TAG 仮想通貨

仮想通貨

Coinbaseがナスダックに上場、暗号資産業界の節目に

米最大手暗号資産取引所Coinbaseが、4月14日にナスダック証券取引所へ上場した。株式公開時に新株を発行せず既存株だけを売りに出すダイレクトリスティング方式を採用しており、初値は381ドル、時価総額は一時1,100億ドルを超える規模となっている。最終的には時価総額860億ドル付近を推移した。

ロボアドバイザーコラム

ポイント投資はどこがおすすめ?メリット・デメリットや各社を比較

「ポイントで投資をする」という、新しい投資が広まりつつあります。この記事では共通ポイントの新しい活用方法とも言える「ポイント投資」を試したい人に向けて、ポイント投資とはどういうものなのか、ポイント投資の具体的なサービス、メリット・デメリット、投資を始める前に知っておくべきことをまとめてみました。

仮想通貨コラム

【重要ニュースまとめ(4/8~4/14)】プロトコルが莫大な資金を稼ぎ出す、主要DAOのTreasuryが明らかに。Binanceがトークン化された株式の売買サービスを開始

今週(4月8日〜4月14日)の暗号資産・ブロックチェーン業界は、CoinbaseのIPOを中心にBinanceの新サービスやNFTに関するアンケート調査などが話題になりました。また、プロトコルが想像以上のマネタイズを実現している事実にも注目が集まっています。本記事では、1週間の重要ニュースを解説と共におさらいしていきます。

仮想通貨コラム

米SECがリップル社を提訴。裁判の状況がリップル(XRP)相場に与える影響とは?

2020年12月23日、アメリカにおいて米証券取引委員会(SEC)が米リップル社が取り組むXRPの販売に関して、違法な未登録有価証券の販売に当たるとして提訴するという出来事がありました。今回は、リップル社に対する裁判の最新進捗と今後のリップル相場がどのような要因で動く可能性があるのかという点について解説していきます。

仮想通貨コラム

【2021年4月キャンペーン情報】暗号資産への投資をお得にするなら!現在キャンペーンが行われている暗号資産取引所まとめ

今回の記事では、暗号資産取引所が行うキャンペーンに着目して、暗号資産取引をお得に行うという観点で暗号資産取引所をご紹介していきます。各社が行うキャンペーンには、新規登録者を対象にしているものだけでなく、既存ユーザー対象などぞれぞれ独自のキャンペーンを提供しています。これから暗号資産取引所に口座開設する方は予めチェックしておきましょう。

仮想通貨

ビットバンク、同社ユーザーを対象とした「暗号資産投資に関するアンケート調査」を公表

暗号資産(仮想通貨)取引所を運営するビットバンク株式会社は3月31日、同取引所の上場銘柄を対象に「暗号資産投資に関するアンケート調査」の結果を公表した。本レポートはインターネットユーザーに対して「暗号資産投資に関するアンケート調査」を行い、4,506人の回答を集計したものだ。

その他企業

受講修了証をNFTで発行、オンライン学習サービスPoLが学習履歴をNFTで証明へ

教育・金融分野でのブロックチェーン活用およびオンライン学習サービス「PoL(ポル)」を運営する株式会社techtecは3月29日、オンライン学習サービスPoL(ポル)のカリキュラムを学習したことを証明する修了証を、NFTとして発行する取り組みを開始した。学習修了証をNFTとして発行するのは世界初(特許申請中)の試みとなる。