楽天証券、証券総合口座600万口座達成。約5カ月で100万口座増。記念キャンペーンも

楽天証券株式会社は5月19日、証券総合口座数が600万口座に到達したと発表した。 2020年12月に500万口座に到達してから増加ペースがさらに加速し、過去最短の約5カ月で100万口座増えた。投資信託の積立は21年3月末時点で設定人数が133万人に、積立設定金額は月額約450億円(前年同期比164.8%増)となり、増加をけん引している。

同社は1999年に日本で初めてオンライン専業の証券会社としてサービスを開始、楽天グループの一員として「楽天エコシステム(経済圏)」の強みを最大限に活かし、投資初心者にも利用しやすいサービス提供に注力しており、 20年の新規口座開設数は3年連続で業界最多を誇る。特に「楽天ポイント」で投資信託(通常・積立)や国内株式、バイナリーオプション取引ができる「ポイント投資」サービス、「楽天カード」の1%ポイント還元を受けながら投信積立ができるサービスなどを展開。16年3月末には証券総合口座全体の32.5%だった30代以下の顧客が、5年で42.3%(21年3月末時点)に増加するなど、若年層や投資初心者を着実に捉えている。

株式取引をはじめとするトレーディングサービスでは「iSPEED」シリーズや最先端の株式トレーディングツール「MARKET SPEED II」など、すべてのプラットフォームで取引可能なツールの提供、セキュリティの強化、手数料無料化に向けた取り組みなど、快適な取引環境の提供も継続的に実施している。

600万口座達成を記念してキャンペーンを5月24日から実施する。「A賞 合計600万ポイント!1,000ポイント」を6000人に、「B賞 ヴィッセル神戸オリジナルグッズ」を150人に、「C賞 楽天イーグルスオリジナルグッズ」を150人に、それぞれ抽選で贈る。楽天証券の口座を持たず、期間中に同キャンペーンページから新規口座開設すると、もれなく200ポイントをプレゼントする。

【関連サイト】楽天証券
【関連記事】楽天証券の投資信託の評判・口コミ

※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 投資信託チーム

HEDGE GUIDE 編集部 投資信託チーム

HEDGE GUIDE 投資信託は、投資信託に関する国内外の最新ニュース、必要な基礎知識、投資信託選びのポイント、つみたてNISAやiDeCoなどの制度活用法、証券会社の選び方、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」