融資に強い不動産投資会社4選

融資に強い不動産投資会社4選

不動産投資を行う上で、融資は非常に重要なポイントとなります。いくら不動産投資のほうで利回りが高くても、融資の金利が高くなってしまっては、実質的な利回りが非常に低くなってしまいますし、そもそも審査が通らなかったり、融資金額が少ない場合は不動産投資自体を始めること自体が難しくなってしまいます。

2017年4月~6月の地方銀行によるアパートローンが2010年以降初めて前年比マイナスになるなど、融資環境や融資審査は段々と厳しさを増してきています。今後は、融資の金額や金利も絞られることが予想されますので、自身の融資の属性を高めつつ、融資に強いパートナーと組んで不動産投資を進めていく必要があります。

このような背景を踏まえ、この記事では、数ある不動産投資会社の中から特に融資に強い不動産投資会社をピックアップしてご紹介していきたいと思います。

融資に強い不動産投資会社4選

以下では、提携の金融機関が10行~20行以上ある不動産投資会社をPICK UPしていますので、気になる方はお問い合わせをしてみると良いでしょう。

グローバル・リンク・マネジメント(GLM)

グローバル・リンク・マネジメントの不動産投資

グローバル・リンク・マネジメント(以下、GLM)は、不動産の開発から販売・管理までワンストップで行っている都内で有数の不動産投資会社です。金融機関との提携・取引が20行で、不動産投資会社としてはトップレベルでラインナップが豊富なため、他社と比べてフルローンや良い金利で始めることができる可能性が高いでしょう。エリアは東京23区・川崎駅から徒歩10分圏内でのみ開発を行っており、入居者率は99.17%ときわめて高い水準となっています。また、国内で唯一の7年更新のサブリース契約のため、長期間で賃料変動が少ないといった特長があり、長期で安定した賃貸収入を期待することもできます。GLMでは、定期的な不動産投資セミナーも開催していますので、0から不動産投資を学びたい方や情報収集をしておきたいという方にもおすすめです。

プロパティエージェント

プロパティエージェントの不動産投資

プロパティエージェントは、東京23区・横浜エリアに集中した物件開発により入居率99.5%を誇るジャスダック上場企業です。土地選定から建物の企画開発までをワンストップで手がけることで安全性と品質を担保したマンション供給を実現しており、上場企業ならではの安定した資本体制・コンプライアンスも魅力です。提携金融機関も12社と充実しており、住宅ローン融資や購入後の借り換えも柔軟に対応可能です、また、購入後も賃貸管理アドバイス、確定申告サポートなどが充実しており、安心して任せることができます。

ブリッジ・シー・エステート

ブリッジ・シー・エステートの不動産投資

ブリッジ・シー・エステートは、公認会計士資格を持つ社長が経営していることもあって、フルローンの金融機関や金利1%台の金融機関を紹介してくれるなど融資面で非常に頼りになる会社です。会社全体がライフプランニングの選択肢の一つとして不動産を提案するスタンスなので、相談後に押し売りされる不安が少なく信頼性が高い企業です。ブリッジ・シー・エステートでは定期的に無料セミナーを開催していますので、まずは自分でも融資が受けられるかヒアリングしてみたい方や不動産投資について勉強したい方、情報収集をしたいという方におすすめです。

シノケンプロデュース

シノケンプロデュースの不動産投資

シノケンプロデュースは、投資用アパート・マンション販売戸数No.1(全国賃貸新聞・不動産経済研究所・2015年調べ)を誇るジャスダック上場企業「シノケングループ」の企業です。日本で初めての100%融資でのアパート経営を可能にしたローン融資に強い会社でもあります。グループ会社のシノケンファシリティーズでは24,000戸を超える管理実績があり、35年という長期の空室保証サービスも提供しているので安心です。また、既存アパートオーナーの40%以上がリピートとなっており、購入者からの信頼も高いおすすめの企業です。

The following two tabs change content below.

HEDGE GUIDE 編集部

HEDGE GUIDE編集部は、投資経験や金融知識が豊富なメンバーで構成されています。不動産投資情報サイト「HEDGE GUIDE」では、不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。