宅都プロパティ、不動産オーナーに向け投資用不動産管理・運用アプリ「WealthPark(ウェルスパーク)」を提供開始

株式会社宅都ホールディングス傘下で関西・首都圏を中心に賃貸マンションの募集・管理を行う株式会社宅都プロパティ(以下、宅都プロパティ)は6月4日、投資用不動産の管理・運用アプリケーションを提供するWealthPark株式会社の不動産オーナー向け資産管理・運用アプリケーション「WealthPark(ウェルスパーク)」を導入し、宅都プロパティと契約しているオーナーへの提供を開始したことを公表した。

宅都プロパティは、関西圏および首都圏を中心に約24,000室の賃貸物件を管理している。同社は管理を受託している不動産オーナーに対する収支報告やコンサルティングサービスの提案の際、郵送や電話などの手段に頼るケースが多いことから、郵送費や通信コスト、業務の非効率性、リアルタイム性の欠如などの課題があった。

宅都プロパティでは、これらの課題を解消すべく、不動産オーナー向けの資産管理・運用アプリケーション「WealthPark」を導入し、不動産オーナー向けに提供を開始するに至った。不動産オーナーは、同アプリケーションを通じて、収支報告に関する内容をリアルタイムで確認できるほか、賃料収入、経費、ローン、各種契約情報をはじめ、賃貸経営に必要な情報の一括管理が可能となる。また、チャット機能を利用して、賃貸募集や家賃回収の状況、修繕の依頼などについて、宅都プロパティの担当者に気軽に相談できるようになる。

すでに海外の不動産オーナーに対して先行してWealthParkの導入を開始しており、80%以上の不動産オーナーに導入が完了しているという。年内にも国内不動産オーナーに同様の普及率を目指す方針だ。

宅都プロパティは、モバイルアプリの利便性を活用することで、国内の不動産オーナーのほか、香港・台湾などからインバウンド不動産投資を行う海外の不動産オーナーに対し資産管理・運用サービスの提案を行い、引き続き大阪の不動産への投資の呼び込みを図る見通しだ。

【コーポレートサイト】株式会社宅都プロパティ
【コーポレートサイト】WealthPark株式会社

The following two tabs change content below.

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チームは、不動産投資や金融知識が豊富なメンバーが不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」