イオンカード(ミニオンズ)の評判は?メリット・デメリットや還元率、年会費・特典も

イオングループのイオン銀行では、さまざまな企業と提携したカードやコラボデザイン付きカードを発行しています。中でもイオンカード(ミニオンズ)は、映画でも有名なミニオンズとのコラボカードです。

日常での買い物に加え、イオンシネマやユニバーサルスタジオジャパンなどでも活用することで、ときめきポイントを貯めたり割引特典などを利用したりできる一枚となっています。

そこで今回は、イオンカード(ミニオンズ)の評判や利用メリットとデメリット、特典について分かりやすく紹介します。

※この記事は2021年5月11日時点の情報に基づき執筆しています。最新情報はご自身にてご確認頂きますようお願い致します。

目次

  1. イオンカード(ミニオンズ)の特徴
    1-1.イオンカードにミニオンズやイオンシネマ特典を付帯
    1-2.ときめきポイントに対応
    1-3.WAON POINTにも対応
  2. イオンカード(ミニオンズ)の特典とサービス
    2-1.ユニバーサルスタジオジャパンでのカード利用でときめきポイント10倍
    2-2.イオンシネマのチケット価格が一律1,000円の優待特典
    2-3.ときめきポイントはミニオンズオリジナル商品にも交換できる
    2-4.ショッピングセーフティ保険や盗難補償も付帯
    2-5.イオンカード共通特典も利用できる
  3. イオンカード(ミニオンズ)のメリット
    3-1.最短5分でカード情報を受け取ることができる
    3-2.映画やユニバーサルスタジオジャパンが好きな方にも使いやすい
    3-3.日常の買い物でもときめきポイントを効率的に貯めることができる
  4. イオンカード(ミニオンズ)のデメリット
    4-1.申し込み受付はWebのみ
    4-2.映画などへの関心がない方は独自特典の利用機会が少ない
    4-3.ゴールドカードへの切り替えはできない
  5. イオンカード(ミニオンズ)の評判
  6. まとめ

1.イオンカード(ミニオンズ)の特徴

ミニオンズカード
イオンカード(ミニオンズ)は、イオン銀行が発行しているクレジットカードでミニオンズとコラボしています。カード表面には、ミニオンズのキャラクターを記載しています。

まずは、イオンカード(ミニオンズ)の基本情報と主な特徴を確認します。

1-1.イオンカードにミニオンズやイオンシネマ特典を付帯

イオンカード(ミニオンズ)では、イオンカード共通特典に加えて、割引サービスや「ときめきポイント」の還元率アップといった特典を用意しています。国際ブランドはMasterCardと提携していて、さまざまな店舗やネットショップで利用可能です。

申し込み資格は、電話連絡の可能な高校生を除く18歳以上、もしくは高校卒業年度の1月1日以降を対象としています。未成年の場合は、親権者の同意と電話による確認が必要です。

年会費は永年無料でその他維持費用はかかりません。また、家族カードも年会費や入会金無料です。

カードデザインについては、ミニオンズのキャラクターを記載したタイプ1種類のみです。

1-2.ときめきポイントに対応

イオンカード(ミニオンズ)は、ときめきポイントを貯めたり商品と交換したりできます。

ときめきポイントは、店舗やネットショップ、公共料金などの支払いにカードを利用すると、200円につき1ときめきポイントが貯まる仕組みです。また、SMART ICOCAやモバイルSuica、みどりの窓口、びゅうプラザなどでのカード利用では、400円につき1ときめきポイントが貯まります。キャッシング・ローンや集金代行などでのカード利用は、ポイントの加算対象外です。

貯まったときめきポイントは翌年に繰り越すこともできるほか、さまざまな商品やWAON POINTへ交換可能です。商品の種類や詳細を確認するには、「AEONCARD 暮らしのマネーサイト」の会員登録およびログインが必要です。また同サイトの利用には「イオンスクエアメンバーID」の登録も必要です。

そして、イオンのショッピングサイトでときめきポイントを支払いに利用する時は、ショップの決済画面に移った際にカード情報と共に使用ポイント数を入力します。ときめきポイントの使用単位は500ときめきポイントで、1度の会計で1,000~50,000ときめきポイントを利用できます。

