4人家族のポイ活、いくら節約できる?楽天グループが家計をシミュレーション

さまざまなポイントサービスを効率的に貯め、お得に使う「ポイ活」。簡単にできる節約術として話題のポイ活を、「家族4人で実行するとどのくらいお得になるか」を楽天グループがシミュレーション。同グループの各種サービス(楽天経済圏)を利用すると、年間27万円以上も節約できるという結果を弾き出した。

シミュレーションは、首都圏在住の4人家族で夫婦は40代共働き、子供は高校生と小学生、戸建持ち家、月収67万円、手取り48万円の家計を想定している。毎月かかる費用は、住宅ローン10万円はじめ、食費7万8000円、水道光熱費2万5000円、 日用品1万2000円、 医療費1万2000円、通信費1万6280円、教育費3万3000円など13項目。これに貯蓄5万円を加え、一家の支出は毎月48万円となる。

ポイ活の上手な利用法として、まず通信費を節約できる。携帯料金は「楽天モバイル」でデータ容量を1GB以内のプランを選び、インターネット回線は「楽天ひかり」で、楽天モバイルと併用すると、1年目の月額は0円(ファミリープランの場合は2年目以降5280円)に抑えられるので、1万6280円を貯金に回すことができる。

食費は、7万8000円のうち、1万8000円を「楽天市場アプリ」を使ってさらに楽天カード決済に。残り6万円は楽天カードでの決済にすると、期間限定ポイント最大1170pt(5月17日時点)、通常ポイント960ptが付与される。衣類代、交通・自動車維持費、生命保険料など、節約が難しい項目も、アプリとカードの“合わせ技”で効率的にポイントを貯められる。「SPU(スーパーポイントアッププログラム)」を活用すれば最大15.5倍の還元率になる。最大限に活用した場合、1年で84420ptを獲得、通信費の節約分と合わせて27万9780円分の差が出る試算だ。

同社グループは、日々の買い物のような変動消費は、ポイント還元率がアップするキャンペーンのタイミングでまとめ買いするなどのやりくりや、ポイントを二重取りできるキャッシュレス決済サービス、デビットカードの利用でポイント獲得(100円で1ポイント)を推す。ポイントサービスは通信プロバイダー大手やネット証券が競い合ってサービスを拡充しており、食費やライフラインなど、これまで支出を削りにくかった項目にも対象が広がっている。QOLは今のままで貯蓄も増やせるポイ活。家族の状況や利用サービスに応じて、活用を検討してみてはいかがだろうか。

【関連サイト】楽天証券
【関連サイト】楽天カード
【関連記事】楽天証券の投資信託の評判・口コミ
【関連記事】楽天カードの評判・口コミ
【関連記事】楽天カードの種類別のメリット・デメリット

※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 投資信託チーム

HEDGE GUIDE 編集部 投資信託チーム

HEDGE GUIDE 投資信託は、投資信託に関する国内外の最新ニュース、必要な基礎知識、投資信託選びのポイント、つみたてNISAやiDeCoなどの制度活用法、証券会社の選び方、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」