「いい夫婦」は家計管理も良好?400Fとロイヤリティ マーケティングが「夫婦仲とお金に関する意識」調査

株式会社400F(フォーハンドレッド・エフ)と共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営する株式会社ロイヤリティ マーケティングは11月19日、「夫婦仲とお金に関する意識」調査を発表した。11月22日の「いい夫婦の日」にちなんだ調査で、仲が良いと回答している夫婦ほど共同で家計管理していたり、普段からお金の話をしている割合が高いことが分かった。また、若い世代ほどファイナンシャルプランナー(FP)への相談ニーズが高く、背景には資産形成の必要性・多様化があると考えられる。

調査は10月23日~25日、「Pontaリサーチ」会員1800人に実施。対象は既婚(事実婚含む)の男性・女性、20~30代、40~50代、60代以上の各6セルで300サンプルを集めた。まず、夫婦仲について「良い」「どちらかというと良い」は合わせて71.4%。次いで「夫婦で普段会話していること」を訊ねると、仲が良い夫婦は、仲が良くない夫婦よりも「お金のこと」が31.4ポイント高く、よく話題にしていることがうかがえる。

配偶者(パートナー)の収入については、総額を「知っている」「何となく知っている」は84.6%。貯蓄の額を「知っている」「何となく知っている」は67.1%。現在の収入はわかっても、貯蓄は結婚前にしている場合もあるためか、認知にやや差が出た。

共働き世帯の生活費は「夫がほぼ全額負担」が39.3%で最多。次いで「夫婦共通の財布から支払う」が25.7%。「夫婦共通の財布から支払う」は、夫婦仲別で「仲が良い」が「仲が良くない」よりも10.4ポイント高い。仲良し夫婦は財布も一緒といえる。

今後について、家庭の将来の貯蓄に「不安を感じている」「やや不安を感じている」は58.1%と過半数。不安を感じる理由は、1位が「十分な老後資金を貯蓄できていない」、2位「いくら貯蓄があれば安心できるのか分からず、漠然とした不安がある」となった。

家計の管理について誰かに相談したことがあるかについて、1位「相談したことはない」48.4%。2位「夫婦間で相談している」は40.3%で、3位「自分の親に相談したことがある」6.9%。相談したことがある人の多くが、夫婦間での相談だとうかがえる。「将来の貯蓄への不安を感じている」という層でも、「夫婦間で相談している」のは44.4%、0.3ポイント差で、「相談したことはない」44.1%が続く。

相談相手はパートナーよりFPと考える人は少なくない。調査では、20~30代で「無料なら相談してみたい」は33.7%で、若い年代ほどFPへの相談意向が高いという結果だった。逆に60代以上では「相談したくない」が37.8%と、世代別では最も高かった。相談したい内容は、40~50代では「資産運用」、60代以上は「相続・遺産」だった。

FPへの相談ニーズについて、両社は「若い世代の相談ニーズの高い背景には、資産形成の手段の多様化がある」と推測する。「超低金利時代の今日、個人の資産形成の必要性は高まり、つみたてNISAやiDeCoなど税制優遇制度のほか、低コストで取引可能なネット証券やロボアドバイザーなど選択肢が多く、『何から始めればいいのか』『どういう方法で貯蓄をすればいいのか』といった資産形成に対する漠然とした不安や悩みがある」と、情報量の多さも一因と見る。

仲の良い夫婦は家計管理を協力して行い、お金のことも話題にしやすい。半面、信頼できる相談相手や情報源を得ることも、円満な夫婦仲の維持に有効といえそうだ。

【参照リリース】株式会社ロイヤリティ マーケティング 「夫婦仲がいいと思う人は71.4%、仲が良い夫婦ほど「お金」の話をしている 将来の家庭の貯蓄に不安がある人は約6割。若い世代ほどFPへの相談ニーズが高い」(PDF)

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 投資信託チーム

HEDGE GUIDE 編集部 投資信託チーム

HEDGE GUIDE 投資信託は、投資信託に関する国内外の最新ニュース、必要な基礎知識、投資信託選びのポイント、つみたてNISAやiDeCoなどの制度活用法、証券会社の選び方、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」