不動産一括査定サイトはどこがおすすめ?大手5社の特徴を比較

不動産一括査定サイトは、複数の不動産会社に効率良く査定を依頼できるため、スムーズな不動産売却につなげることができます。

しかし、各不動産一括査定サイトによって登録されている不動産会社や、サービスの特徴が大きく異なるため、それらの違いを把握した上で利用することが重要です。

この記事では、不動産一括査定サイトはどこがおすすめなのか、主要5社の特徴を比較します。

目次

  1. 不動産一括査定サイトの主要5社を比較
    1-3.最大10社に査定依頼が出せる「リガイド(RE-Guide)」
    1-2.大手不動産会社に査定を依頼できる「すまいValue」
    1-3.提携社数が多く中小まで広くカバーしている「LIFULL HOME’S」
    1-4.日本初の不動産一括査定サイトで実績も豊富「HOME4U」
    1-5.査定依頼数は業界トップクラス「イエウール」
  2. まとめ

1.不動産一括査定サイトの注目の5社を比較

不動産会社によって不動産売却における販売力や提案力、得意な物件の種類は異なります。希望の条件や価格、タイミングで不動産を売却するためには、より良いパートナーとなる不動産会社を探すことが大切です。

そのため、1社だけでなく複数社に不動産査定を依頼し、複数社の査定結果や査定の根拠を比較し、売却を依頼する不動産会社を慎重に検討する必要があります。

不動産一括査定サイトでは、物件情報を一度入力するだけでサイトに登録している複数の不動産会社の査定を受けられるため、手間と時間を省くことが可能です。

しかし、不動産一括査定サイトの数は多く、その中から自分に合う不動産一括査定サイトを見つける必要があります。不動産一括査定サイトを利用する際は以下の3つの点に注意が必要です。

  • 悪徳業者が登録しているサイトの利用は避ける
  • 査定額が高い場合、査定根拠を確認する
  • 登録社数が多いサイトを選ぶ

これらの注意点を踏まえて、運用実績が長く、登録者数が多い一括査定サイトとして注目の5社をピックアップすると以下の通りです。

サイト名 運営会社 特徴
リガイド(RE-Guide) 株式会社ウェイブダッシュ 2006年にサービスを開始。2020年で15年目を迎える。独自の審査で厳選した700社の優良不動産会社が掲載。収益物件情報を掲載する姉妹サイトを持ち、他サイトと比較して投資用不動産の売却に強みを持つ。
すまいValue 不動産仲介大手6社による共同運営 東急リバブルや住友不動産販売など不動産業界大手企業が運営する不動産査定サイト。全国870店舗。利用者は2020年1月で36万件を突破。
LIFULL HOME’Sの不動産売却査定サービス 株式会社LIFULL サービス利用者数は612万人を突破(2020年1月時点)。参加社数1,849社と、日本最大級の不動産・住宅情報サイト『HOME’S』の強みを生かしたサイトです
HOME4U 株式会社NTTデータ スマートソーシング 全国1300社の不動産会社を厳選。HOME4Uでは査定依頼をする際に、大手企業と地域密着型企業の両方への依頼を推進。
イエウール 株式会社Speee 全国1,600社が参加。「地方・地域密着」企業を多数掲載し、地域情報を交えたより詳細な情報から査定を追求。

それぞれの不動産一括査定サイトについて詳しく見ていきましょう。

1-1.最大10社から不動産査定が受けられる「リガイド(RE-Guide)」

リガイド(RE-Guide)リガイド(RE-Guide)は、他社サイトより1回で依頼できる最大査定依頼数が多いというメリットがある不動産一括査定サイトです。

メリット デメリット
老舗サイトで査定精度が高い 不動産会社とのやり取りが負担になることも
最大10社に査定依頼できる

2006年にSBI不動産一括査定としてサービスを開始してから14年目の実績を誇る老舗の不動産一括査定サイトです。査定時の入力項目が他社サイトよりも多いですが、査定精度が高いため、査定結果と実際の売却価格の乖離を抑えられるというメリットがあります。

1回の査定依頼で最大10社の査定を受けられるため、それらの不動産会社にヒアリングを慎重に行っていけば、より自分の目的に合った不動産会社を見つけやすいと言えます。

ただし、10社に査定依頼が出せるということは、査定依頼を出した数だけ不動産会社とやり取りをしなければならない点がデメリットとなります。営業担当者とのコミュニケーションの手間を含めて、しっかり検討をすると良いでしょう。

1-2.大手不動産会社に査定を依頼できる「すまいValue」

不動産一括査定サイト「すまいValue」すまいValueは、大手に特化している不動産一括査定サイトです。

メリット デメリット
大手6社の査定を受けられる 地域密着型の不動産会社に依頼できない
利用者満足度が高い
売出中の物件の価格を確認できる

すまいValueと提携しているのは、不動産業界をリードしている三井のリハウス、野村の仲介PLUS、東急リバブル、住友不動産販売、小田急不動産、三菱地所ハウスネットの6社です。大手の不動産会社に絞って査定を依頼できるのが魅力と言えるでしょう。

