SBI証券、dポイントサービス開始。3つのマルチポイントプログラムに対応

株式会社SBI証券は、2月21日から、取引実績に応じて「dポイント」が貯まるdポイントサービスを開始する。dポイントは株式会社NTTドコモが運営するポイントサービスで、会員数約8500万人。日常消費から生活インフラ、ネットサービスまで全国の約8万店舗で利用できる。

dポイントサービスは、まず新規口座開設で100ポイントが付与される。投資信託取引(投信マイレージ)では、通常銘柄は対象投資信託の月間平均保有額が1000万円未満の場合、年率0.1%相当、1000万円以上は年率0.2%相当のポイントを付与。「SBIプレミアムチョイス銘柄」は、対象投資信託の月間平均保有額1000万円未満は年率0.15%相当、1000万円以上は年率0.25%相当のポイント。

国内株式現物取引(国内株式手数料マイレージ)は「スタンダードプラン」および「現物PTS取引」の月間手数料の1.1%相当のポイントを付与。ほか、国内株式入庫は1回の移管入庫につき100ポイント、金・プラチナ取引(金・プラチナ・銀マイレージ)はスポット取引および積立買付の月間合計手数料の1%相当のポイントを付与する。

サービスの利用は、SBI証券の「メインポイント設定画面」でdポイントを選択するだけ。2月21日から、日本マクドナルド株式会社、株式会社マツキヨココカラ&カンパニーとの共同キャンペーンとして、新規でSBI証券の口座開設後にdポイントカードを提示してマクドナルド、マツモトキヨシ、ココカラファインの店舗で買い物をすると、dポイントを最大50%還元するキャンペーンを実施する。

さらに、dポイントサービス開始記念キャンペーンとして、国内株式、米国株式、FX取引を対象に、メインポイント選択+dポイント連携+取引で最大3万円相当のdポイントを還元するキャンペーンも実施する。

SBI証券は「dポイントの導入で、SBI証券の商品・サービスの魅力を高め、これまで以上に多くの顧客の資産形成を支援できる」としている。

同社は既に「Tポイント」「Pontaポイント」と連携しており、d ポイントが加わることで、3つのマルチポイントサービスを選択できることになる。同社ではクレジットカードでの投資信託購入でポイントがたまるサービスも展開しており、三井住友カードの「Vポイント」が口座開設、投資信託や国内株式などの取引に応じて貯まる「SBI証券Vポイントサービスサービス」に続き、今年4月から東急カード株式会社との連携で、資産運用に応じて「東急ポイント」を加算するサービスの提供を開始する予定だ。

【関連サイト】SBI証券
【関連サイト】三井住友カード
【関連サイト】東急カード
【関連記事】SBI証券の評判・口コミ
【関連記事】三井住友カードの評判・口コミ
【関連記事】東急カードの評判・口コミ

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 投資信託チーム

HEDGE GUIDE 編集部 投資信託チーム

HEDGE GUIDE 投資信託は、投資信託に関する国内外の最新ニュース、必要な基礎知識、投資信託選びのポイント、つみたてNISAやiDeCoなどの制度活用法、証券会社の選び方、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」