満足度の高いネット証券で楽天証券が初の総合1位に。オリコン顧客満足度調査

株式会社oricon ME(オリコンエムイー)は1月4日、「オリコン顧客満足度」でネット証券、iDeCo証券会社、FX取引についての満足度調査(調査対象企業46社、調査対象者数1万2116人)の結果を発表した。ネット証券部門では「楽天証券」が初の総合1位、「提供情報」「取引のしやすさ」の2項目でも1位に選ばれた。iDeCo証券会社では「マネックス証券」が2年連続の総合1位、初の全評価項目1位を獲得した。

ネット証券ランキングは過去3年に1回以上、インターネット経由で証券会社の投資商品の運用を行っている(運用商品の種類や運用商品数は問わない)全国の20~84歳までの利用者を対象に実施。 14回目の発表となる今回は、69.24点を獲得した楽天証券株式会社が前年の得点と順位(68.72点/3位)を上回り、初の総合1位になった。サービスを構成する8つの評価項目では「提供情報」「取引のしやすさ」の2項目でも1位。また、投資スタイル別「スイングトレード」「中・長期トレード」、運用商品別「国内株式」、そしてデバイス別の「PC」「スマートフォン」「アプリ」でもトップを独占。 なかでも「アプリ」は2019年から3年連続の1位となっている。

ネット証券の利用者4,044人にサービスの選定理由(複数回答)を聴取したところ「手数料の安さ」が最多の35.5%。以下「口座開設が簡単」が30.5%、「信用度」23.3%、「取引のしやすさ」が20.2%と続く。

その他の評価項目別ランキングでは、 総合2位の松井証券株式会社が「問い合わせ」「システムの安定性」の2項目、 総合3位の株式会社SBI証券が「取扱商品」、 総合4位の株式会社SBIネオトレード証券が「取引手数料」「資金管理」の2項目、 総合6位の岡三オンライン証券株式会社が「分析ツール」で、 それぞれ1位になった。

4回目となるレベル別ランキングでは松井証券が初の1位に選ばれた。レベル別「初心者」で獲得した70.90点は、前回1位のSBI証券の69.76点を上回り、同部門別ランキングの過去最高得点を更新した。

運用商品別ランキングでは、楽天証券が「国内株式」部門で初の1位。 また 投資信託(ETFを除く)の利用者を対象にした「投資信託」部門ではフィデリティ証券株式会社が3年連続の1位を守った。

前回から調査発表を開始したiDeCo証券会社ランキングは個人型確定拠出年金「イデコ」を取り扱っている証券会社で、 過去4年以内にイデコの運用を開始し、現在運用している(ただし、掛金の積立を停止している人は対象外)全国の20~59歳までの利用者2575人を対象とした。マネックス証券株式会社が2年連続で総合1位となり、前回の64.65点を上回る総合得点65.94点を獲得したほか、 今回初の全評価項目でも1位となった。「申込み手続き」「取扱商品」「提供情報」「サポート体制」「サイトの使いやすさ」といった項目で高く評価された。

【関連サイト】楽天証券
【関連サイト】マネックス証券
【関連記事】楽天証券の評判・口コミ
【関連記事】マネックス証券の評判・口コミ

※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定の企業・商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チームは、株式投資に関する知識が豊富なメンバーが株式投資の基礎知識から投資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」