1-3.WAON POINTにも対応

イオンカード(ミニオンズ)は、WAON POINTに対応しています。

WAON POINTは、WAON POINT加盟店でイオンカード(ミニオンズ)での決済、もしくは現金での精算でも貯まる仕組みとなっています。

  • イオンカード(ミニオンズ)での支払い:200円につき2ときめきポイント=2WAON POINTに交換可能
  • 現金での支払い:200円につき1WAON POINT

このようにイオンカード(ミニオンズ)でWAON POINTを貯める時は、ときめきポイントからWAON POINTへ交換することが可能です。

なお、イオンカード(ミニオンズ)では、電子マネーWAONを付帯していません。電子マネーWAONの利用も考えている方は、別途WAONカードを発行する必要があります。

2.イオンカード(ミニオンズ)の特典とサービス

イオンカード(ミニオンズ)は、イオンカードの共通特典も利用できますし、独自の割引特典や優待特典も活用できます。

ここからはイオンカード(ミニオンズ)の特典とサービスについて確認していきます。

2-1.ユニバーサルスタジオジャパンでのカード利用でときめきポイント10倍

ユニバーサルスタジオジャパンでのチケットや商品購入時にイオンカード(ミニオンズ)を利用した場合は、ときめきポイント付与率が通常の10倍になります。

通常時は200円につき1ときめきポイントなので、ユニバーサルスタジオジャパンでのカード利用では200円につき10ときめきポイント貯まる仕組みです。

2-2.イオンシネマのチケット価格が一律1,000円の優待特典

イオンの「暮らしのマネーサイト」特設ページからイオンシネマチケットを購入した場合は、いつでも1枚1,000円で購入できます。イオンシネマチケットの料金は一般1,800円、大学生1,500円なので、500円~800円程度割引できます(2021年5月11日時点)。

チケットの割引特典を利用するには、イオンスクエアIDで「暮らしのマネーサイト」へログインします。続いて「イオンシネマ優待」ボタンを押して、特設ページからチケットの購入手続きを行う流れです。

2-3.ときめきポイントはミニオンズオリジナル商品にも交換できる

イオンカード(ミニオンズ)で貯めたときめきポイントは、ミニオンズオリジナル商品にも交換できます。

オリジナル商品は以下3種類から選択でき、それぞれWeb限定です。

  • ミニオンズ オリジナルマフラータオル
  • ミニオンズ オリジナルランチBOX
  • ミニオンズ オリジナルスリムサーモボトル 500ml

商品の交換や詳細は、「暮らしのマネーサイト」から確認できます。また、他の特典と同様にイオンスクエアIDでログインする必要があります。

2-4.ショッピングセーフティ保険や盗難補償も付帯

イオンカード(ミニオンズ)には、カードの盗難やカードで購入した商品の破損などに関する保険も付帯しています。

ショッピングセーフティ保険は、イオンカード(ミニオンズ)で購入した5,000円以上の商品が破損もしくは火災、盗難事故などによる被害を受けた際に補償してくれます。補償期間は商品購入日から180日間で、年間限度額は50万円です。

イオンカード(ミニオンズ)を盗難および不正利用された場合は、クレジットカード盗難補償で損害額を補てんしてくれます。補てんは、カードの紛失届を受理された日から61日前までの損害額が対象です。

なお、盗難や紛失に関する問い合わせは、紛失・盗難専用ダイヤル「0570-079-110」で対応しています。

2-5.イオンマーク共通特典も利用できる

イオンカード(ミニオンズ)は、イオンマークの共通特典をいくつか利用できるのも特徴の1つです。特典は、ポイント還元や優待特典などもあるので、ショッピングと旅行どちらの場面でも活用できます。

