海外不動産投資セミナーのメリットや注意点は?海外不動産投資の会社も

海外不動産投資をしたいと思うけど、どの国に投資すればいいのか、どの不動産会社を選べばいいのかわからないという人も多いのではないでしょうか。

投資先の国や不動産会社を選ぶためには、不動産会社が開催する海外不動産投資セミナーを受講することを検討してみましょう。海外不動産投資セミナーでは、個別相談やシミュレーションなども出来るため、より具体的に不動産投資を進めたい方に役立ちます。

本記事では、海外不動産投資セミナーを受けるメリットやセミナーを受ける前の注意点などについて解説します。また、具体的な海外不動産投資の会社についてもご紹介しますので、不動産会社やセミナーを選ぶ参考にしてみてください。

目次

  1. 海外不動産投資セミナーを受けるメリット
    1-1.投資対象国と不動産会社の比較ができる
    1-2.投資家個人がアクセスしにくい情報も収集できる
    1-3.不動産投資ローンに関する情報を収集できることも
  2. 海外不動産投資セミナーを受ける時の注意点
    2-1.不動産会社について事前に確認する
    2-2.何の情報を収集しに行くのか決めておく
    2-3.物件情報はシミュレーションの根拠を確認する
  3. 海外不動産投資セミナーを開催している不動産投資会社3選
    3-1.オープンハウス
    3-2.ビヨンドボーダーズ
  4. まとめ

1.海外不動産投資セミナーを受けるメリット

海外不動産投資のセミナーを受けるメリットとしては、国や不動産会社の比較ができるほか、投資家個人が収集しづらい情報も集められる点などが挙げられます。

1-1.投資対象国国と不動産会社の比較ができる

海外不動産投資では、国によって経済状況やメリットは異なるため、自分にあった投資先の国を見つけるためにも複数の国を比較することが重要です。

不動産会社は各社とも強みを持ったエリアの国についてセミナーを開催しています。複数の不動産会社が開催するセミナーを受ければ、国ごとの比較が可能です。

また、不動産会社のセミナーに参加すると、国や物件に関する情報だけでなく、不動産会社に関する情報収集も可能です。実際に不動産会社のスタッフと話をしたり、セミナー会場となる不動産会社のオフィスに行ったりすることで、不動産会社の雰囲気を比較してみるのも良いでしょう。

1-2.投資家個人がアクセスしにくい情報も収集できる

海外不動産投資では、投資家個人が自力で収集できる情報は少なく、日本国内からだ得られない物件情報などもあります。

また、海外の不動産市場に関する情報は、英語または現地の言語を読解できないと分析できません。海外のウェブサイトは日本のサイトとデザインも異なるため、どこへアクセスすればどんな情報を得られるのか、わかりにくいことも多々あります。

データによる判断が重要な不動産投資においては、少しでも多くの情報を集めることがポイントになります。不動産会社が開催するセミナーに行けば、投資家が自力でアクセスしにくい情報も効率的に収集できるメリットがあります。

1-3.不動産投資ローンに関する情報を収集できることも

海外不動産投資では、海外不動産の購入に融資する日本国内の金融機関は少数派であることから、日本国内の不動産投資よりもローンを利用する難易度が高くなります。

日本国内の不動産投資については、金融機関の開拓方法について本やインターネットでも情報収集できます。しかし、海外不動産投資に融資する金融機関の情報はなかなか見つからないことも少なくありません。

セミナーを受ければ不動産会社のスタッフと話をできるので、スタッフから金融機関の情報を聞くこともできます。また、投資物件の紹介に紐づけてローンの情報が提供されるケースもあります。

このように、不動産会社が開催するセミナーを受講することで、海外不動産投資のローンに関する情報を効率的に集められる可能性があります。より具体的で詳細な情報を知りたい時にも、海外不動産投資セミナーを受講するメリットがあると言えます。

2.海外不動産投資セミナーを受ける時の注意点

セミナーは情報収集にはとても有益ですが、海外不動産投資の成功に役立てるためには、注意点も複数あります。それぞれ見て行きましょう。

2-1.何の情報を収集しに行くのか決めておく

セミナーを受ける前に、何の情報を収集しに行くのか目的を設定しておきましょう。目的意識がない状態でセミナーを受けると、「何となく信用できそうな不動産会社だな」「とにかく利回りが高いからここにしよう」など、感覚に頼った判断をしてしまう恐れがあります。

目的意識を設定するためには、物件選びの基準設定も必要になります。複数のセミナーを受けて勉強を進めながら、最終的には、「希望する利回りは何%なのか」「返済可能な借入額はいくらまでか」「借入金利は何%以下が良いか」など、できる限り具体的な数字に落とし込んで基準を設定できると良いでしょう。

