TAG 仮想通貨

仮想通貨コラム

【イベントレポート】編集部が体感してみた。オンライン開催されたブロックチェーンの「未来を知る」年に一度のイベント【BlockChainJam2020】

10月24日、ブロックチェーンの「未来を知る」年に一度のイベント「BlockChainJam2020」がオンラインで開催されました。BlockChainJam2020は「ブロックチェーンがつくる新しい金融と社会」というテーマが設定され、暗号資産・ブロックチェーン技術、規制や税金、ビジネスでの活用など幅広いトピックでセッションが行われました。

仮想通貨コラム

【ビットコイン投資初心者向け】目標金額50万円を設定して積立投資をスタートしてみよう

暗号資産取引所GMOコインが2020年4月に行ったユーザーアンケートでは、1578名の回答者の約半数48%が資産運用額を50万円未満に留めていました。経験者でさえ暗号資産の投資予算を50万円に留めているのであれば、初心者はより少額からスタートした方が賢明かもしれません。まずはコツコツ積み立て投資を行い、資産運用額50万円を目指してみましょう。

FX

DMM.com証券、DMM株で米国株の取扱銘柄追加。DMM FX、外為ジャパンFXでスプレッド縮小キャンペーンも開催中

株式会社DMM.com証券は株式オンライントレード「DMM 株」で10月20日の現地約定分から、米国株式の取扱銘柄を16銘柄(普通株式13銘柄、ADR3銘柄)追加する。同サービスは業界屈指の低コストをうたい、19年12月9日現地約定分から取引手数料を無料に変更しており、売買の際の取引手数料は一切かからない。

仮想通貨コラム

【重要ニュースまとめ(10/8~10/14)】日中韓、エストニアでCBDCの取り組みが加速。ブロックチェーンに関する全米大学ランキングも登場

今週(10月8日〜10月14日)の暗号資産・ブロックチェーン業界は、世界各国よりCBDCに関する取り組みが報じられました。また、ブロックチェーンに明るい全米大学ランキングやイーサリアムの集権化に関するニュースも話題になっています。本記事では、1週間の重要ニュースを解説と共におさらいしていきます。

その他企業

オンライン学習eラーニングプラットフォームのtechtec、英Aaveより資金調達を実施。日本発となるDeFiサービスの開発へ

学習履歴をブロックチェーンで管理するeラーニングプラットフォーム「PoL(ポル)」を運営する株式会社techtecは10月15日、分散型金融(DeFi:Decentralized Finance)市場を牽引する英Aaveより、日本初・日本唯一の企業として資金調達の実施を発表した。

仮想通貨コラム

アルトコインを豊富に取り扱っている取引所はどこ?アルトコイン投資におすすめの暗号資産取引所4選

仮想通貨(暗号資産)というと、ビットコインを思い浮かべる人は多いと思います。市場にはXRPやイーサリアムなどさまざまな種類が存在しており、それらは総じて「アルトコイン」と呼ばれています。仮想通貨取引所によって取扱いのあるアルトコインは異なり、各社サービスの差別化要因の一つとなっています。

仮想通貨コラム

【元トレーダーが解説】レバレッジ取引でショートポジションを作るときの注意点

ビットコインの値動きでレバレッジ取引を行うと、資金が急激に増えることもあれば、あっという間に資産を失うこともあります。しかし、レバレッジ取引には重要な利点があり、それは「ショートポジションで利益を出すことができる」というものです。ここでは下落相場で利益を出したいトレーダー向けに、ショートポジションを作るときの注意点を経験談も含めて解説したいと思います。

仮想通貨コラム

ビットコイン上昇トレンド時に天井を判断する方法。元トレーダーおすすめのテクニカル指標とは?

ビットコインの投資を行う際にテクニカル指標を参考にされる方も多いのではないでしょうか。今回の記事では「ビットコインの上昇時に天井を判断する手法」をご紹介しながら、筆者が一押しのテクニカル指標の紹介、そして正しい使い方について解説していくので、ぜひご覧ください。

仮想通貨コラム

専門家が解説!Coincheckの積立サービスを活用して資産運用を行う際の注意点とおすすめの手法

現在では資産運用のための商品の一つとして暗号資産をポートフォリオに組み込む動きが個人投資家、機関投資家の間で続いており、これから中長期的にどのように資産運用として投資すべきか考える投資家も多くなってきてるでしょう。ここではそのような日本の個人投資家の強い味方にもなる自動積立システムをCoincheckが提供しているので解説していきます。