マネックス証券、ウェルスマネジメントサービスへ本格参入

マネックス証券株式会社は富裕層向けの資産運用、不動産管理、投資管理などを総合的にサポートするウェルスマネジメントサービスを本格的に参入する。10月14日、社内に「PB事業部」を発足し、今月18日から提供を開始する体制となったことを公表した。

同社は独立系ファイナンシャルアドバイザー(IFA)を経由して、 対面コンサルティング営業を提供してきた。 幅広い商品ラインアップや商品組成・証券業務の能力を、オンライン経由だけでなく対面営業でも活用することで、幅広い要望に応える体制で、IFA経由の預かり資産も順調に成長している。これまでの実績を踏まえ、対面営業の中でも富裕層向けに「お客様の資産を守るウェルスマネジメント」サービスの提供に本格的に参入を決定したという。PB事業部は部長を外部から迎え入れ、プライベートバンキングの経験者で体制を作る。

ウェルスマネジメントサービスは外資系金融機関などが中心として提供されてきたが、同社は「日本国内でのサービス再編が繰り返され、安定的なサービスを求める声が強い」と指摘。要望に応えるかたちで、「お客様の資産を守るウェルスマネジメント」サービスの提供を強力に推進、 顧客本位の資産運用・資産管理を担っていくとしている。

【関連サイト】マネックス証券
【関連記事】マネックス証券の評判・口コミ

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 投資信託チーム

HEDGE GUIDE 編集部 投資信託チーム

HEDGE GUIDE 投資信託は、投資信託に関する国内外の最新ニュース、必要な基礎知識、投資信託選びのポイント、つみたてNISAやiDeCoなどの制度活用法、証券会社の選び方、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」