SBI証券「三井住友カードつみたて投資」積立設定額100億円突破。Vポイント獲得キャンペーン実施中

株式会社SBI証券は5月6日、三井住友カードが発行するクレジットカードで投資信託が買える投信積立サービス「三井住友カードつみたて投資」の積立設定金額が100億円を突破したと発表した。2021年6月30日のサービス開始から約10ヶ月での達成で、口座数は26万超となった。

同サービスは、投資信託積立額の最大2%分のポイントが貯まる点、最短5分でのクレジットカード発行、一度設定すれば入金の手間や万が一の購入漏れがなく継続して投資が行える利便性などが特徴。幅広い年齢層にユーザーを広げている。

5月1日から、三井住友カードのウェブサイト経由で SBI 証券の証券総合口座を開設した人(三井住友カード仲介口座)を対象に「三井住友DSアセットマネジメントのファンドの積立でVポイントサービス開始から10カ月で100億円突破がもらえるキャンペーン」を開始した。Vポイントは、カードでの毎月の買物利用合計金額に応じてもらえるポイントで、買物の支払いのほか、景品交換や他社ポイントへの移行などにも使える。

条件は、7月31日までにSBI証券の口座を開設、Vポイントサービス登録、キャンペーンのエントリー、積立する投資信託の設定を9月10日までに行うこと。

恒常的に実施している「SBI証券の口座開設&三井住友カードつみたて投資ご利用プラン」と併用でき、同プランの特典である最大5000円相当のVポイントプレゼントと合わせて最大1万円相当を獲得できる。プランの条件は、三井住友カードホームページ経由でSBI 証券の口座(=三井住友カード仲介口座)を新規開設し、SBI 証券 V ポイントサービスを登録。プラン&キャンペーンにエントリーし、カード登録・積立する投資信託を設定する。

プランとキャンペーンの両方に参加する場合は、プランの条件達成時に、キャンペーン対象ファンドを設定、三井住友カードでのつみたて投資で5万円を積み立てる。対象ファンドは「グローバルAIファンド」「世界インパクト投資ファンド(資産成長型)」「ニュー・チャイナ・ファンド(資産成長型)」「ベトナム株式ファンド」「大和住銀 DC 国内株式ファンド」「三井住友・DC つみたて NISA・日本株インデックスファンド」「三井住友・DC つみたて NISA・全海外株インデックスファンド」「三井住友・DC 外国債券インデックスファンド」「ひとくふう先進国リートファンド」「三井住友・DC つみたてNISA・世界分散ファンド」。

【関連サイト】三井住友カード SBI証券キャンペーン
【関連サイト】三井住友カード
【関連サイト】SBI証券
【関連記事】三井住友カードの評判・口コミ
【関連記事】SBI証券の評判・口コミ

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 投資信託チーム

HEDGE GUIDE 編集部 投資信託チーム

HEDGE GUIDE 投資信託は、投資信託に関する国内外の最新ニュース、必要な基礎知識、投資信託選びのポイント、つみたてNISAやiDeCoなどの制度活用法、証券会社の選び方、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」