以下にイオンカード(ミニオンズ)で利用できる特典を紹介します。

特典 内容
ときめきポイント最大10%還元 ポイント還元率アップの他、さまざまなポイント特典を利用できる
※通常のときめきポイント:200円につき1ときめきポイント
・イオングループ各店(イオン、イオンモール、ダイエー、マックスバリュなど)の中でも、対象店舗はいつでもポイント2倍
・毎月10日、20日、30日にイオンモールとレイクタウン専門店でカード利用した場合は、ポイント5倍
・ときめきポイントクラブ優待加盟店でのカード利用の場合、ポイントが2~5倍(JAL、RHトラベラー、コスモ石油、ワタミグループなど)
・毎月10日の「Wときめきポイントデー」にカード利用した場合はポイント2倍 ※航空、鉄道料金、公共料金、保険、医療機関などは対象外
・AEONCARD POINTMALL経由で商品やサービスを購入した場合は、ポイント還元率最大10%
イオングループのキャンペーン カード利用によってイオングループの割引サービスや特典を受けることができる
・お客様感謝デー:毎月20日、30日は5%割引
・G.G感謝デー:55歳以上の方対象、毎月15日はポイント2倍
・お客さまワクワクデー:毎月5のつく日はポイント2倍
※お客さまワクワクデーは、WAONカードの発行が必要
イオンワールドデスク 旅行時に生じたトラブルや各種情報などサポートしてくれる
・インフォメーションサービス:現地の言葉や文化、気候、オフィスや店舗の情報、フライト、レストランなどの情報案内
・リザベーションサービス:交通機関の予約サービス、通訳やガイドの手配、パッケージツアーの予約と手配など
・ビジネスサポートサービス:法務相談、現地の生活情報の案内、ホテルの予約や変更など
・トラブル、緊急時、アシスタンスサービス:パスポートの盗難や紛失時のサポート、手荷物トレーシングなど
イオンマークのカードの旅行特典 「イオンマークのカードの旅行特典」ページから、旅行関連の割引特典や優待特典を受けられる
【例】
・タイムズカーレンタル:利用料金最大35%割引
・HIS:国内、海外ツアー3,000円割引
イオンマークのカードの優待特典 「イオンマークのカードの優待特典」ページから、会員限定の割引特典や優待特典を受けられる
【例】
・ドミノピザ:デリバリー限定MLピザ30%割引
・カラオケコートダジュール:室料20%割引、フリータイムなどの利用時総額5%割引
ETCカード 年会費や発行手数料無料でETCカードを発行できる
・引き落とし口座は、イオンカード(ミニオンズ)で登録した口座と同様

「イオンマークのカードの旅行、優待特典」は、特典によって利用方法が異なります。たとえばタイムズカーレンタルは、専用ページから利用予約を行う際にカード払いを選択することで割引適用となります。カラオケコートダジュールでは、店舗受付時にカードを提示することで割引を適用してくれます。

割引や優待特典の利用方法が異なるケースもあるので、利用前に暮らしのマネーサイト内にある「イオンマークのカードの旅行、優待特典」から確認しておくのも大切です。

3.イオンカード(ミニオンズ)のメリット

ここからはイオンカード(ミニオンズ)のメリットを紹介していきます。

3-1.最短5分でカード情報を受け取ることができる

イオンカード(ミニオンズ)は、申し込み手続きから最短5分で利用可能です。また、カードは後日郵送となりますが、カード情報およびサービス自体はスマホで確認したり利用したりできます。

イオングループ公式サプリ「イオンウォレット」は、申し込み手続きからカード情報の受け取りまで一括対応しており、最短5分で確認可能です(審査通過した場合)。そして、イオンウォレットに記載されているカード情報を、Apple PayやイオンiDに登録することでスマホ決済できるようになります。

なるべく早くカードを利用したい方、スマホで管理したい方にとってもメリットといえるサービスです。

3-2.映画やユニバーサルスタジオジャパンが好きな方にも使いやすい

イオンカード(ミニオンズ)は、ミニオンズのオリジナル商品、ユニバーサルスタジオジャパンでのポイント還元率アップなどといったエンターテイメント系特典も利用できます。

イオンシネマチケットの特典は、他のイオンカードですと300円や700円割引ですが、イオンカード(ミニオンズ)の場合一律1,000円です。イオンカード(ミニオンズ)の割引は、分かりやすい料金で一般料金よりも800円安いのが特徴です。

特にイオンシネマで映画を観る方やユニバーサルスタジオジャパンへ遊びに行く方、ミニオンズファンの方にもメリットのある特典です。

3-3.日常の買い物でもときめきポイントを効率的に貯めることができる

イオンカード(ミニオンズ)には、独自特典と共通特典を活用することで、効率的にときめきポイントを貯めることができます。また、旅行やユニバーサルスタジオジャパン、その他エンターテイメント関連の利用機会が少ない方も、ときめきポイントは貯まります。

たとえば全国のイオンモールをはじめ、イオングループ各店でカード払いをすると、200円につき2ときめきポイント貯まります。通常は200円につき1ポイントなので、還元率は2倍にアップします。

