TAG アパート投資

投資・マネーコラム

不動産投資ローンの金利を低く借りるには?覚えておきたい融資の5つのポイント

直近数年で投資用マンションを始めとした不動産価格は高値圏を維持していますが、家賃収入は不動産価格ほど大きくは上昇しないため、不動産投資の利回りは低い水準にあります。利回りが低いにも関わらず、なぜ不動産投資のニーズがなくな…

マンション投資

「マンション投資 vs アパート投資」どちらに投資すべき?両者を徹底比較!

「ワンルームマンション投資にするべきか、アパート投資にするべきか…」、不動産投資を検討する方であれば一度は通る道ではないでしょうか? この記事では、それぞれの特徴やメリット・デメリットを比較した上で、投資目的に応じてどちらを選ぶべきかを解説していきます。

投資・マネーコラム

アパートの相続と生前贈与はどちらが良い?メリット・デメリットを比較

アパートの生前贈与と相続には、それぞれのメリット、デメリットがあります。アパートの譲り渡しを検討する際は、メリット、デメリットを踏まえた上で、それぞれの事情に合った適切な判断をしたいところです。本記事では、アパートの生前贈与と相続のメリットとデメリットを比較して解説し、選択の判断基準についても考えていきます。

シノケンの不動産投資セミナー

シノケンプロデュースの評判・口コミ

シノケンプロデュースは、投資用アパート・マンション販売戸数No.1(全国賃貸新聞・不動産経済研究所・2015年調べ)を誇るジャスダック上場企業「シノケングループ」の企業です。日本で初めて新築アパート経営において独占提携ローンを利用した有利な条件での不動産購入を可能にした会社でもあります。

国内不動産投資

不動産CF「ちょこっと不動産」10号・11号・12号ファンドを4/11同時発売

株式会社良栄は、不動産クラウドファンディング(CF)「ちょこっと不動産」で、10号・11号・12号の3ファンドを4⽉11⽇午後12時半から同時に発売する。いずれも東京都荒川区の借地権付新築分譲住宅を投資対象とするキャピタル型のファンドで、旧法借地権を取得後、戸建住宅を新築して売却し、分配と元本償還を行う。

マンション投資

公務員は不動産投資に向いている?副業の注意点も併せて解説

公務員の方には、副業が禁止されているために「不動産投資はできない」と誤解する方も多いのではないでしょうか。しかし実際には公務員こそ融資を受けやすいなどのメリットもあります。この記事では、不動産投資が公務員の方に適している理由や、副業に関するルール、不動産投資をできる条件、不動産投資を行う際の注意点などをご紹介します。

国内不動産投資

「ちょこっと不動産」サービス開始1周年記念ファンドを3月募集開始

株式会社良栄は、不動産クラウドファンディング(CF)「ちょこっと不動産」で今年3月8日、サービス開始1周年記念として、予定分配率を引き上げたファンド「ちょこっと不動産8号 江東区大島」、「ちょこっと不動産9号 杉並区下高井戸」を2本同時にリリースする。

国内不動産投資

「ちょこっと不動産」第7号ファンドは北区の借地権付新築分譲住宅。1月11日発売

株式会社良栄は、オンラインで1口1万円から始められる不動産クラウドファンディング(CF)「ちょこっと不動産」第7号ファンド(募集期間2022年1月11日~21日)の概要を公開した。「ちょこっと不動産7号 北区岸町」は第6号ファンドに続き、 借地権付新築分譲住宅を投資対象とし、旧法借地権を取得後、新築住宅を建築して売却する。

投資・マネーコラム

新築アパートの建築期間の目安は?アパートオーナーが準備すべきポイントも

アパート経営は建物を取得してからの運営や管理も重要なポイントとなります。建物の建築工程を把握し、近隣への挨拶や入居者募集といった準備を適切に行うことで、スムーズにアパート経営を始めることにつながります。そこで今回のコラムでは、アパートを新築する際の建築期間について解説していきます。またオーナーとして準備すべきポイントも紹介します。

国内不動産投資

「ちょこっと不動産」第5号ファンドは東京都瑞穂町の賃貸アパート。9月7日募集開始

1口1万円から始められる不動産クラウドファンディング(CF)「ちょこっと不動産」を運営する株式会社良栄は、第5号ファンド「ちょこっと不動産5号 駒形富士山」の概要を公開した。4号までは区分マンションや店舗を投資対象としていたが、同ファンドは初めて収益アパートを投資対象とする。今後は戸建住宅も投資対象としてファンドを組成していく予定という。