CATEGORY ソーシャルレンディングコラム

投資・マネーコラム

ソーシャルレンディングの返済遅延リスク、その会社が大丈夫か確認するには?

ソーシャルレンディングでは、2017年頃からいくつかの会社で返済遅延のトラブルが相次ぎ、返済遅延へのリスクが浮き彫りになりはじめました。ただ「安全な会社を見分けるべき」と考えたとき、その方法にピンとこないことが多いのではないでしょうか。この記事では、運営会社が大丈夫かどうかを確認する方法をご紹介します。

投資・マネーコラム

ソーシャルレンディングの不動産案件を選ぶ際に見るべき3つのポイント

ソーシャルレンディングは、他の投資と比較して高い利回りを得ることができる投資手法として人気があります。一方で融資先の貸倒れのリスクも考えなければいけません。ソーシャルレンディング案件で多いものの一つに不動産事業者向け融資の案件があります。こうした不動産案件に投資するときのリスク対策として確認すべきポイントを解説します。

投資・マネーコラム

ソーシャルレンディングでノンリコース案件に投資するときの注意点

ソーシャルレンディング投資をするためには、融資に際して設定された条件をよく知り、リスク対策を図る必要があります。融資にあたってリコースローンおよびノンリコースローンで融資の責任範囲に違いが設けられるケースが見られます。そこでノンリコースローンが意味する条件とは一体どのようなものなのか、事例をもとに確認していきます。

投資・マネーコラム

初心者に向いている会社は?主要なソーシャルレンディング会社を徹底比較!

ソーシャルレンディングは、初心者でも比較的はじめやすい投資ジャンルです。ただ、最初の会社(事業者)選びをきちんと行わないと、投資した大切なお金を失うリスクが高まります。そこで、この記事では、初心者が利用すべきソーシャルレンディング会社をご紹介したいと思います。

投資・マネーコラム

ソーシャルレンディング、長期と短期どちらが良い?メリットとデメリットを解説

ソーシャルレンディングの投資案件には、短いものでは数ヶ月から6ヶ月以内、あるいは1年以上や中には2~3年といった長期の案件もあります。投資初心者の方がソーシャルレンディング投資を始めるときに、長期運用の案件を選ぶべきか、それとも短期運用の案件を選ぶべきかを考えるため、それぞれのメリットとデメリットを見ていきます。

投資・マネーコラム

クラウドクレジット社長著書『さらば銀行 第3の金融が変えるお金の未来』を読む

クラウドクレジット株式会社・代表取締役社長の杉山智行氏が、『さらば銀行 第三の金融が変えるお金の未来』という本を講談社から出版しました。この記事では杉山社長の金融業界およびクラウドクレジットにかける想い、そして、ソーシャルレンディング業界の今後についての提言をご紹介します。社長ご本人にいただいたコメントも掲載しています。

投資・マネーコラム

LENDEXが融資先を公開開始。㈱東京不動産「中国ではソーシャルレンディングによる資金調達は一般的。日本でもLENDEXさんに是非力をお借りしたい」

LENDEXでは金融庁による融資先の匿名解除の方針を受け、融資先となる不動産会社に情報公開の協力を要請しています。この度中国系の不動産会社である株式会社東京不動産から、融資先情報公開についての承諾をいただき、東京不動産の融資案件について、融資先の名称などの情報を案件情報に掲載していきたいと考えております。

投資・マネーコラム

ソーシャルレンディングのリスクを測れるメザニンローンとシニアローンとは

ソーシャルレンディングの担保や融資の項目で、メザニンローン・シニアローンなどの用語が出てくることがあります。案件で貸倒れが起きたときに、融資の内容がシニアかメザニンかで投資金の回収の可否が変わることもあります。そこで、メザニンローンとシニアローンの違いを理解し、より安全性の高い案件を見抜くためのポイントをお伝えします。

投資・マネーコラム

ソーシャルレンディングのリスクヘッジに重要な不動産担保のLTVとは

ソーシャルレンディングで投資案件を選ぶ際には、貸し倒れが発生した時の保証内容をよく見ておくことも重要です。不動産を担保とする案件も多いですが、貸付額以上の評価が付いたものでないと、貸し倒れが起きたときに資金を満足に回収できない可能性があります。この記事で『LTV』という用語の意味を学び、担保の安全性を確認しましょう。

投資・マネーコラム

会社員でもエンジェル投資ができる!株式投資型クラウドファンディング「ファンディーノ」の目指す世界

「IPOに何度も応募しているけど当選しない」「応援している企業やこれから成長しそうな企業があるのに、上場されていないので株式が購入できない」という悩みを解決するサービスとして注目を集めているのが国内初の株式投資型クラウドファンディング「ファンディーノ」です。

