SBIネオモバイル証券「ネオモバ」開業5ヶ月弱で10万口座達成

株式会社SBIネオモバイル証券の「ネオモバ」が好調だ。8月29日に同サービスの登録口座が10万口座を達成、今年4月10日の開業から5ヵ月弱で延伸した。国内トップのポイントサービス「Tポイント」で株式投資を行えるのをはじめ、使いやすい画面デザインや月額200円(税抜)で取引放題となるサブスクリプションモデルを導入。9月28日からスマートフォン用アプリの提供を開始するなど、矢継ぎ早のサービス拡充でターゲットとする若年層・投資初心者を取り込んでいる。

ネオモバのポイントの換金率は1ポイント1円、利用単位は1ポイント以上、1ポイント単位。通常の株式購入は100株からが最小単位だが、ネオモバは1株から購入が可能。さらに、運用手数料は0円~50万円以下の場合は220円。登録者には毎月200ポイントが還元されるため、実質20円で運用できるのも魅力だ。以下は50万円超~300万円以下は手数1000円、300万円超~500万円以下は3000円、500万円超~1,000万円以下が5000円。以下100万円ごとに1000円が加算され、上限は設定していない。(手数料はいずれも税込み)

同社によると、ユーザーは20代、30代が全体の半分を占め、ネオモバで初めて株式の取引をする人は50%以上に上る。また、約定件数に占めるS株(単元未満株)の取引が約94%で、Tポイントを利用した取引が約40%あり、これまでに8000万ポイントが投資に使われている。19年に入って楽天やNTTドコモなどのポイントサービスと競争が激化しているTポイントだが、ネオモバの躍進によって株式投資にも使えるポイントサービスとして再び注目を集めている。

SBIネオモバイル証券はネオモバを通じて、消費活動で貯めたTポイントを資産形成にも活用する「消費から投資へ」の流れを確立し、さらなる商品・サービス開発を進める方針だ。

【関連サイト】SBIネオモバイル証券「ネオモバ」
【関連記事】Tポイント投資「ネオモバ」の評判・口コミ

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 少額株式投資・ロボアドバイザーチーム

HEDGE GUIDE 編集部 少額株式投資・ロボアドバイザーチーム

HEDGE GUIDE 編集部 少額株式投資・ロボアドバイザーチームは、少額株式投資やロボアドバイザーに関する知識が豊富なメンバーが株式投資の基礎知識から少額投資やロボアドバイザーのポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」