楽天証券、証券総合口座数700万達成。投信積立は2017年9月比で約20倍に

楽天証券株式会社は12月7日、証券総合口座数が700万口座を達成したと発表した。さらに、今年9月末時点で投資信託の積立設定人数が188万人、設定金額は月額700億円超と、 それぞれ2017年9月末比で約20倍になった。

1年前の20年12月に証券総合口座数500万に到達、今年5月19日に600万到達を発表しており、1年間でおよそ200万口座増を上積みした。

同社は1999年、日本初のオンライン専業の証券会社としてサービスを開始。株式取引をはじめとするトレーディングサービスでは「iSPEED」シリーズや最先端の株式トレーディングツール「MARKET SPEED II」など、パソコンだけでなくプラットフォームで取引可能なツールを提供。主要ネット証券で初めてログイン時に画像を使った二要素認証を導入するなど、セキュリティの強化にも努めてきた。

楽天グループが打ち出す「楽天エコシステム(経済圏)」を最大限に活かし、「楽天ポイント」で投資信託(通常・積立)や国内株式などが購入できる「ポイント投資」サービス、「楽天カード」クレジット決済で事前入金不要で投信積立をしながらポイントを貯められるサービスなどで、投資初心者を獲得。20年の新規口座開設数は3年連続で業界最多となった。

特に、資産形成サービスを拡充したことで、16年には新規口座開設者の51%だった30代以下の顧客が、5年で 68%(21年11月末時点)に増加。加えて、投資信託の積立設定人数は21年9月末時点で 188 万人 (前年同期比 122.5 %増)に、設定金額は 月額700億円超(同162.5 %増)になるなど、若年層を中心に資産形成層の顧客を増やした。

700万口座達成を記念して、抽選で「お買いものパンダ」のオリジナルグッズなどをプレゼントするキャンペーンを実施予定。 詳細はホームページで公開する。

【関連サイト】楽天証券
【関連記事】楽天証券の投資信託の評判・口コミ

※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 投資信託チーム

HEDGE GUIDE 編集部 投資信託チーム

HEDGE GUIDE 投資信託は、投資信託に関する国内外の最新ニュース、必要な基礎知識、投資信託選びのポイント、つみたてNISAやiDeCoなどの制度活用法、証券会社の選び方、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」