SBI証券、11月から「Pontaポイント」投資可能に。国内初のマルチポイント投資ができる証券会社へ

株式会社 SBI 証券は8月20日、株式会社ロイヤリティマーケティングと提携し、11月から共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を導入すると発表した。ポンタは1億268万人が利用しており、両社の提携により、SBI 証券の顧客は①取引に応じてポンタポイントを貯める②投資信託の買付代金にポンタポイントが使える「Pontaポイント投資」が可能となる。SBI証券では「Tポイント」を導入しているが、ポイントを貯める、使う(ポイント投資)の際はTポイントかポンタポイントから選択が可能となる。利用するメインポイントは設定画面から簡単に変更できる。複数の共通ポイントを投資に使えるマルチポイントサービスは、国内主要証券では初めて。

提携によって、対象となる取引やサービスの利用によりポンタポイントが貯まる。国内株式現物取引(国内株式手数料マイレージ)は「スタンダードプラン」および「現物PTS取引」の月間手数料の 1.1%相当のポイントが、投資信託取引(投信マイレージ)では、対象投資信託の月間平均保有額1000万円未満の場合は年率 0.1%相当のポイント、月間平均保有額 が1000万円以上の場合は年率 0.2%相当のポイントが貯まる。

金・プラチナ取引(金・プラチナ・銀マイレージ)では、スポット取引および積立買付の月間合計手数料の1.0%相当のポイント、新規口座開設では一律100 ポイント、国内株式入庫は1回の移管入庫につき100ポイント。

Pontaポイント投資でポイントを使う場合は、まず投資信託の買付代金の全額または一部に利用が可能。対象サービスは金額指定の買付(積立買付、口数買付、ジュニアNISA口座における買付は対象外)。ポイント利用単位は1ポイント=1円相当。利用上限は無く、最低 1 ポイントから利用可能。なお、ポンタポイントと T ポイントの付与率などは同水準のサービス内容となる。

11月のサービス開始に向け、キャンペーンを企画している。詳細が決まり次第、ウェブサイトなどで告知する予定だ。

【関連サイト】SBI証券
【関連記事】SBI証券の評判・口コミ

The following two tabs change content below.
アバター

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チームは、不動産投資や金融知識が豊富なメンバーが不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」