戸建ての売却で無料査定を受ける方法は?査定前の注意点や準備も

不動産市場で一戸建て住宅を売却するには、適切な販売価格をつける必要があります。そのために受けるのが不動産会社の査定です。

この査定には「簡易査定」と「訪問査定」という2つの方法がありますので、それぞれの査定を受ける方法を細かく解説していきます。また査定を受ける前に注意したい点や準備についても紹介していきます。

目次

  1. 「簡易査定」と「訪問査定」の違い
  2. 一戸建て売却で無料の簡易査定を受ける方法
    2-1.簡易査定を受ける流れ
    2-2.簡易査定を受ける前の準備
    2-3.簡易査定を受ける際の注意点
  3. 一戸建て売却で無料の訪問査定を受ける方法
    3-1.訪問査定を受ける流れ
    3-2.訪問査定を受ける前の準備
    3-3.訪問査定を受ける際の注意点
  4. まとめ

1 「簡易査定」と「訪問査定」の違い

不動産を売却する際に不動産会社の査定を受けますが、実は2つの方法があります。それが簡易査定と訪問査定です。どのような違いがあるのか、見てみましょう。

  • 簡易査定(机上査定):物件の情報や類似の取引事例をもとに価格を算出
  • 訪問査定(現地査定):不動産会社の担当者が訪問して、物件の状態などを確認してから査定価格を算出

簡易査定と訪問査定について、それぞれのメリットとデメリットを下記の表にまとめましたので、参考にしてください。

査定の種類 メリット デメリット
簡易査定 ・手軽に行える
・一週間程度で算出することができる
・物件の欠陥や汚れが価格に反映されない
訪問査定 ・物件の欠陥なども確認できる
・査定担当者の対応力なども直接確認できる
・担当者が訪問するため、現地での対応が必要

通常は簡易査定を受けて、価格や担当者の反応などを加味して、訪問査定を受ける不動産会社を選ぶという流れになります。なお、簡易査定・訪問査定はどちらも必ず受けなければいけないというものではなく、都合に合わせてどちらかの査定で済ませることも可能です。

2 一戸建て売却で無料の簡易査定を受ける方法

簡易査定を受ける方法について解説していきます。

2-1 簡易査定を受ける流れ

簡易査定を受ける流れは、主に下記のようになります。

  1. インターネットなどで不動産会社を見つける
  2. 査定を依頼する
  3. 物件の情報を提供する
  4. 査定価格が知らされる

電話でやりとりをする場合とメールや問い合わせフォームなどでやりとりをする方法があります。不動産会社が対応できる方法、あるいはやりやすい方法で行いましょう。

ただし電話で物件の情報を提供する場合は、聞き間違いが起きる可能性があるため慎重に行いましょう。査定価格は通常、翌日〜5日後くらいに知らせてもらえます。

査定は複数の不動産会社に出してもらうと相場が分かりやすく、不動産会社を決める際にも役立ちます。このときに不動産査定一括サイトを活用すると便利です。

今回は国内大手5社のサイトを表にまとめました。ぜひ参考にしてください。

主な不動産一括査定サイト

サイト名 運営会社 特徴
すまいValue 不動産仲介大手6社による共同運営 査定は業界をリードする6社のみ。全国900店舗。利用者の96.3%が「安心感がある」と回答
SUUMO(スーモ)不動産売却 株式会社リクルート 大手から中小企業まで約2,000の店舗と提携。独自の審査基準で悪質な不動産会社を排除。60秒で入力が終了し、無料査定がスタートできる。
リガイド(RE-Guide) 株式会社ウェイブダッシュ 16年目の老舗サイト。登録会社数800社、最大10社から査定を受け取れる。収益物件情報を掲載する姉妹サイトも運営、他サイトと比べて投資用マンションや投資用アパートの売却に強みあり
LIFULL HOME’Sの不動産売却査定サービス 株式会社LIFULL 全国3694社以上の不動産会社に依頼できる。匿名での依頼も可能
HOME4U 株式会社NTTデータ スマートソーシング 全国1800社から6社まで依頼可能。独自審査で悪徳会社を排除

【関連記事】不動産査定会社・不動産売却サービスのまとめ・一覧

サイトによって異なりますが、通常は気になる不動産会社を選択して「物件種別」「築年数」「面積」「間取り」「所在地」「売主の氏名」などの情報を入力すると、不動産会社に情報が送られます。それをもとに各不動産会社で査定を行い、査定価格をつけて送られてくるという流れになります。

2-2 簡易査定を受ける前の準備

簡易査定を受ける際に準備するものは物件の情報です。正式な書類はなくても構いませんので、所在地、間取り、敷地面積および床面積、築年数などの情報をまとめておきましょう。

また不動産会社を選ぶには、下記の点を注意して選びましょう。

  • 地域の情報に詳しい
  • 一戸建ての売却に慣れている
  • 過去の実績に問題がない

2-3 簡易査定を受ける際の注意点

簡易査定をしてもらう不動産会社は適切に選ぶ

簡易査定は不動産会社の担当者が訪問するといったことがなく、電話やメールで済ませることができます。そのため、何社に依頼するのか悩みどころですが、少ない場合は価格にばらつきがあると相場が分かりにくく、多い場合は対応の手間がかかりすぎてしまうこともあります。

