「子供にお金のことを教える自信ない」親は8割。松井証券が金融教育に関する実態調査

松井証券株式会社は11月2日、「金融教育」に関する実態調査の実施結果を公開した。2022年4月から金融教育が高校の授業に導入されることを受け、全国の20~50代の男女計600名を対象にインターネットで実施。金融教育導入開始についての認知度は低く、子どもにお金のことを教えられる自信がある親はわずか10%以下となった。

現状として、自身のお金に関する知識に自信があるかを尋ねたところ、「まったく自信がない(32.5%)」「あまり自信がない(48.7%)」となり、全体の8割以上(81.2%)が「お金に関する知識に自信がない」という実態が明らかに。また、全体の約8割(77.1%)は「自分たちの世代でも金融教育を行ってほしかった」と回答した。資産運用状況(投資商品や資産額等)・貯蓄額・具体的な年収について「それぞれ誰に話せるか」を尋ねたところ、「誰にも話せない」は過半数、項目別では資産運用状況(53.8%)、貯蓄額(51.2%)、具体的な年収(46.5%)について、誰にも話せないという回答だった。話せる相手は「パートナー」「母親」とごく近しい相手に限られる。

それでは、親世代が希望する「学校で学びたかったこと」は何か。第1位「お金関係」(71.0%)、第2位「仕事関係」(47.2%)、第3位「人間関係」(39.0%)という結果で、お金のことを学びたかったという回答がトップ。また、全体のうち、約8割(78.3%)が「金融知識を身に付けたい」と回答。身に付けたいと思ったきっかけは、「老後の生活に不安がある」「結婚してからお金がいるので」といったライフスタイルのステージをきっかけとする人が多く、その他「コロナ禍により収入が減ったから」「身近に金融詐欺にあった人がいたから」といった答えも挙がった。「子どもに正しい知識を教えたい」という回答もある。一方、高校家庭科で金融教育が導入されることを知っていた人はわずか25%だった。

金融知識を身に付けるために行っていることを尋ねたところ、約6割(58.3%)が「行っていない」と回答、実際に行動を起こしている人は41.7%と全体の半数にも満たない。また、行動している人に、金融知識を身に付けるために費やしている時間を尋ねたところ、平均時間は週3.4時間となった。知識を身に付けるために行なっていることとしては、1位「テレビ、ニュース、新聞などでの情報収集」(22.3%)、2位「資産運用の実践」(18.2%)、3位「YouTubeの視聴」(18.0%)となった。年代別にみると、40~50代はテレビ、ニュース、新聞などでの情報収集(25.3%)が1位となる一方、20~30代はYouTubeの視聴(25.4%)が1位に。年代によって主流ツールが異なっている。

続けて「将来かかるお金や資産形成について、子どもと話したことがあるか」と尋ねたところ、「ある」という回答は36.0%だった。さらに、「将来の資産形成や資産運用について質問されたときに、教えられる自信があるか」という問いには、「まったく自信がない」(36.0%)、「あまり自信がない」(42.0%)となり、約8割(78.0%)が「自信がない」と回答。さらに「とても自信がある」という回答はわずか8.0%という結果だった。

調査結果から、同社は、金融教育の導入によって親世代の関心がさらに高まること、若い世代を中心に利用されているYouTubeの活用が広がるのではないかと予想している。

【関連サイト】松井証券のウェブサイト
【関連記事】松井証券の評判・口コミ

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 投資信託チーム

HEDGE GUIDE 編集部 投資信託チーム

HEDGE GUIDE 投資信託は、投資信託に関する国内外の最新ニュース、必要な基礎知識、投資信託選びのポイント、つみたてNISAやiDeCoなどの制度活用法、証券会社の選び方、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」