投資・マネーコラム

ソーシャルレンディング業界の分岐点!金融庁指導に対する各社の情報開示方針

3月18日、金融庁はソーシャルレンディング各社に対して、情報開示における方針の発表を行いました。ソーシャルレンディングでは融資先の事業者情報が公開されていませんでしたが、今後は融資先の事業者名を中心に情報公開を求めていく方向です。金融庁の発表を受けて、ソーシャルレンディング各社はどのような対応を取っているのでしょうか。

投資・マネーコラム

ソーシャルレンディング「クラウドバンク」横浜市と協定締結の背景は?

日本クラウド証券株式会社が運営しているソーシャルレンディングサイト、クラウドバンクでは、3月20日に神奈川県横浜市と協定を結び、クラウドファンディング業者としてサービスの提供を行っていくことを発表しました。その協定の内容をクラウドバンクに確認し、ソーシャルレンディング投資に与える影響を考えてみました。

投資・マネーコラム

入金手数料が無料!SBIソーシャルレンディングのクイック入金サービスとは

国内のソーシャルレンディング業界において2番手に位置し、maneoに次ぐ運用実績を誇るソーシャルレンディング事業者がSBIソーシャルレンディングです。ここでは、SBIグループの一社として投資家から支持を集めるSBIソーシャルレンディングが業界で初めて導入した「クイック入金サービス」の内容と、利用方法を見ていきます。

投資・マネーコラム

ソーシャルレンディングとは?投資の仕組みやメリット、事業者等を解説

ソーシャルレンディングは近年注目を浴びている投資手法の一つです。ここではそのソーシャルレンディングに関する基礎的な知識として、投資前に知っておきたいソーシャルレンディングの特徴やリスクなどをお伝えしていきます。ソーシャルレンディングに興味のある方、これから投資を始めてみようと思う方はぜひ参考にしてください。

投資・マネーコラム

主婦(主夫)名義でソーシャルレンディング運用を行う4つのメリット

日本の税制において、全ての国民には基礎控除額という一定の枠が用意されており、所得の一部が課税されません。ソーシャルレンディング投資では、その控除枠をうまく活用することで手取り収入を増やすことができます。そうした控除の仕組みを有効活用しやすい例として、専業主婦(主夫)の方によるソーシャルレンディング投資を検証します。

投資・マネーコラム

今だからこそ考えたい、ソーシャルレンディングの投資リスクを回避する5つの方法

ソーシャルレンディング各社が行政処分を受けている今、投資家は自身のリスクヘッジ方法を今一度見直す機会にあると考えた方が良いでしょう。ここではソーシャルレンディングにおける投資リスクを回避するため、いくつかのチェック方法を挙げていきます。投資前に一つずつ確認し、リスクヘッジについて考えてみましょう。

投資・マネーコラム

ソーシャルレンディングの分散投資に活用できる3つの投資分野を紹介

ソーシャルレンディングでは貸し倒れや返済遅延が発生することから、投資家としては投資案件を慎重に選ばなくてはいけません。不動産担保付きの案件を選ぶことや分散投資もリスク対策には必要です。この記事ではソーシャルレンディングにおける特徴的な3つの投資分野をご紹介します。分散投資でリスクを下げるためのご参考にしてください。

投資・マネーコラム

沖縄発ソーシャルレンディング「ポケットファンディング」特徴やリスクは?

2019年3月現在、案件を継続的に提供しているソーシャルレンディング会社は10社程度です。また自社でソーシャルレンディングを運営している会社はそう多くありませんが、その一つに沖縄県を地盤にするポケットファンディングがあります。ここでは、ポケットファンディングの特徴やメリット、リスクをチェックしていきます。

投資・マネーコラム

空き家とマンションに小口投資できる「FANTAS funding」の特徴とリスク

2018年11月から不動産投資型クラウドファンディングサービスを提供しているFANTAS funding。リノベーションした空き家を投資対象とするなど、特徴的なこのサービスに投資を検討している方も多いかもしれません。そこで、FANTAS fundingに投資するメリットやリスクなど、その特徴を取り上げてみました。

投資・マネーコラム

知っておきたいソーシャルレンディングと投資信託のメリット・デメリット

ソーシャルレンディングと比較されることが多い投資手法の一つに、投資信託があります。ソーシャルレンディングは金利による収入、投資信託はプロの資産運用による運用益が狙えるシステムとなっています。今回は、それぞれの投資手法におけるメリットとデメリットを比較してみました。