働く女性の投資事情は?三井住友カードが20代~30代女性500人に調査

三井住友カード株式会社は1月13日、オウンドメディア「Like U」で「投資に興味がある働く女性必見!20代~30代の投資女子500人に調査。投資に対する不安はこうやって解決!」のタイトルでインフォグラフィックを公開した。

インターネットでアンケート調査を行い、投資、資産運用に関する意識をインフォグラフィク化、「情報をシンプルにわかりやすく表現することで、情報整理を苦手とする人や、資料を読むことに抵抗がある人にも、楽しく理解して」としている。

調査トピックは①働く女性のうち今投資している人②今行なっている投資③投資に充てている資金と貯金用資金とのバランス–の3点。結果、働く女性のうち、今投資している人は48.6%、行なっている投資の1位は「株式投資」、投資に充てている金額で最も多いのが「手取り収入の5%未満」が半数以上を占めた。

約半数の48.6%が投資をしており、中でも20代で投資をしている人は44.2%だったのに対し、30代になると56.0%に増加。年齢が上がるにつれ資産運用への興味が高まり、実際に投資を始める人が増えているようだ。投資経験者が取り組んでいる投資の種類で最も多かったのは「株式投資」(50.8%)で、次いで「投資信託」(43.8%)、仮想通貨やFXなどの通貨投資が続く。株式投資を行なっている人が最も多く利用しているのは、証券会社の専用口座。次に多かったのは銀行の専用口座、一般NISAの口座、iDeCoの口座と続いた。投資信託を行なう人が最も多く利用しているのは、積み立てNISAの口座だった。

一方、株のアプリやインターネット上で、投資診断や投資アドバイス、運用(売買や最適化等)などを代行してくれる「ロボアドバイザーサービス」を利用している人はまだ少数派だった。

投資にどのくらいの金額を充てている金額で、手取り収入との比率で見てみると、最も多いのが手取り収入の5%未満。一方で貯金に関しては「手取り収入の5%未満」は35.8%とやや少なめで、逆に「手取り収入の5%以上」と答えている層を全て合計すると64.2%となっている。貯金と投資を比べると、貯金に重きを置いている人が多い傾向となった。

サイトでは「ネットで調べたり、SNSで情報収集をしたり、実際にやっている人に聞いてみたり。最初のきっかけは、実はいろいろ。少しでも投資に興味があるなら、無理のない範囲でまずトライもおすすめ。実際にやってみると、世の中のニュースや社会情勢など、興味の対象がぐんと広がり、新たな世界を見渡す自分に出会えるかも」と結んでいる。

【関連サイト】Like U「投資に興味がある働く女性必見!20代~30代の投資女子500人に調査。投資に対する不安はこうやって解決!」
【関連記事】三井住友VISAカードの評判は?ポイント率や年会費も

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チームは、株式投資に関する知識が豊富なメンバーが株式投資の基礎知識から投資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」