投資一任サービス「SBIラップ×新生銀行」スタート、新生銀行の店頭限定で提供

SBIグループの株式会社SBI証券、 株式会社新生銀行および株式会社FOLIOは10月20日、 投資一任サービス「SBIラップ×新生銀行」(店頭限定)の提供を開始した。新サービスはFOLIO社が提供する投資一任プラットフォーム「4RAP」を応用、対面チャネル向けに提供する「SBIラップ×」(エスビーアイラップクロス)の第1号商品。新生銀行での店舗提供に特化したサービスとなる。

SBIラップは、SBI証券とFOLIOが今年3月31日から開始したオンラインサービスで、約2ヶ月で買付金額100億円を達成した。対面チャネル向けの「SBIラップ×」は、金融商品仲介業者および登録金融機関向けのサービス、最先端の金融工学を用いた5つの運用スタイルから最適なポートフォリオを選択できるサービス。FOLIOが一気通貫で運用サービスの導入まで行うことで、 新商品の開発開始から7ヶ月で完成させた。

SBIラップではFOLIOが自社の顧客の口座で提供している「FOLIO ROBO PRO」で培ったAIを活用した運用サービスを提供しているのに対し、 SBIラップ×新生銀行では、モーニングスター株式会社が提供するツールで、資産運用に対する顧客の考え方、運用の目的などから「リスクの度合い」を分析。リスクの度合いに応じて、8つのグローバル資産に分散投資する5つの運用スタイルから、おすすめの運用プランを提案する。

最適な投資配分で運用を開始した後も、 相場変動に伴い発生する投資配分の変化によるポートフォリオ全体のリスクを、 毎月の「リバランス」でコントロールする。

担当者による定期的な運用報告に加え、担当者が顧客の意向や状況の変化を聞き取り、ライフステージに合わせて最適な運用プランを提案。ほか、定期的な運用報告や見直しの相談など、対面サービスのメリットを提供する。顧客が実質的に負担する手数料は、預り資産残高に対して1.21%(年率・税込)の手数料と、8種類の投資対象ファンドの組み入れ状況によって異なる0.28%~0.37%(年率・税込)程度の実質的な信託報酬の合計額。申込み、増額や減額、解約、ファンドの売買、運用スタイル変更に伴う追加の費用は発生しない。

SBIラップ×新生銀行の提供では、3社が対面コンサルティングと最先端の運用ノウハウを活かし、「リアル」と「デジタル」を組み合わせた投資一任サービスの提供で、顧客の資産形成に一層貢献できるとしている。

【関連サイト】SBI証券
【関連記事】SBI証券の評判・口コミ
【関連記事】SBIラップの評判は?手数料やウェルスナビとの違い・比較も

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 ロボアドバイザーチーム

HEDGE GUIDE 編集部 ロボアドバイザーチーム

HEDGE GUIDE 編集部 ロボアドバイザーチームは、ロボアドバイザーに関する知識が豊富なメンバーが投資の基礎知識からロボアドバイザーのポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」