楽天証券、3月の月間新規口座開設数が25万超。資産形成層がさらに拡大

楽天証券株式会社は4月5日、2021年3月の月間新規口座開設数が25万529となり、サービス開始以来初の25万超、過去最多となったと発表した。1月から3月に口座を開設した人の68%が30代以下、45%が女性、75%が投資初心者という内訳で、資産形成を目的とした顧客層の拡充が進んでいる。

同社は1999年に日本で初めてオンライン専業の証券会社としてサービスを開始。近年は楽天グループの一員として「楽天エコシステム(経済圏)」の強みを活かした各種サービスの拡充を行っており、20年の新規口座開設数は主要ネット証券のauカブコム証券、SBI証券、松井証券、マネックス証券と比較して、3年連続で業界最多となった。

21年は、老後資金への興味関心やコロナ禍での環境変化に加え、日経平均株価が約30年ぶりに3万円を超えるなど株式市場への注目も高まっており、証券会社の口座開設数も増加傾向にある。同社は、取引やサービスのオンライン利用だけでなく、セミナーやYouTubeでの情報発信の強化、口座開設のオンライン完結化などに注力してきた。口座開設数の増加もこうした取り組みの結果と見ている。

「今後も『資産作りの伴走者』として、これから資産形成を始める投資初心者からアクティブトレーダーまで、幅広いニーズに応え、さらなるサービス拡充で『長く付き合いたい証券会社』として選ばれるよう努めていく」と意欲を示す。

【関連サイト】楽天証券
【関連記事】楽天証券の投資信託の評判・口コミ

※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 投資信託チーム

HEDGE GUIDE 編集部 投資信託チーム

HEDGE GUIDE 投資信託は、投資信託に関する国内外の最新ニュース、必要な基礎知識、投資信託選びのポイント、つみたてNISAやiDeCoなどの制度活用法、証券会社の選び方、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」