また、6社で実際に売却した方に向けて行われたアンケートでは、96.7%が「トラブルなく安心・安全に取引できた」と回答(※2016年8月実施)しており、初めて一括査定サイトを利用する方も安心して利用できます。

すまいValueは売り出し中の物件価格をエリア・間取り・専有面積ごとに確認できるため、査定結果を得る前におおよその価格を知ることができるのが魅力です。

しかし、査定を依頼できるのが大手6社に限定されており、地域密着型の不動産会社には査定を依頼できない点には注意が必要です。

1-3.提携社数が多く中小まで広くカバーしている「LIFULL HOME’S」

LIFULL HOME'Sの不動産売却査定サービスLIFULL HOME’Sは、国内最大級の不動産ポータルサイトが運営している不動産一括査定サイトで、提携社数の多さが魅力です。

メリット デメリット
東証一部上場企業なので信頼度が高い 提携会社に大手不動産仲介会社は少ない
登録不動産会社数は1800社以上

LIFULL HOME’Sは東証一部の上場企業で、個人情報保護に関するISMSを取得しているため、査定を依頼した不動産会社以外に個人情報が漏えいされるリスクは非常に低いと言えるでしょう。

LIFULL HOME’Sの提携社数は、全国1,844社(2020年5月時点)です。大手だけでなく地域密着型の不動産会社とも提携しているため、全国各地から幅広く査定を受けることが可能です。

提携社数が多い一方で、提携会社の割合として大手不動産会社よりも地域密着型の不動産会社の数が多くなります。大手不動産会社の査定を優先したい場合にはすまいvalueと並行して利用すると良いでしょう。

1-4.日本初の不動産一括査定サイトで実績も豊富「HOME4U」

HOME4Uは、日本初の不動産一括査定サイトで、他社サイトよりも実績豊富なのが大きな強みです。

メリット デメリット
NTTデータグループが提供している 提携社数が他社よりも少ない
日本初の一括査定サービス
悪徳会社の排除と個人情報の保護に注力

HOME4Uは、NTTデータグループが運用しており、2001年にサービスを開始してから、19年の実績を持つ日本初の不動産一括査定サイトです。

提携する不動産会社を厳選しているほか、提携後も常にパトロールを行って悪質な不動産会社を排除しており、トラブルに巻き込まれる可能性は低いと言えます。

また、HOME4Uはプライバシーマークと呼ばれる個人情報の適切な保護処置を講じている会社だけが認められるマークを取得しており、個人情報の漏洩に不安を抱いている人でも利用しやすい点もメリットと言えます。

一方で提携条件を厳しく設定している反面、HOME4Uの提携社数は約1300社となっています。他社サイトよりも提携社数がやや少ない点は、デメリットと言えるでしょう。

1-5.査定依頼数は業界トップクラス「イエウール」

イエウールは、査定依頼数で業界1位を獲得した実績を持つ不動産一括査定サイトです。

メリット デメリット
登録不動産会社数は1600社以上 提携会社数が多いため、不動産会社選びは慎重に行う必要がある
査定依頼数が業界トップ(2018年7月時点)
悪徳企業の排除に注力

イエウールと提携しているのは、地方を含む全国1,600社以上の不動産会社。47都道府県1,805市区町村の査定に対応しており、全国各地幅広く査定を受けることが可能です。

東京商工リサーチが2018年7月に行った調査結果では、査定依頼数が月間1万人超と業界トップとなっており、それだけ多くの人に利用されているサイトであることが分かります。

ただし、多くの不動産会社へアプローチできる反面、不動産会社選びは慎重に行うことが重要と言えるでしょう。

また、イエウールでは評判の悪い会社やクレームが多い会社は排除する方針をとっていますが、自身でも厳しく不動産会社を見極めることが大切です。

2.まとめ

不動産一括査定サイトは、複数の不動産会社に効率良く査定を依頼できます。しかし、不動産一括査定サイトの数は多く、登録されている不動産会社は異なるため、その中から自分の目的に合ったサイトを利用することが大切です。

この記事では、多数ある不動産一括査定サイトの中から代表的な5社をピックアップして、それぞれの特徴をまとめました。

不動産一括査定サイトの特徴をそれぞれ比較し、登録するサイトを選んでみて下さい。

The following two tabs change content below.
矢野翔一

矢野翔一

関西学院大学法学部法律学科卒。宅地建物取引士、管理業務主任者、2級FP技能士(AFP)などの保有資格を活かしながら、有限会社アローフィールド代表取締役社長として学習塾、不動産投資を行う。HEDGE GUIDEでは不動産投資記事を主に担当しています。専門用語や法律が多く難しいジャンルですが分かりやすくお伝えしていきます。