アルパカジャパンが証券業に参入。サービス名は「アルパカ証券」

金融向け人工知能(AI)システム開発のAlpacaJapan(アルパカジャパン)株式会社は4月21日、証券業への参入に必要な第一種金融商品取引業者の登録が同月20日付で完了、今夏に証券サービス「アルパカ証券」を公開すると発表した。これまで金融機関との協業より様々なAIソリューションを発表してきたが、証券事業者として独自サービスを展開していく。

アルパカ証券のサービスの特徴は、金融商品仲介業者(IFA)と共に投資家をサポートする点。同社が培ってきた金融市場におけるAI予測技術と、IFAの知見・独自ネットワークをかけ合わせ、投資家に寄り添うコンシェルジュ・タイプの証券サービスを志向する。投資家はチャットでいつでも投資のアドバイザーであるIFAに相談できる。

また、IFAと独自サービスを共同制作する。各IFAの目指すミッションに合わせて投資家向けサービスをそれぞれ個別に共同制作し、投資家の様々なニーズ、情報ニーズに対応可能なカスタマイズ機能も搭載する。また、専用画面を通じて、同社が提供する日本株のAIによる予測情報も閲覧できる。

さらに、投資家の資産形成を、IFAと共に一体となってサポートすることを最大の目的とし、チャット機能だけでなく、IFAの営業体制・報告体制・コンプライアンス体制をデジタル化できるワン・ストップ型証券プラットフォームを展開していく。

同社はグローバルな金融商品特化型AIによる市場予測モデルや金融時系列ビックデータ解析技術に強みを持ち、スタートアップ企業ながらアルゴリズム、類似探索、異常検知、予測などのソリューションサービスを提供している。

また、2020年6月にSBIグループと株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイドからシリーズBラウンドの総額10億円超の資金調達を実施。IFA向けの新たな金融プラットフォーム・ビジネスへの参入を表明していた。

※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定の企業・商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 投資信託チーム

HEDGE GUIDE 編集部 投資信託チーム

HEDGE GUIDE 投資信託は、投資信託に関する国内外の最新ニュース、必要な基礎知識、投資信託選びのポイント、つみたてNISAやiDeCoなどの制度活用法、証券会社の選び方、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」