また、不動産会社の中にはセミナー資料を配布していないところもあります。配布資料がない場合は、メモを取るなど情報の記録を取るようにしましょう。記録する情報を絞り込むためにも、目的や物件の基準は役立つと言えます。

2-2.不動産会社について事前に確認する

セミナーで紹介する国について、不動産会社が物件の取扱実績を持っているかどうか、セミナーを受ける前に確認しておくことは重要です。

紹介する国に拠点を設けていない場合などは、不動産会社のスタッフが日本から遠隔で収集した情報を紹介しているケースがあります。この場合は、投資家が自力で収集できるものと同じ情報が紹介される可能性もあるため注意が必要です。

一方、紹介する国に拠点を設けている不動産会社が提供する情報には、現地で不動産業を営んでいるからこそ知れるものも期待できます。また、現地から収集した鮮度の高い情報が含まれていることもあります。

投資する対象国がある程度決まっている段階では、紹介する国に拠点を設けている不動産会社が開催するセミナーへ参加することを検討してみましょう。

2-3.物件情報はシミュレーションの根拠を確認する

海外不動産投資セミナーの中には、不動産会社が取り扱う物件の情報を紹介するために開催されていることがあります。セミナーで物件情報を提示された場合は、収益シミュレーションの根拠を確認することが大切です、

悪質な不動産投資会社の場合、根拠の薄いシミュレーションを提示するケースもあります。見込んでいる入居者が周辺にどの程度いるのか、見込みの根拠はどのようなものか、不動産会社のスタッフに聞いてみると良いでしょう。

また、家賃保証などを設定している場合も少なくありません。収益保証の前提で物件購入したものの、運用開始後に保証家賃が支払われず、保証会社も倒産したなどの失敗例もあるため、収益保証がある場合は特に注意して確認しておきましょう。

3.海外不動産投資セミナーを開催している不動産投資会社3選

海外不動産投資を進めるにあたり、サポートを受けられる不動産会社を3社ご紹介します。いずれの不動産会社もセミナーを開催していますので、セミナー選びの参考にもしてみてください。

3-1.オープンハウス

アメリカ不動産投資会社「オープンハウス」オープンハウスは、日本国内でも上位に入る実績を持っている上、アメリカ不動産の販売・管理などについても多くの実績を持っています。東証1部上場企業であるため、不動産会社としての信用度は高く、倒産リスクも小さい点が特徴と言えます。

アメリカ不動産投資は、海外投資家に対する急な規制変更や登記関係の不安などは少なく、手堅くリスクの少ない投資をしたい人に向いていると言えます。また、アメリカ全体では人口増加と経済成長を続けており、不動産需要の増加も期待できます。

オープンハウスでは、テキサス州やジョージア州など複数のエリアで物件を取扱っているので、アメリカ国内での比較も可能です。また、グループ会社のアイビーネットがローンのアレンジをしていることから、エリアおよび物件の選定からローンアレンジまでワンストップで相談可能です。

【関連記事】オープンハウス(アメリカ不動産投資)の評判・口コミ

3-2.ビヨンドボーダーズ

ビヨンドボーダーズは、マレーシアやカンボジアなど東南アジアを中心とした各国に事業展開している不動産投資会社です。セミナーで紹介している物件は、日系企業もしくは現地の大手デベロッパーが手がけている物件に限られます。

海外の不動産会社に関する情報を広範に収集するのは難しいため、デベロッパーの信頼性が担保された物件に限って国内から情報収集できるのは、大きなメリットと言えるでしょう。

また、ビヨンドボーダーズが開催するセミナーは、これから海外不動産投資を始めようとしている人向けのものから、すでに物件を保有している人向けのものまで幅広いニーズに対応しています。

【関連記事】ビヨンドボーダーズの評判・口コミ・セミナー

まとめ

海外不動産投資セミナーは、海外不動産投資に関する情報を効率的に集めたり、国や不動産会社を比較検討したりする際にメリットの多い手段と言えます。また、海外不動産投資で課題となるローンの調達についても情報収集できる可能性があります。

ただし、セミナーを受ける前には、投資目的や物件選定の基準を設定するなど準備も必要です。また、より有益な情報収集をするためには事前の準備をしておき、紹介している国に拠点を置いている不動産会社のセミナーを選ぶことも検討してみましょう。

The following two tabs change content below.
アバター

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チームは、不動産投資や金融知識が豊富なメンバーが不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」