他には水道光熱費や通信費、保険料などといった支払いにイオンカード(ミニオンズ)を利用すると、200円につき1ときめきポイントを貯めることができます。

4.イオンカード(ミニオンズ)のデメリット

続いてイオンカード(ミニオンズ)のデメリットを紹介します。

4-1.申し込み受付はWebのみ

イオンカード(ミニオンズ)の申し込み手続きは、Web限定です。オンライン手続きに慣れていない方にとってはデメリットといえます。

申し込み手続きは、イオンの「暮らしのマネーサイト」のサイドメニューから「カードを選ぶ」を選択し、イオンカード(ミニオンズ)のページへアクセスします。比較的分かりやすいデザインですが、初めてオンライン手続きを行う方にとっては難しいと感じる可能性もあります。

どうしても手続きを進めることができない場合は、「暮らしのマネーサイト」の「お客様サポート」からチャットもしくは電話による問い合わせや質問も可能です。

4-2.映画などへの関心がない方は独自特典の利用機会が少ない

イオンカード(ミニオンズ)の独自特典は、以下のような方にとってメリットの少ない特典といえます。

  • 映画館で映画を観る機会が少ない
  • イオンシネマを利用しない
  • ミニオンズへの関心は少ない
  • ユニバーサルスタジオジャパンへ遊びに行く機会がない

さらにカード利用および共通特典のみの利用であれば、他のイオンカードでも特に問題はありません。特典内容を他カードとも比較した上で検討する必要があります。

4-3.ゴールドカードへの切り替えはできない

イオンカード(ミニオンズ)は、イオンゴールドカードへの切り替えができません。イオンゴールドカードの発行を目指している方にとっては、デメリットといえます。

イオンゴールドカードは、年間100万円以上のカード利用実績がある方、そしてイオンカード(通常デザイン)もしくはイオンカード(ディズニー・デザイン)を所有している方であれば発行申し込みできるカードです。

イオンゴールドカードの発行を目指している方は、イオンカード(通常デザイン)やイオンカード(ディズニー・デザイン)から比較検討するのが基本です。

5.イオンカード(ミニオンズ)の評判

イオンカード(ミニオンズ)は、カードデザインや独自特典、ときめきポイントなど、どれを重視しているかによって評価が変わるカードです。それぞれの評判を確認する時は、どこをどのように評価しているのか判断するのも大切です。

それでは、以下の主な評判や口コミの傾向を整理します。

  • 映画をよく見るから割引特典も役立っている
  • ミニオンズのデザインが良い
  • 日常の買い物で毎月ときめきポイントが貯まる
  • ポイント還元率のアップで効率的に貯められる
  • 日常での使用で特に大きなメリットを感じない

※上記は個人の感想をまとめたものです。ご自身でもお調べの上、利用に関して検討・判断ください。

ミニオンズが好きな方やイオンシネマで映画をよく観る方、そしてイオングループ各店で日常の買い物を行う方には、比較的良い評判が多い傾向です。特にポイント還元率アップキャンペーンは、効率的にときめきポイントを貯められる点で評価されています。

一方、映画をあまり観ない方、ユニバーサルスタジオジャパンの優待などエンターテイメント関連の特典に興味関心がない方は、他のクレジットカードを検討した方がいい場合もあります。

イオンカード(ミニオンズ)にメリットを感じるかどうかは、それぞれの趣味や価値観によって異なるため、評判や特典、ポイントサービスなどをよく確認するのも重要です。

まとめ

イオンカード(ミニオンズ)は、エンターテイメント関連の特典を追加したクレジットカードで、イオンカードの共通特典に加えてイオンシネマチケットを一律1,000円で購入できる特典やミニオンズオリジナル商品の入手などといったサービスを利用できます。さらにユニバーサルスタジオジャパンでのカード利用では、ときめきポイントの還元率を10%に引き上げてくれます。

日常の買い物はもちろん、映画やユニバーサルスタジオジャパンによく行く方にはメリットの多いカードなので、関心のある方はこの機会に検討してみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
菊地 祥

菊地 祥

FP3級技能士、投資信託4年目、株式投資8年目。2018年からフリーランスとしてwebライティングやメディア運営を行っています。また、webライターとしては株式投資や投資信託などをやさしく解説。