楽天証券、預り資産残高10兆円突破。「資産作りの伴走者」としてサービス拡充を継続

楽天証券株式会社は1月8日、預り資産残高が10兆円を突破したと発表した。外貨建て預り資産、楽天銀行との口座連携サービスで自動入出金(スイープ)を設定している顧客の楽天銀行普通預金残高を含む金額。2020年12月に総合口座数が500万口座を超え、資産残高は過去最短水準となる約2カ月で1兆円増、前年同月比約45%増と躍進を見せた。

同社は1999年に国内初のオンライン専業の証券会社としてサービスを開始、株式やFXなどトレーディングを中心にサービスを拡充、ECサービスの「楽天ポイント」「楽天カード」を利用した投資サービスに絡め、さらに楽天銀行との口座連携サービス「マネーブリッジ」の提供など初心者にも資産形成を始めやすい環境作りを強化してきた。

目下は「iDeCo(個人型確定拠出年金)」サービスに注力しており、1月31日から加入申込や移換の手続きをオンラインで完結させる。郵送にかかる時間や手間が大幅に削減されるほか、 記載漏れなどによる書類不備も軽減するとリリースしたばかりだ。

また、投資情報を発信するオウンドメディア「トウシル」が20年12月の月間PV数が過去最多の2100万を突破、公式YouTubeチャンネル登録者数も4万1000人超となり、コンテンツでもユーザーの関心を確実に引きつけている。

同月にはCFD取引サービスの提供も開始、手数料無料で世界の株価指数への投資がレバレッジ10倍で可能になる設定で、1月11日からベータ版での取引が先行して可能になる。

同社は「『資産作りの伴走者』として魅力的なサービスや商品をより一層安心・安全な環境で提供し、さらなる顧客基盤の拡大を図るとともに、お客様の投資活動・資産形成に貢献していく」としている。

【関連サイト】楽天証券
【関連記事】楽天証券の投資信託の評判・口コミ

※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 投資信託チーム

HEDGE GUIDE 編集部 投資信託チーム

HEDGE GUIDE 投資信託は、投資信託に関する国内外の最新ニュース、必要な基礎知識、投資信託選びのポイント、つみたてNISAやiDeCoなどの制度活用法、証券会社の選び方、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」