフライヤーでビットコイン投資を始める方法:bitFlyer Lightning編

ビットフライヤーの取引プラットフォーム「bitFlyer Lightning」は、指値(逆指値)注文が可能です。ここでは、ビットフライヤーでビットコインを「指値(逆指値)注文」で取引する方法についてご説明します。