【イベントレポート】第2回資産運用EXPOで3社を突撃インタビュー!

資産運用EXPO

2019年1月24日~26日の間、東京ビッグサイトで「資産運用EXPO」が開催されました。不動産、株式、保険、金(きん)などに関する最新情報が一堂に会するイベントで、第1回目より約60社増の190社が出展。各社の投資商品を比較・購入することができる日本最大級の展示会となりました。

充実した無料セミナーやコンサルティングもあり、会期中のセミナー数はなんと全部で96本。初心者から上級者までのニーズに応え、会場では出展者に相談も可能で、複数の企業とコミュニケーションしている来場者の姿が見られました。

HEDGE GUIDE編集部は、1月25日(金)の展示会を取材してきました!その中でお話をお伺いした、出展企業190社のうち3つの参加企業をご紹介します。

目次

  1. 【プロパティエージェント】 5分でできるシミュレーション
  2. 【ビヨンドボーダーズ】信頼できる業者さんを選ぶ
  3. 【CREAL】ホテルや老人ホームなどにも1万円から投資可能
  4. 編集後記

【プロパティエージェント】 5分でできるシミュレーション

まずお伺いしたのが、不動産の開発と販売、管理を手掛けるプロパティエージェント株式会社。主に、東京23区に集中して投資用マンションの開発と販売、そしてその後の賃貸管理、建物管理を行い、2018年12月時点で入居率99.74%を実現しています。昨年度7月には、東証1部銘柄にも指定されました。

5分でできるシミュレーション

今回、ブースでは「5分でできるシミュレーション」を行っており、お客様の年収や特性に合わせた個別相談を、担当者の方が丁寧にしている様子が見られました。

実際にブースにいらっしゃった事業統括部マーケティング課の西垣さんにお話をお伺いしたところ、来場者の中には不動産投資を行う上でのパートナーや物件を探しに来ている方が多く、期間中だけで6物件の契約が決まったそうです。

不動産投資をこれから始める方に向けてのメッセージとしては「不動産投資と一括りに言ってもその目的や運用方法は十人十色です。見かけだけの利回りに惑わされず、不動産投資の目的を明確にしてから会社探しをした上で、自分に合った不動産投資を意識してほしい」というお話をいただきました。

西垣さん

事業統括部マーケティング課 西垣さん

【ビヨンドボーダーズ】信頼できる業者さんを選ぶ

ビヨンドボーダーズ。社内には英語・中国語のネイティブスピーカーも在籍しており、マレーシア・カンボジアなどの東南アジアを中心として、海外不動産の購入時には物件選びから賃貸付け・管理・売却までワンストップで支援するサービスを提供しています。

ブースは終始相談者で賑わっており、これまで国内不動産投資を経験されてきた方が、海外不動産について興味を持ち、相談に訪れている様子でした。

ビヨンドボーダーズ

海外不動産事業部セールスチームの吉富さんは「数多くの海外不動産投資の業者さんがいる中で、信頼できる会社を選んで自身が納得のいく会社と進めてください」と、幅広い情報の中から安心して任せることのできる業者さん(パートナー)を見つけることの大切さをお話しされていました。

海外不動産事業部セールスチーム 吉富さん

【CREAL】ホテルや老人ホームなどにも1万円から投資可能

CREAL(クリアル)は、情報収集・資金調達などの不動産投資に関わる様々な障壁を簡略化し、1万円から手軽に大型不動産への投資を可能にする、不動産投資クラウドファンディングサービスです。

2018年12月に募集を開始した第1号案件「浅草ホテルファンド」(募集総額8.8億円)から第4号案件「スカイコート世田谷用賀第2」(同1368万円)など、高額物件から1千万円台まで調達を行っており、新たな不動産投資クラウドファンディングサービスとして注目されています。

クリアル

ブースには、これまでクラウドファンディングのサービスを知らなかった方々も集まっており、ブースで話を聞いて実際に会員登録をする方々の姿も多く見られました。

投資運用部シニアマネージャーの山中さんは、「CREALでは、インターネットを通じて安心安全のサービスを提供しています。個人ではなかなかできないようなホテルや老人ホームに投資ができる点が、他の不動産投資会社さんとの違いだと思います。」とおっしゃっていました。ワンルームマンションだけではなく、社会的な物件への投資に興味がある方は一度お話を聞いてみてはいかがでしょうか。

投資運用部シニアマネージャー 山中さん

編集後記

今回の第2回資産運用EXPOでは、190社もの会社を比較検討することができ、不動産、株式、保険、金(きん)などに関する最新情報を、1日で知ることができる大変有意義なイベントでした。

不動産投資を今までしたことがないという初心者の方も多かったので、気負いすることなく気軽に質問することができます。セミナー等も充実しているので、不動産投資初心者の方でも投資について学んだ後、実際に気になる会社さんのブースを複数回り、お話を聞くことができる流れは展示会ならではのメリットであると感じました。

次回、第3回資産運用EXPOは、2020年の1月23日 (木)〜25日(土)の3日間で開催予定です。なんと第2回から100社増の300社が出展予定と、さらなる盛り上がりが期待されます。これから投資を検討される方は、ぜひ参加を検討されてみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チームは、不動産投資や金融知識が豊富なメンバーが不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」