野村證券の投資情報アプリ「FINTOS!」で経済予測分析コンテンツ「ハッシュタグ銘柄」導入

野村證券株式会社は、投資情報アプリ「FINTOS!(フィントス)」で7月11日から経済予測分析コンテンツ「ハッシュタグ銘柄」の無料記事の提供を開始した。ハッシュタグ銘柄とは、日々のニュースや社会問題、新技術など、SNSでも話題となる事象から、AI(人工知能)が導き出した事業との相関性が高い企業・銘柄群を指す。その解析にAIエンジンを活用することで、世の中の関心事と個別銘柄(日本株)の相関性を従来よりもタイムリーかつ詳細に提供する。

例えば「#感染第7波」といった事象に対し、関連する企業を相関図とともに表示する。ほか、「#記録的猛暑」「#対中関税下げ検討」など、時流をとらえたハッシュタグ銘柄を提供予定だ。

解析エンジンには、株式会社 xenodata lab.が提供する「xenoBrain (ゼノブレイン)」を採用している。ゼノブレインは、ニュース、統計データ、信用調査報告書、開示資料など、さまざまな経済データを独自のAIが解析し、企業の業績、業界の動向、株式相場やコモディティ相場など、さまざまな経済予測を提供する企業向けの分析プラットフォーム。

フィントスは、クラウドエース株式会社を開発パートナーとして。2021年にサービス開始。「投資にヒントを。」をコンセプトに、株式投資の助けとなる情報をタイムリーに提供し、資産運用をサポートする。開発はGoogle Cloudを活用しており、金融機関としての情報セキュリティガバナンスに準拠したことや、BigQuery や Apigee といった他サービスとの将来的な連携などを踏まえたシステム構築が評価され、「2021 Google Cloud カスタマー アワード」の金融サービス部門で受賞している。

【関連サイト】野村證券
【関連記事】野村證券の評判・口コミ

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チームは、株式投資に関する知識が豊富なメンバーが株式投資の基礎知識から投資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」