TAG グッドデザイン賞

マンション投資

トーシンパートナーズ「ZOOMマンション」の評判・口コミは?投資のメリット・デメリットや注意点も

トーシンパートナーズは、マンションブランド「ZOOM」を手掛ける不動産投資会社です。9年連続でグッドデザイン賞を受賞するなど、各方面から高評価を獲得しています。今回のコラムでは、このトーシンパートナーズの「ZOOM」シリーズについて評判・口コミを紹介し、メリットやデメリット、注意点についても解説していきます。

トーシンパートナーズの不動産投資国内不動産投資

トーシンパートナーズ、マンションブランド「ZOOM」で9年連続グッドデザイン賞受賞

株式会社トーシンパートナーズが提供する投資用マンションブランド「ZOOM」が2022年度のグッドデザイン賞を受賞した。対象物件は「ZOOM横浜桜木町」と「ZOOM碑文谷」の2棟。14年度の「ZOOM池尻大橋」で初受賞してから9年連続、通算12、13棟目の受賞となった。

マンション投資

トーシンパートナーズの評判・口コミは?実績や入居率、注意点も

トーシンパートナーズは、東京都心・横浜・川崎エリアを中心に投資用不動産を手掛ける不動産投資会社です。グッドデザイン賞を9年連続受賞するなど知名度も高く、投資先として検討されている方もいるのではないでしょうか。そこで今回は、トーシンパートナーズのマンション投資における特徴や実績、さらに評判や口コミなども紹介していきます。

国内不動産投資

ブリッジ・シー・キャピタル「CREAL」が20年度グッドデザイン賞受賞。新しいESG不動産投資の実現で評価

株式会社ブリッジ・シー・キャピタルは10月1日、同社が運営する不動産投資クラウドファンディング(CF)サービス「CREAL(クリアル)」が、2020年度グッドデザイン賞(公益財団法人日本デザイン振興会主催)を受賞したと発表した。

投資ニュース

株式投資型クラウドファンディング「ファンディーノ」グッドデザイン賞受賞

株式会社日本クラウドキャピタル(東京都品川区)が運営する株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO(ファンディーノ)」が、公益財団法人日本デザイン振興会主催の「2018年度グッドデザイン賞」を受賞した。投資型クラウドファンディングという、日本ではまだ新しい資金調達の手法を「一般ユーザーにもわかりやすく、ポップな形で広めている」点が評価された。

不動産投資初心者がマンション投資で成功するための7つのステップ国内不動産投資

野村不動産、子育て・共働き世帯向けマンション「プラウドシティ大田六郷」プラザ街区の販売を開始

野村不動産株式会社は10月13日、「プラウドシティ大田六郷」の全街区竣工と同時にプラザ街区の販売を開始した。プラウドシティ大田六郷は、総戸数632戸、敷地面積23,000㎡超の大規模プロジェクトだ。品川駅まで8分の東京都大田区西六郷3丁目に位置し、「蒲田」「川崎」の駅前施設が2km圏内、さらに徒歩圏内にはスーパー、小中学校、多摩川緑地などがあり、徒歩圏内に必要なものが揃う立地となっている。