CATEGORY ソーシャルレンディングコラム

マンション投資

不動産クラウドファンディング「任意組合型」の無限責任のリスクとは?

個人投資家を中心に不動産クラウドファンディングでの不動産投資を検討する人は少なくありません。ファンド投資を活用することで、現物での不動産投資よりも少額の資金で投資にチャレンジできます。1口当たりの投資額が少なく済むため、分散投資がしやすいというのも特徴です。不動産クラウドファンディングには主に3つの種類がありますが、そのうち最も本来の不動産投資に近いのが「任意組合型」となります。この記事では不動産投資クラウドファンディングの中の、任意組合型のリスクやメリットについて紹介します。

株式投資コラム

クリアル(2998)2023年3月期決算で前年比+55.3%大幅増収、今後の見通しは?

不動産クラウドファンディング事業を主とした株式会社クリアルの2023年3月期決算は、年同期比55.3%増と大幅な増収増益でした。同社は同年1月末にSBIホールディングスとの資本業務提携を発表。SBIホールディングスとの業務提携は、クリアルにとっては販路の拡大等が期待されるため、売上高の増加が期待されます。今回は、クリアルの今後の業績見通しや懸念材料などについて解説します。

マンション投資

property+(プロパティプラス)の運用実績は?2021年~2023年4月末までの募集ファンドを検証

property+(プロパティプラス)は、少額から不動産投資ができる不動産投資型クラウドファンディングです。本記事では、プロパティプラスが発足した2021年から2023年4月末までの募集ファンドの状況や運動実績などを検証していきます。プロパティプラスで投資を検討されている方、投資判断の参考情報を探されていた方はご参考ください。

ソーシャルレンディングコラム

COMMOSUS(コモサス)の投資案件の特徴は?リスクや注意点も

「COMMOSUS(コモサス)」は、かつて「CAMPFIRE Owners」として提供されていた融資型クラウドファンディングです。不動産を始めさまざまな事業に少額から投資ができる投資サービスとして、投資家からの注目されています。今回はCOMMOSUSの投資案件の特徴について紹介します。

ソーシャルレンディングコラム

CREAL(クリアル)の利回りは?元本割れ・早期償還などのリスクも検証

CREALは、東証グロース市場上場企業である、クリアル株式会社が運営する不動産クラウドファンディングサービスです。2018年12月のサービス開始以降、募集実績は315億円を突破しています。屈指の募集実績を持つ不動産クラウドファンディングサービスですが、ファンドの利回りや元本割れ、早期償還といったCREALの実績を振り返ってみましょう。

投資・マネーコラム

COMMOSUS(コモサス)の人気ファンド「COZUCHI FUND」の特徴は?仕組みやリスクも

融資型クラウドファンディングCOMMOSUS(コモサス)では、不動産クラウドファンディングCOZUCHI(コヅチ)と協働した「COZUCHI FUND」という特徴あるファンドを提供しています。本記事では、コモサスのCOZUCHI FUNDの特徴やその仕組み、投資する際に注意しておきたいリスクなどをお伝えしていきます。

ソーシャルレンディングコラム

COMMOSUS(コモサス)の評判・口コミは?メリット・デメリットや注意点も

COMMOSUS(コモサス)は、旧CAMPFIRE Ownersから名称変更した融資型クラウドファンディングサービスです。2022年8月にCAMPFIREグループからマネジメントバイアウト(MBO)し、事業用地ファンドや外貨両替事業など、様々な大規模ファンドを組成しています。本記事では、COMMOSUS(コモサス)の評判や口コミまた利用する際のメリット・デメリットと特徴について解説していきます。投資を検討されている方はご参考ください。

投資・マネーコラム

抽選式の募集がある不動産クラウドファンディングは?9社を比較

不動産クラウドファンディングを提供するサービスでは、ファンドの募集方法に大きく分けて抽選式と先着式の二つを採用しています。今回は、抽選式のサービスを中心に投資したい方向けに抽選式の募集を行っている投資サービスとその特徴をお伝えしていきます。

ソーシャルレンディングコラム

Funds(ファンズ)で優待・特典を受ける方法は?5つの事例や投資の注意点も

「Funds(ファンズ)」は、上場企業や有名企業など融資先を絞った投資型クラウドファンディングサービスです。1円単位の少額から投資をすることができ、2023年4月までに350億円以上の融資実績がありますが過去に損失を出したこともなく、債券投資に代わるサービスとして個人投資家の間で期待されています。そこで本記事ではFundsのこれまでの実績から優待や特典を受ける方法と、投資する際の注意点についてお伝えします。

