CATEGORY ソーシャルレンディングコラム

投資・マネーコラム

ソーシャルレンディングの入金手数料・出金手数料を節約するには?

ソーシャルレンディングで投資を行うときに意外とバカにならないのが、入金手数料や出金手数料などの入出金に伴う出費です。特に分散投資をしようと思うと、複数のソーシャルレンディング会社を利用することになり、その分だけ入出金の手数料がかかってしまいます。

投資・マネーコラム

未成年者の口座開設が可能なソーシャルレンディング会社、そのメリットは?

2018年7月時点、日本にはソーシャルレンディングを取扱う会社が20社以上ありますが、その中でクラウドバンクのみ未成年者の口座開設が可能となっています。この特徴を活かせば、ソーシャルレンディング投資を賢く活用して行うことができます。では具体的にどのように投資して行けば良いのでしょうか。

投資・マネーコラム

ソーシャルレンディングの運用実績公開!利回りや運用期間、手数料は?

ソーシャルレンディングの利用を考える場合、どのように投資を行うのか、具体的なイメージは掴んでおきたいのではないでしょうか。そこで今回は、キャプチャー画像を用いて、実際に案件へ投資を行うまでの流れをご紹介したいと思います。この記事を読むことで、ソーシャルレンディング未経験の方も、投資のハードルは高くないことがわかるはずです。

投資・マネーコラム

何が違う?不動産投資型クラウドファンディングとソーシャルレンディング

最近注目されている投資手法の一つに、不動産投資型クラウドファンディングがあります。不動産投資型クラウドファンディングは、融資型(貸付型)クラウドファンディングのソーシャルレンディングと似た性質を持っているため、不動産投資型クラウドファンディングとソーシャルレンディングの両方に興味を持っている方も多いのではないでしょうか?

投資・マネーコラム

ソーシャルレンディングの長期運用と短期運用、実質の利回りはいくら違う?

ソーシャルレンディングでの投資の際、案件の運用期間に注目することはとても重要です。運用期間1年の案件に投資すると、分配金が毎月振り込まれる代わりに1年もしくはそれ以上の期間、お金を自由に引き出すことができません。

投資・マネーコラム

利回りだけじゃない?ユニークな特典のあるソーシャルレンディング会社5選

ソーシャルレンディング会社の中には、キャッシュバックや投資家優待などのサービスを行っている会社があります。ソーシャルレンディング会社としては、投資家の会員登録の促進や他社との差別化のためにそういったサービスを提供しているのです。

投資・マネーコラム

行政処分を受けたソーシャルレンディング会社に共通していた点とは?

2017年・2018年にみんなのクレジット、そしてラッキーバンクというソーシャルレンディング会社が金融庁から行政処分を受けました。この2社は行政処分を受けた後、案件の募集を停止しており、その後募集再開の見込みが2018年5月時点で立っていません。

投資・マネーコラム

本当に信頼できるソーシャルレンディング会社の選び方

2018年3月にラッキーバンクに行政処分が下されるなど、証券会社や銀行などに比べるとソーシャルレンディング会社の運営体制やコンプライアンスにはまだまだ課題がある状況です。投資家としては、どの会社のソーシャルレンディング案件に投資すればいいのか慎重に考える必要があるといえるでしょう。

投資・マネーコラム

ソーシャルレンディングでセミリタイアをするなら自己資金はいくら必要?

誰もが一度は夢を見るセミリタイア。そのセミリタイアをソーシャルレンディングで実現する場合、資金がどのくらい必要なのか、そもそも実現が可能なのか、いろいろと気になりませんか?今回はソーシャルレンディングにおけるセミリタイアについて、わかりやすくまとめました。