複数の不動産会社から電話やメールが届くことを考えると、5~6社程度が手間をかけずに査定価格を整理できる目安と言えるでしょう

不要な場合は営業の電話を事前に断っておく

通常、鑑定士が行う不動産鑑定でない場合、不動産会社による不動産査定は無料となります。無料であることから気軽に依頼できますが、不動産会社にしてみると契約につなげたい思いもあります。

このような背景があることから、申し込みフォームなどに電話番号を記入すると、営業のための電話がかかってくることも考えられます。このとき、営業のための電話が必要ない場合は、備考欄などに「電話には出られないことが多いため、査定価格の回答はメールにてお願いします」などと一言添えておくといいでしょう。

なお、前述した不動産一括査定サイトでは、連絡方法を電話・メールから選択することが可能です。しつこい営業電話がかかってくる場合にはサイト管理者へ連絡することで提携会社に警告が行われるなど、悪質な業者が排除される設計がなされています。

3 一戸建て売却で無料の訪問査定を受ける方法

これまで簡易査定について紹介しましたが、通常は、簡易査定で査定価格を提出してもらった後、より不動産市場の相場に近づいた価格を知るために訪問査定を受ける流れになります。この項目で、訪問査定について見ていきましょう。

3-1 訪問査定を受ける流れ

通常は、簡易査定で提出してもらった査定価格や、やりとりの中で感じた担当者の雰囲気などで訪問査定をしてもらう不動産会社を選んで依頼することになります。

  1. 簡易査定で提出してもらった査定価格を整理する
  2. やり取りでの雰囲気も合わせて不動産会社を選ぶ
  3. 電話かメールで訪問査定の依頼をする
  4. 訪問査定に訪れる日時を調整する
  5. 担当者が訪問して査定を行う
  6. 訪問査定の結果を知らせてくれる

⑤の訪問査定当日から、⑥の結果の提出までは1週間が目安です。査定に関する調査票などが提出され、その価格設定の根拠がリポートされています。担当者から電話などで直接説明を受けることもあります。

3-2 訪問査定を受ける前の準備

訪問査定を受けるには、物件に関する詳細な情報が必要です。下記の書類を手元に用意しておきましょう。

  • 身分証明書
  • 登記済権利書または登記識別情報
  • 固定資産税納税通知書
  • 間取り図
  • 購入時のパンフレット
  • 売買契約書
  • 重要事項説明書、など

また、一戸建ては土地も含まれますので、以下のことを確認しておくと査定はスムーズにいきます。

敷地境界線

隣家との境界を示す境界確定図や確定測量図があれば用意しておきましょう。また査定の際に聞かれてもすぐに答えられるように、境界線が確定しているのか、ご自身で境界杭を確認しておきます。

もし境界杭がない場合は、測量をし直すことになる可能性があります。その際の対応について、査定に訪れた不動産会社に相談してみるのもいいでしょう。

越境物

敷地境界線を超えてものが置かれていないか、確認しておきましょう。こちらから超えているものも、隣家から超えてきているものも、どちらもトラブルの原因になります。

売主としてみると長年の隣家との付き合いがあり、特に問題とは感じていないことがあります。しかし新しく住み始める買主にしてみると問題の種になります。特に庭木や雑草などが越境をしている場合は、できれば査定前に処理しておくようにしましょう。

3-3 訪問査定を受ける際の注意点

実際に不動産会社の担当者が訪問して細かくチェックしますので、清掃や整理整頓を行っておきましょう。一戸建ては外壁や屋根の状態、庭、駐車場、玄関前など敷地内のすべてが査定の対象になります。敷地内に不用品などが並んでいたり、雑草をそのままにしていると物件全体の印象が悪くなってしまうこともあるので、可能な限り整理しておきましょう。

必要以上に外壁を修繕したり、ホームクリーニングを行う必要はありませんが、査定を少しでも高くできるようにしておくための方法もあります。下記の記事でも詳しく解説しているため、あわせてご確認ください。

【関連記事】一戸建てを査定する手順や流れは?高く売るためのコツ・注意点も

まとめ

一戸建てを売却する際の査定の受け方について解説しました。簡易査定と訪問査定の2つの方法がありますので、混同しないようにしておきましょう。

不動産会社とコミュニケーションを取り、アドバイスをもらえるような良好な関係を構築することもスムーズな売却につながります。これらのポイントを確認し、査定前の準備を整えていきましょう。

The following two tabs change content below.
倉岡 明広

倉岡 明広

経済学部経済学科卒業後、出版社や編集プロダクション勤務などを経てフリーライターとして独立。雑誌や新聞、インターネットを中心に記事を執筆しています。初心者が抱く不動産投資の疑問や質問を解決できるよう丁寧な記事を執筆していきます。