iYell、日本初「アメリカ住宅ローンテック業界 カオスマップ」を作成。米国進出を準備

住宅ローン関連サービスのiYell株式会社は5月10日、米国の住宅ローンの市場機会を明らかにするため、日本初となる住宅ローンテックの市場構造や独自性を多面的に分析した「アメリカ住宅ローンテック業界 カオスマップ」を作成したと発表した。

アメリカ住宅ローンテック業界 カオスマップ
カテゴリー定義

同社は「家を買いたいすべての人に最適な住宅ローンを提供する社会の実現」をビジョンに掲げ、国内最大級の住宅ローンメディア「住宅ローンの窓口オンライン」や住宅ローン手続き専用スマートフォンアプリ「いえーる ダンドリ」などのサービスを国内市場に展開している。

一方、米国は金融市場、住宅市場の市場規模が大きく、日本の約10倍の住宅ローン市場があり、住宅ローンテック(mortgagetech)の先進国でもあることから注目している。18年11月に、ニューヨークで1週間にわたり開催される世界最大の不動産テックイベント「NYC Real Estate Tech Week2018」に参加、自社のビジネスがアメリカの住宅ローン市場にどのような貢献できるか視察した。視察の結果を踏まえ、米国への進出に向け準備することを決定、現地の住宅ローン市場の調査や住宅ローンテック企業の調査を開始したという。

マップは米国の住宅ローンテック市場に参入している企業を調査し、網羅的に作成した。各企業のサービスを細かく分析し、「資金提供」「比較/斡旋」「業務支援」などカテゴリー分類を行っている。今後は米国の住宅ローンテック カオスマップの公開に止まらず、日本の住宅ローン市場をより良くするために、アメリカの住宅ローン(テック)市場に関する情報を、継続的に公表していく予定だ。

The following two tabs change content below.

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チームは、不動産投資や金融知識が豊富なメンバーが不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」