投資・マネーコラム

不動産クラウドファンディングの「マスターリース」の仕組みは?導入しているサービスも

不動産クラウドファンディングでは、投資家への分配金の一定性を確保するために収益用の不動産をマスターリース契約によって運営しているファンドが多く見受けられます。そこで本記事では、マスターリースの仕組みはどのようなものなのか、またマスターリースを導入しているサービスについて詳しく解説していきます。

投資・マネーコラム

CREAL(クリアル)の投資で注意したいリーシングリスクとは?対策の事例も

不動産クラウドファンディングサービスのCREAL(クリアル)は、2018年12月のサービス開始以降4年間半近いサービス運営歴があります。2023年4月時点の募集実績は件数が約80件、金額は累計で250億円を突破しています。CREALでの実際のリーシングリスク対策の事例を見て、どんなリーシングリスクがあるのかを確認していきましょう。

投資・マネーコラム

「人や事業の価値を上げるための資金を供給する」「海外の成長を日本の投資家に還元できる金融機関を目指す」バンカーズ澁谷氏インタビュー

物価高が進む中で資産運用の重要性が一段と高まっています。2022年11月4日に金融庁が公表した「NISA口座の利用状況調査」によれば、つみたてNISAの口座数は2022年6月末時点で638万超、直近1年でつみたてNISA…

ソーシャルレンディングコラム

インフレ期に不動産クラウドファンディングを始めるメリット・デメリットは?

物価が上昇しているインフレ期は相対的に紙幣の価値が低下するため、長期的にインフレが継続することが予想されるのであれば、投資を始めるチャンスであるという見方もあります。そこで今回はインフレ期に不動産クラウドファンディング投資を始めるメリットやデメリット、またキャピタルゲイン型の不動産クラウドファンディングサービス3社について紹介します。

マンション投資

インバウンド需要の回復が東京の不動産投資に与える影響は?データから検証

コロナ禍において一時は外国人の受け入れが停止するなど厳しい環境が続いていましたが、2022年秋口に水際対策を大きく緩和してからは、インバウンド需要が急回復に向かっています。2025年までに入国者ベースでコロナ前の水準を取り戻すという目標に向かって、今後もインバウンド需要が拡大する見込みです。こうしたインバウンド需要は東京の不動産に対して好影響を与えると期待されています。観光地や宿泊施設、商業施設などが直接恩恵を受けるほか、住宅・オフィス市況全体で見ても追い風となると想定されます。今回の記事ではインバウンド需要の不動産投資に対する影響についてまとめました。

ソーシャルレンディングコラム

少子高齢化で注目される「サ高住ファンド」の仕組みは?投資のメリット・デメリットも

不動産クラウドファンディングのメリットの一つには、投資規模が大きく個人投資家が投資しづらい物件にも少額資金から投資できるという点があります。高齢化社会でニーズが増えているサ高住サービスを提供するファンドも、注目度の高い投資案件の一つです。今回はサ高住ファンドの仕組みや、サ高住ファンドに投資する際のメリットやデメリットをお伝えしていきます。

投資・マネーコラム

インバウンド・観光に強い不動産クラウドファンディングは?4社紹介

2023年3月時点、新型コロナウイルスの感染症法上の扱いが5類への変更されることが決定するなど、コロナ禍は日本国内でも落ち着きを見せています。海外からの観光客も増えている昨今、再び観光業やインバウンド関係の産業へ注目されている方も多いでしょう。今回は、観光やインバウンドに関するファンドを扱う不動産クラウドファンディング4サービスを紹介します。インバウンド・観光関連の投資先を探されている方、興味を持っている方はご参考ください。

ソーシャルレンディングコラム

不動産売却後に税務署からお尋ね書が来たらどう対応する?確定申告の必要・不要も解説

不動産を売却すると、税務当局から「お尋ね書」が届く場合があります。税務当局からこのような書類を受け取ることは初めてで戸惑う方も多いでしょう。この記事では、不動産売却でお尋ね書が届いた場合の対処法、譲渡所得税の確定申告の必要・不要について解説します。

投資・マネーコラム

COZUCHI(コヅチ)の源泉所得税が還付される条件は?確定申告の手順も

COZUCHI(コヅチ)で分配金を受け取った場合、その源泉所得税を還付してもらうにはどのようにすればよいのでしょうか。還付申告は、通常の確定申告と受付期間が異なるため、確定申告の期限を過ぎてしまった場合でも申告手続きをして納め過ぎた所得税の還付を受けることを検討しましょう。この記事では、COZUCHI(コヅチ)で源泉所得税を還付してもらう方法と、確定申告の手順について解説していきます。