SBI証券、フィンテック大手のブロードリッジで決済業務を一元化へ

株式会社SBI証券は、顧客サービス向上と業務の自動化を目的として、フィンテック大手のブロードリッジ・フィナンシャル・ソリューションズとの業務関係を強化する。10月20日のブロードリッジ社の発表によると、SBI証券は、香港・シンガポール事業のポストトレード業務を、ブロードリッジ社が提供する日本国内のクラウド型ASPサービスに移行、顧客へのコンファメーションやステートメントの出力を自動化する新たなサービスも加える。また、SBI証券はブロードリッジのSWIFTサービスビューローを活用し、各国のカストディアンとSWIFTメッセージを直接に送受信することで、ワークフローの自動化を実現する。これにより、SBI証券はポストトレード処理のバリューチェーン全体を、ブロードリッジにアウトソースすることが可能となる。

SBI証券は「ブロードリッジのグローバルなマルチアセット機能と、日本およびアジア市場特有の複雑な要件に関するローカルな専門性とプレゼンスの組み合わせは、弊社の事業成長計画をサポートする上で有効的。ブロードリッジの最新のASPサービスの柔軟性、拡張性、耐久性を活用して、より効果的にお客様にサービスを提供していく」とコメント。

ブロードリッジは「当社のASPソリューションにより、SBI証券は決済業務を一元化しクラウドへの移行を加速させ、処理の自動化を高めることにより、アジア地域の顧客により良いサービスを提供できる。コスト削減、導入の簡素化、市場参入の迅速化を可能にする、新たなオールインワン・ソリューションの提供など、さらなる革新を続けていく」としている。

SBI証券は国内株式のほか、投資信託、外国株式、先物やオプション、FX(外国為替証拠金取引)、国内債券、外国債券など、投資家の多様なニーズに対応した商品を扱う。マルチアセット能力を備えるグローバル・パートナーであるブロードリッジとの協働は、同社の成長戦略において重要な位置を占めている。

【関連サイト】SBI証券
【関連記事】SBI証券の評判・口コミ

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 投資信託チーム

HEDGE GUIDE 編集部 投資信託チーム

HEDGE GUIDE 投資信託は、投資信託に関する国内外の最新ニュース、必要な基礎知識、投資信託選びのポイント、つみたてNISAやiDeCoなどの制度活用法、証券会社の選び方、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」