TAG TATERU FUNDING

国内不動産投資

不動産投資型クラウドファンディング「TATERU Funding」キャピタル重視型第44~47号ファンド組成決定。8月22日18時から先着順で募集開始

アプリではじめるIoTアパート経営「TATERU Apartment(タテルアパートメント)」の開発・運営を行う株式会社TATERUは、不動産投資型クラウドファンディング「TATERU Funding」事業においてキャピタル重視型第44~47号TATERU APファンドを組成する。8月22日(水)18時から先着順で募集を開始する。

国内不動産投資

累計応募総額60億円超、会員数7万人超の「TATERU Funding」キャピタル重視型第40〜43号ファンド募集完了

アプリではじめるIoTアパート経営「TATERU Apartment(タテルアパートメント)」の開発・運営を行う株式会社TATERUは8月17日、不動産投資型クラウドファンディング「TATERU Funding」事業においてキャピタル重視型第40~43号TATERU APファンドの募集を完了したことを公表した。

国内不動産投資

不動産投資型クラウドファンディング「TATERU Funding」キャピタル重視型第40~43号ファンド組成決定。8月8日18時から先着順で募集開始

アプリではじめるIoTアパート経営「TATERU Apartment(タテルアパートメント)」の開発・運営を行う株式会社TATERUは、不動産投資型クラウドファンディング「TATERU Funding」事業においてキャピタル重視型第40~43号TATERU APファンドを組成する。8月8日(水)18時から先着順で募集を開始する。

投資コラム

人気のソーシャルレンディング案件は1分で募集終了?投資を始めるには

人気の高いソーシャルレンディング会社は、案件の募集が開始されると数分で募集上限金額まで達してしまうことがあります。募集開始時に常にパソコンやスマホの前にいられるとは限りませんし、準備万端だとしても操作を間違えただけで投資ができないこともあります。では安定してソーシャルレンディング投資をしていくためには、どういった会社を選べば良いのでしょうか。

国内不動産投資

累計応募総額50億円超、会員数6万人の「TATERU Funding」キャピタル重視型第36〜39号ファンド募集完了

アプリではじめるIoTアパート経営「TATERU Apartment(タテルアパートメント)」の開発・運営を行う株式会社TATERUは7月18日、不動産投資型クラウドファンディング「TATERU Funding」事業においてキャピタル重視型第36~39号TATERU APファンドの募集を完了したことおよび累計応募総額が50億円を超え、会員数が6万人を超えたことを公表した。

国内不動産投資

不動産投資型クラウドファンディング「TATERU Funding」キャピタル重視型第36~39号ファンド組成決定。7月13日18時から先着順で募集開始

アプリではじめるIoTアパート経営「TATERU Apartment(タテルアパートメント)」の開発・運営を行う株式会社TATERUは、不動産投資型クラウドファンディング「TATERU Funding」事業においてキャピタル重視型第36~39号TATERU APファンドを組成する。7月13日(金)18時から先着順で募集を開始する。

国内不動産投資

不動産投資型クラウドファンディング「TATERU Funding」キャピタル重視型第31〜35号ファンド募集完了

アプリではじめるIoTアパート経営「TATERU Apartment(タテルアパートメント)」の開発・運営を行う株式会社TATERUは7月10日、不動産投資型クラウドファンディング「TATERU Funding」事業においてキャピタル重視型第31~35号TATERU APファンドの募集を完了したことを公表した。

国内不動産投資

不動産投資型クラウドファンディング「TATERU Funding」キャピタル重視型第27~30号ファンド組成決定。6月13日18時から先着順で募集開始

アプリではじめるIoTアパート経営「TATERU Apartment(タテルアパートメント)」の開発・運営を行う株式会社TATERUは、不動産投資型クラウドファンディング「TATERU Funding」事業においてキャピタル重視型第27~30号TATERU APファンドを組成する。6月13日(水)18時から先着順で募集を開始する。

TATERU Fundingの評判・口コミ・口座開設

TATERU Fundingは、東証一部上場企業の株式会社TATERが運営している不動産投資型クラウドファンディングサービスです。1口1万円から小口不動産投資を始めることができ、運用資産評価額の下落が30%までTATERUが損失を負担する、解約時の手数料・違約金も発生しないなど、少額・短期で始めてみたい初心者の方にも非常におすすめのサービスです。

