CATEGORY ソーシャルレンディングコラム

ソーシャルレンディングコラム

不動産クラウドファンディング協会の正会員は?各社サービスの特徴も紹介

2023年8月30日、不動産クラウドファンディング業界の発展・拡大に寄与する団体として、一般社団法人不動産クラウドファンディング協会が設立されました。今回は不動産クラウドファンディング協会の概要や、協会に加盟する正会員企業とサービスの特徴について紹介します。

ソーシャルレンディングコラム

貸付型クラウドファンディングの仕組みは?投資のメリット・デメリットも

貸付型クラウドファンディング(=ソーシャルレンディング)とは、投資家が事業者を通じて企業に融資をする投資方法です。今回は、貸付型クラウドファンディングの特徴や仕組みについて解説します。また、貸付型クラウドファンディングを活用して投資する際のメリット・デメリットも紹介するので、参考にしてください。

不動産投資型クラウドファンディング「COZUCHI(コヅチ)」投資・マネーコラム

COZUCHI(コヅチ)の評判は?利回り実績やメリット・デメリットも

不動産投資型クラウドファンディング「COZUCHI(コヅチ)」は、厳選された物件に1口1万円から投資可能なほか、優先劣後方式の採用によりリスクを抑えつつ、途中解約も可能な投資サービスです。そこでこの記事ではCOZUCHIの特徴、メリット・デメリット・評判、始める方法について詳しく解説します。

投資・マネーコラム

オーナーズブックの評判は?メリット・デメリットや始め方も

ソーシャルレンディングが新しい投資方法として注目されています。株式投資やFXと比べてリスクは小さく、また、不動産投資と比べて大きな元手を必要としないのが特徴です。そこでこの記事では、ソーシャルレンディングの中でも不動産に特化した「オーナーズブック」の特徴やメリット・デメリット、評判について詳しくご紹介します。

投資・マネーコラム

不動産クラウドファンディングのトラブル事例とは?確認したい4つのポイントも

少額で不動産へ投資できる不動産クラウドファンディングも、初心者の方でも従来より不動産投資を始めやすいという側面から人気の高い投資サービスとなっています。そこで本記事では、不動産クラウドファンディングに関連した過去のトラブル事例から検証し、不動産クラウドファンディングを始める際に確認したい4つのポイントについてご紹介していきます。

ソーシャルレンディングコラム

オーナーズブックの「はじめて枠」を効果的に活用する方法は?初心者向けに解説

オーナーズブック(Ownersbook)は、ロードスターキャピタル株式会社が運営する融資型クラウドファンディングです。オーナーズブックは東証プライム上場企業が運営する融資型クラウドファンディングとして多くの投資家が利用しており、そのサイト運営歴は約10年、これまでの募集実績は300億円を突破しています。そのオーナーズブックでは、融資型クラウドファンディング投資初心者のために、「はじめて枠」の導入を新たに開始しました。本記事では、そのはじめて枠を効果的に活用するための方法について、お伝えしていきます。

ソーシャルレンディングコラム

CREAL(クリアル)と連携できる便利なサービスは?会計アプリ・ポイント・銀行口座も

不動産クラウドファンディングのCREAL(クリアル)では、他の様々なサービスと連携しています。自身が普段利用しているサービスと組み合わせることで、より便利に活用できたり、ポイントを獲得できるメリットがあります。本記事では、CREALが連携しているサービスの種類と概要について解説していきます。

ソーシャルレンディングコラム

プロパティプラスに元本割れはある?リスク対策の仕組みや分散投資のコツも

property+(プロパティプラス)は、国内大手の不動産会社である飯田グループホールディングスの子会社である株式会社リビングコーポレーションが運営する不動産クラウドファンディングです。プロパティプラスはマンションを扱うファンドで着実に実績を積み重ねており、2023年9月時点の募集件数は26件となっています。プロパティプラスのこれまでの運用実績を見ながら、元本割れの状況や投資する際のリスク対策を見ていきましょう。

投資・マネーコラム

不動産クラウドファンディングの事業者が倒産したらどうなる?リスク回避のポイントも

不動産クラウドファンディングに投資する際のリスクの一つに、運営会社の倒産リスクがあります。本記事では、不動産クラウドファンディングの運営会社の倒産時のリスク、またリスク回避のポイントについてお伝えしていきます。

ソーシャルレンディングコラム

三井物産「ALTERNA(オルタナ)」のメリット・デメリットは?仕組みやREITとの比較も

三井物産のグループ会社である三井物産デジタル・アセットマネジメントが提供する「ALTERNA(オルタナ)」は、1口10万円程度の少額からさまざまな不動産へのオルタナティブ投資ができるサービスです。この記事ではALTERNAの特徴について、REITなど他の不動産投資の手法とも比較しながら紹介します。

投資・マネーコラム

不特法1・2・3・4号の違いは?各スキームのメリットと主な事業者も

不動産クラウドファンディングの投資サービスを提供するには、国土交通省が定める不動産特定共同事業法に則った運用が必要です。そのため各不動産クラウドファンディングの運営する不動産会社は不動産特定事業法登録を行っています。今回は不動産特定共同事業法の事業者の違いは何か、また運用スキームによる特徴の違いや、不特法の種類別に主な事業者についても詳しくご紹介していきます。

株式投資コラム

ウッドフレンズのESG・サステナビリティの取り組みや将来性は?株価推移、配当情報も

ウッドフレンズは、林業から建設・販売まで一貫した住宅供給などを目指している企業です。そこで、この記事ではウッドフレンズの特徴や業績と株価推移、配当情報、ESG・サステナビリティの取り組み内容、将来性について詳しくご紹介するので、ESG投資などに興味のある方は参考にしてみてください。

投資・マネーコラム

LEVECHY(レベチー)の利回りやリスクは?SPCの倒産隔離・レバレッジの仕組みも

LEVECHY(レベチー)は、2023年5月にサービスを開始した不動産クラウドファンディングです。高い分配利回りを期待できる点からも注目されており、第一号ファンドから募集総額の2,793%となる17億円超えの応募総額するなど、高い人気を持った投資サービスとなっています。そこで今回はLEVECHYの利回りやリスク、SPCの倒産隔離スキームなどの仕組みについて解説していきます。LEVECHYへの投資を検討している方、詳しい仕組みについて知っておきたい方はご参考ください。

投資・マネーコラム

不動産クラウドファンディングの運用期間は短期と長期どちらがおすすめ?

不動産クラウドファンディングを選ぶ時のポイントの1つに、ファンドの運用期間があります。投資の際に運用期間が短期のものと長期のもののどちらの方が良いのかと悩んでいる人もいるでしょう。そこで本記事では、不動産クラウドファンディングのファンドの運用期間を選ぶ時のポイントを解説していきます。

投資・マネーコラム

不動産クラウドファンディングのファンド選びのポイントは?最近の動向や注意点も【インタビューあり】

不動産クラウドファンディングは、不特法(不動産特定共同事業法)に則って特定の不動産を小口化し、1万円などの少額資金で実物不動産へ間接的に投資ができる投資商品です。本記事では、不動産クラウドファンディングのファンド選びのポイントを詳しく解説します。

投資・マネーコラム

LEVECHY(レベチー)の評判・口コミは?メリット・デメリットやリスクも解説

LEVECHY(レベチー)は、2023年5月にローンチされ、高利回りのファンドに応募が集中して話題となった不動産クラウドファンディングです。本記事では、LEVECHYの評判や口コミ、LEVECHYを利用した投資のメリットやデメリット、リスクについても解説します。投資を検討している方、サービスの特徴について詳しく知っておきたい方はご参考ください。