マネックスポイントで投資信託の買付が可能に。マネックス証券が新サービス10/20開始

マネックス証券株式会社は10月20日午後6時から、「マネックスポイント」を投資信託の買付代金として利用できる「マネックスポイント投資サービス」を開始する。マネックスポイントは、 他のポイントサービスなどへの交換に加え、 株式手数料への充当や暗号資産への交換も可能なほか、投資にも活用できるポイントサービス。

投資信託を保有すると、残高に対して最大0.08%(年率)のマネックスポイントが毎月貯まる。また、マネックスカードのクレカ積立でもポイントが貯まる。投資信託の積立(「投信つみたて」)をマネックスカードで決済すると、約定金額の最大1.1%に相当するマネックスポイントを還元する。カードショッピングでも1%が貯まるなど、カードと紐づけた様々な特典がある。

新たに提供を開始するマネックスポイント投資サービスは、同ポイントを投資信託買付にも利用可能とすることで利便性をさらに向上させる狙い。投資信託の買付の場合、マネックスポイント1ポイントを投資信託の買付代金 1円としてカウントし、1ポイントから利用可能だ。

サービス開始を記念してキャンペーンを実施する。10月20日~11月30日のキャンペーン期間中にエントリーし、①初めて「ワン株」を取引②初めて「貸株サービス」を契約③初めて米国株式を取引④初めて「マネックス・アクティビスト・ファンド」または「マネックス資産設計ファンド<育成型>」を積立⑤初めて対象の投資信託を積立――の5つの条件のうち、1つ達成するごとにポイント200ポイントをプレゼントする。すべての条件を達成すると1000ポイントが付与される。

【ウェブサイト】マネックス証券
【関連記事】マネックス証券の評判・口コミ

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 投資信託チーム

HEDGE GUIDE 編集部 投資信託チーム

HEDGE GUIDE 投資信託は、投資信託に関する国内外の最新ニュース、必要な基礎知識、投資信託選びのポイント、つみたてNISAやiDeCoなどの制度活用法、証券会社の選び方、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」