SBI証券、投資信託の積立設定金額200億円突破。株価急落で積立投資の関心高まる

株式会社SBI証券は、投資信託の月間の積立設定金額が3月15日時点で200億円を突破した。2019年11月末の150億円突破後、3ヵ月半余りでの達成で、口座開設数上位5社のSBI証券、楽天証券、マネックス証券、松井証券、auカブコム証券のうち最大級(3月16日現在、同社調べ)となる。積立設定の利用口座数は39万口座超となった。

同社は、投資信託の積立サービスを“「貯蓄から資産形成へ」の時代を拓く強力なツール”と位置付け、2006年からサービス提供を開始。最低設定金額の100円への引き下げ、保有残高に応じてポイントが貯まる「投信マイレージサービス」の導入、積立日設定の毎日・毎週・隔月など全5コースへの拡充、投信積立専用アプリ「かんたん積立 アプリ」の提供などメニューを拡充、長期の資産形成を支援する証券サービスとして顧客を獲得している。現在は国内最多水準の公募投資信託2667本を全て販売手数料無料で提供しており、投資初心者からベテランまで、幅広く利用されている。

13年3月期以降の同社の投資信託の積立サービスの設定金額および設定口座数の推移を見ると、NISA(ニーサ)制度開始からNISA口座積立設定金額、積立設定口座数とも増加、19年の“老後資金2000万円問題”後に加速化しているのがわかる。今期は第3四半期以降に特定/一般積立口座積立設定金額も急ピッチで増加している。新型コロナウイルスの影響で株式相場が急落する状況下だが、個人投資家には積立投資の機会をうかがう動きが出ており、同社の積立設定金額、利用口座数がさらに増える可能性もある。

【関連サイト】SBI証券
【関連記事】SBI証券の評判・口コミ

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 投資信託チーム

HEDGE GUIDE 編集部 投資信託チーム

HEDGE GUIDE 投資信託は、投資信託に関する国内外の最新ニュース、必要な基礎知識、投資信託選びのポイント、つみたてNISAやiDeCoなどの制度活用法、証券会社の選び方、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」