国内不動産投資

TATERU Funding、キャピタル重視型第15、23~26号ファンド組成決定。6月6日から先着順で募集開始

アプリではじめるIoTアパート経営「TATERU Apartment(タテルアパートメント)」の開発・運営を行う株式会社TATERUは、不動産投資型クラウドファンディング「TATERU Funding」事業においてキャピタル重視型第15号、第23~26号TATERU APファンドを組成する。6月6日から先着順で募集を開始する。

国内不動産投資

TATERU Funding、キャピタル重視型第19~22号ファンド組成決定。5月16日から先着順で募集開始

アプリではじめるアパート経営「TATERU(タテル)」の開発・運営を行う株式会社TATERUは、不動産投資型クラウドファンディング「TATERU Funding」事業においてキャピタル重視型第19号から22号TATERU APファンドを組成する。5月16日から先着順で募集を開始する。

国内不動産投資

TATERU Funding、キャピタル重視型第16、17、18号ファンド組成決定。5月9日から先着順で募集開始

アプリではじめるアパート経営「TATERU(タテル)」の開発・運営を行う株式会社TATERUは、不動産投資型クラウドファンディング「TATERU Funding」事業においてキャピタル重視型第16号、17号、18号TATERU APファンドを組成する。5月9日から先着順で募集を開始する。

国内不動産投資

TATERU Funding、キャピタル重視型第14号ファンド組成決定。4月16日から先着順で募集開始

アプリではじめるアパート経営「TATERU(タテル)」の開発・運営を行う株式会社TATERUは、不動産投資型クラウドファンディング「TATERU Funding」事業においてキャピタル重視型第14号TATERU APファンドを組成する。4月16日から先着順で募集を開始する。

不動産投資で不労所得を作りたい人が知っておくべき11のポイント国内不動産投資

TATERU Funding、キャピタル重視型第12号、第13号ファンド組成決定。4月6日から先着順で募集開始

アプリではじめるアパート経営「TATERU(タテル)」の開発・運営を行う株式会社インベスターズクラウドは、不動産投資型クラウドファンディング「TATERU Funding」事業においてキャピタル重視型第12号と第13号TATERU APファンドを組成する。4月6日から先着順で募集を開始する。

国内不動産投資

TATERU Funding、キャピタル重視型第8号、第9号ファンド組成決定。2月16日から先着順で募集開始

アプリではじめるアパート経営「TATERU(タテル)」の開発・運営を行う株式会社インベスターズクラウドは、不動産投資型クラウドファンディング「TATERU Funding」事業においてキャピタル重視型第8号と第9号TATERU APファンドを組成する。2月16日から先着順で募集を開始する。

国内不動産投資

「TATERU Funding」キャピタル重視型第6号、第7号ファンド組成決定。初の2ファンド同時募集

アプリではじめるアパート経営「TATERU(タテル)」の開発・運営を行う株式会社インベスターズクラウドは、不動産投資型クラウドファンディング「TATERU Funding」事業においてキャピタル重視型第6号と第7号TATERU APファンドを組成する。2月9日から先着順で募集開始する。

キャピタル重視型第5号TATERU APファンド国内不動産投資

1口1万円からの「TATERU Funding」が先着順に。キャピタル重視型ファンド第5号は初の仙台市

アプリではじめるアパート経営「TATERU(タテル)」の開発・運営を行う株式会社インベスターズクラウドは、不動産投資型クラウドファンディング「TATERU Funding」事業においてキャピタル重視型第5号TATERU APファンドを組成する。これまでTATERU APファンドは抽選であったが、今回から先着順での出資募集となる。

国内不動産投資

1口1万円からの動産投資「TATERU Funding」の当選者が「先着順」に

アプリではじめるアパート経営「TATERU(タテル)」の開発・運営を行う株式会社インベスターズクラウド(以下、インベスターズクラウド)は12月26日、不動産投資型クラウドファンディング「TATERU Funding」事業において今後の当選者選定方法を「先着順」へ変更することを公表した。