TAG 株式会社日本財託

日本財託は、東京23区の中古ワンルームマンション投資を手がける不動産投資会社です。1990年創業からバブル崩壊を乗り越えて今も堅実な成長を続けている大手企業で、マンション管理戸数20,509戸、入居率99.55%(※日本財託の販売物件)、マンションオーナー数は7,630名(実績数値は2018年9月末時点)という豊富な実績があります。物件購入時には仲介手数料が0円のため、数十万円の仲介手数料を節約できることや、購入後も月額3,000円(税別)であらゆる管理業務を任せることができるといった特徴があります。また、日本財託は顧客との信頼関係を第一に考える企業のため、強引な営業やしつこい電話セールスは一切しないというスタンスを貫いています。購入前の説明においてもコンプライアンスを遵守し、空室保証・滞納保証に関する取り決め、さらに購入後にかかる費用まで、マンション投資のリスクや注意点についてもしっかりと説明をしています。

日本財託が定期的に開催している無料セミナーでは、バブル崩壊を乗り越えて、賃貸管理会社として28年で培ってきた経験をもとにした「失敗しない不動産投資のノウハウ」を学ぶことができます。またセミナー参加者特典で、無料の小冊子「不動産投資で成功する人、失敗する人」をプレゼントしてもらえますので、東京での不動産投資や中古マンション投資に興味のある方はぜひ参加をされてみると良いでしょう。

【関連記事】日本財託の評判・口コミ・セミナー

東京国内不動産投資

都心の築浅中古と新築のマンション価格差1000万円超 、日本財託グループ調査

東京23区投資用マンション販売と2万戸以上の賃貸管理、保険代理業を行う日本財託グループ(東京都新宿区)は、2017年に同社が販売した築10年未満の23区内中古投資用マンションの販売価格と、同一区内で分譲された新築投資用マンションの価格差は平均1046万円だったと公表した。

日本財託の評判・口コミ・セミナー情報

日本財託は、東京23区の中古ワンルームマンション投資を手がける不動産投資会社です。1990年創業からバブル崩壊を乗り越えて今も堅実な成長を続けている大手企業で、マンション管理戸数20,119戸、入居率99.59%、マンションオーナー数は7,000人以上(2018年6月末時点)という豊富な実績があります。物件購入時には仲介手数料が0円のため、数十万円の仲介手数料を節約することができることや、購入後も月額3,000円であらゆる管理業務を任せることができるといった特長があります。