頭金(自己資金)100万円以下の少ない金額から始められる不動産投資会社3選

自己資金100万円以下の少ない金額から始められる不動産投資会社3選

不動産投資はミドルリスク・ミドルリターンの投資で、銀行に預金するよりも利回りが良く、株式やFXよりも安全性が高いということで、人気が年々高まっている投資です。しかし、不動産投資は金額が低い物件であっても数千万円の金額帯となるため、興味はありつつも「自分でも始められるのだろうか?でも、貯金も少ないし…」とお考えの方も多いかと思います。

自己資金は少なく始めたい方におすすめの不動産投資の手法は、新築ワンルームマンション投資です。購入金額で言えば、中古マンション投資のほうが価格は低く、1000万円~2000万円程度からでも購入はできるのですが、担保評価が新築よりも低くなってしまうために満額の融資がつきづらく、物件価格の1割から3割程度の頭金(自己資金)が必要となってしまいます。そのため、100万円以下の自己資金で不動産投資を始めたいという方には、新築マンション投資がおすすめとなるのです。

この記事では、自己資金100万円以下でも安心して始めることができる新築ワンルームマンションの不動産投資会社をピックアップしてご紹介して行きたいと思います。

自己資金100万円以下の金額から始められる不動産投資会社3選

シノケンハーモニー

シノケンハーモニーの不動産投資

シノケンハーモニーは、ジャスダック上場企業「シノケングループ」の企業でマンション投資を手がける不動産投資会社です。「自己資金が少なくてもサラリーマンでもできるワンルームマンション経営」を掲げており、フルローンの融資実績なども豊富です。また、物件面では、アクセスの良い駅近の立地を厳選し、デザイナーズマンションを建てることで、築25年以上の物件も含めて入居率98.9%の高水準を実現しています。無料で定期開催される不動産投資セミナーはTV・新聞でも取り上げられる話題のセミナーで、不動産投資の基礎から実践まで分かりやすく解説してくれますので、不動産投資初心者の方におすすめです。

ブリッジ・シー・エステート

ブリッジ・シー・エステートの不動産投資

ブリッジ・シー・エステートは、公認会計士資格を持つ社長が運営しており、会社全体がライフプランニングの選択肢の一つとして不動産を提案するスタンスの不動産投資会社です。顧客からのヒアリングを大切にしており、住宅ローンアドバイザー等の有資格者が、資産状況や投資目的を考慮した上で無理のない返済プランを提案してくれます。ブリッジ・シー・エステートでは年間200回以上セミナーを開催しており、フルローンの金融機関や金利1%台の金融機関を紹介してくれるなど融資面でも非常に頼りになる会社です。セミナーは無料で参加することができるので、無理なく少額から不動産投資を始めてみたいという方におすすめです。

グローバル・リンク・マネジメント(GLM)

グローバル・リンク・マネジメントの不動産投資

グローバル・リンク・マネジメント(以下、GLM)は、不動産の開発から販売・管理までワンストップで行っている都内で有数の不動産投資会社です。東京23区・川崎駅から徒歩10分圏内でのみ開発を行っており、入居者率は99.17%、国内で唯一7年更新のサブリース契約のため、長期間で賃料変動が少ないといった特長があり、空室リスクが気になる方や安定した賃貸収入を得たいサラリーマンの方におすすめです。また、金融機関との提携・取引が20行と豊富なため、他社と比べてフルローンなど頭金が少なくても始めることができる可能性が高いでしょう。定期的に開催されるセミナーは、初心者向けの内容となっていますので、0から不動産投資を学びたいといった方におすすめです。

プロパティエージェント

プロパティエージェントの不動産投資

プロパティエージェントは、東京23区・横浜エリアに集中した物件開発により入居率99.5%を誇るジャスダック上場企業です。土地選定から建物の企画開発までをワンストップで手がけることで安全性と品質を担保したマンション供給を実現しており、上場企業ならではの安定した資本体制・コンプライアンスや充実のアフターフォローも魅力で、投資向けマンションデベロッパー満足度調査(※2017年3月 アイ・エヌ・ジー・ドットコム 調べ)では2年連続総合No.1を獲得しています。物件価格はやや高めの水準で投資金額も大きくなりますので、上場会社勤務の方や高年収の方で自己資金を少なく始めたいという方におすすめの会社です。サイトで会員登録をしておくことで、おすすめの物件情報を紹介してくれますので、気になる方はまずは登録をされてみると良いでしょう。

まとめ

不動産投資は購入金額が大きいものの、必ずしも数百万円の自己資金が必要というわけではありません。むしろ、自己資金は少なくとも、早くから不動産投資を始めておくことで投資経験が身につくというメリットがあります。不動産投資が気になっているという方は、まずは一度不動産投資のプロに相談をしてみると良いでしょう。

The following two tabs change content below.

HEDGE GUIDE 編集部

HEDGE GUIDE編集部は、投資経験や金融知識が豊富なメンバーで構成されています。不動産投資情報サイト「HEDGE GUIDE」では、不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。